【 七菜 】 「あぁんっ、もうっ、お兄ちゃんってば、まってよぉ!」
【 四郎 】 「うん?」
   七菜がテッテッテッテっと俺の後を小走りで追いかけてくる。
 一緒に歩いているはずだったんだが、少しでも会話しない状況になると、七菜はすぐに遅れてしまう。
【 七菜 】 「もう、お兄ちゃん、歩くの早すぎだよぉ」
   小走りで追いかけ、俺の横に並んだ七菜が口を尖らせる。
【 四郎 】 「七菜が遅すぎなんだよ。俺は至って普通だぞ?」
【 七菜 】 「全然、普通じゃないよ。そもそも、お兄ちゃんと七菜じゃ、歩幅が違うんだから……」
【 七菜 】 「少しは七菜のこと気遣って歩いてくれてもいいのに……昔からお兄ちゃん、七菜に意地悪ばかり
 するんだから……」
【 四郎 】 「待て待て。俺は意地悪なんてしてないぞ」
【 七菜 】 「してるよぉ、帰りだけじゃなくて、朝もいっつも七菜ばかり置いてきぼりされて……追い着くの大変なんだから」
【 七菜 】 「たまには七菜に合わせて歩いてくれてもいいのに……」
   むすぅ~っとした表情で、七菜が恨めしそうに俺を見る。
【 四郎 】 「ふぅ、わかったよ。今度からは出来る限り七菜に合わせるように気を付けるから、そんな顔で見るなって」
【 七菜 】 「そう言いながら、お兄ちゃん、さっそく歩くのが速くなってるよ」
【 四郎 】 「えっ、そうか? う~ん、意外と難しいなぁ……」
【 七菜 】 「へへ、それじゃ、こうすればいいんだよ!」
   笑顔でそう言うと、七菜はぴょんっと跳ねるようにして、俺の腕に自らの腕を絡めてきた。
【 四郎 】 「おわっ、ちょっ……」
  うおっ!? またしても七菜のおっぱいが腕にモロに!?
  七菜が腕を絡めて身を寄せてきた結果、豊満すぎる七菜の乳房がムニムニと押し付けられてきた。
  毎度のことながらこの柔らかくて温かい感触は……。
【 四郎 】 「っ……っ……」
   ヤバイこと、この上ない。
   フニフニとしたおっぱい独特の気持ちいい感触に、さっそくドキドキと心臓が高鳴ってくる。
【 四郎 】 「お、おい、七菜。ちょっとくっつきすぎだって……」
【 七菜 】 「そんなことないよ。お兄ちゃんは七菜のお兄ちゃんなんだから、このくらい当たり前だと思うけどなぁ」
【 四郎 】 「いや、当たり前ということはないと思うけどなぁ」
   少なくとも身近な所で葉月に弟がいて仲も悪くないと思うけど、俺と七菜のようにべたべたじゃない気がする。
【 四郎 】 「とにかくだな。夏なのにそんなにくっついたら余計に暑いだろ? だからさ、とにかく腕を絡めるのは
 止めようぜ、な?」
  そう言い訳しつつ、七菜の腕組みを強引に崩そうとする。
【 七菜 】 「あんっ、だめだってばぁ」
  が、七菜はギュッとしがみつてきていて、どうしても離れてくれない。
  それどころか腕を離そうと動かせば動かすほど、七菜の巨乳に腕が当たって、何とも心地よい感触が伝わってくる
始末……。
  うぁ、こ、この感触っ、ヤバイすぎっ!
  七菜は妹なんだぞ? いや、正確に言うと違うんだけど……。
  と、とにかくだ! 七菜は俺にとって、大事な存在なんだ! この程度ことで心を乱してどうする!
  し、しかし、この感触……あぁ、ダメだ。気持ちよすぎる……。
  俺はお兄ちゃんなんだ! と、意気込んでみるものの、七菜の魔乳の前には、さほど効果があるわけでもなく、
おっぱいの感触に頭の中がトロトロになってしまう。
【 七菜 】 「へへ、こうやって、二人だけで帰るのって久しぶりだよね~」
  そんな俺の葛藤もつゆ知らず、七菜はニコニコと嬉しそうにスリスリと身体を寄せてくる。
【 四郎 】 「うっ、ちょっ……な、七菜……マジで離れないか?」
【 七菜 】 「むぅ、そんなに邪険にしなくてもいいのに……」
【 七菜 】 「もしかして、お兄ちゃん、七菜のこと嫌いだったりするの?」
【 四郎 】 「そうじゃないって。嫌ってなんて、そんなことあるわけないだろ? ただ、その……」
【 七菜 】 「ああ、もうっ、モロに当たっちゃってるんだよ!」
   できればダイレクトに指摘するようなことはしたくなかったが、このままでは己の理性が持たないと判断し、
 七菜に直接、胸が当たってることを言葉で指摘した。
【 七菜 】 「ふぇ? モロに当たってるって何が?」
   七菜自身、おっぱいのことは全く自覚がないのだろう。俺の指摘に七菜は、きょとんと首を傾げた。
【 四郎 】 「いや、だから、その……む、胸だよ、胸! 七菜のおっぱいが思いきり右腕に当たってるんだよ!」
   半ばやけくそ気味に、よりハッキリと言葉にして七菜に伝える
【 七菜 】 「えっ、おっぱいって……あっ……」
   俺の指摘にようやく状況を理解してくれたのか、七菜の頬がほんのりと赤く染まっていく。
   でも、七菜は俺の腕から離れることはしなかった。
【 七菜 】 「そっか、それでさっきからそわそわしてたんだ。もう、お兄ちゃんってばエッチなんだから……」