【 四郎 】 「あぁ、佐和子さんっ、くっ、どう? 気持ちいい? 俺のチンポでおま●こっ、感じてくれてる?」
【 佐和子 】 「あふぁ、あぁん、えぇ、いい、すごくっ、あんっ、いいっ、感じてるっ、四郎君のおち●ちんで……
 あひぁ、あっ、おまんこと蕩けてるわ!」
【 四郎 】 「よかった。いいよ、頑張って腰を振って、もっともっと気持ちよくしてあげるよ、佐和子さん!」
   佐和子さんの言葉に俺はズンッと腰を思いきり突き上げ、膣奥に力強くペニスの先端を押し込んだ。
【 佐和子 】 「んひぅっ!?」
   膣奥にグポッっと亀頭を押し込むと、佐和子さんが湯船から両足を突き出し、ビクビクっと下半身を震わせた。
【 四郎 】 「ううっ、ここ、すごいな。クニクニって他と全然違う感触がして……くっ、そうか、これって……
 佐和子さんの子宮口……」
   子宮口独特の感触をもっと味わおうと、深々とペニスを埋めた状態で腰を左右に大きくグラインドさせていく。
【 佐和子 】 「あっ!? やっ、ダ、ダメっ、ひぅん、し、四郎っ、くっ……あぁん! そこっ、子宮をそんな……
 グリグリしたら、らめぇ!」
【 四郎 】 「あ、ごめん! もしかして、痛い?」
【 佐和子 】 「はぁはぁ、違うわ。痛くはないけれど……ソコを堅いおち●ちんでグニグニってされると……
 すごく変な感じになっちゃうから、ダメよ……」
【 四郎 】 「変な感じって……?」
【 佐和子 】 「それは……子宮口をおち●ちんでグリグリされると、お腹の奧がズキズキってすごく疼く感じがして……」
【 佐和子 】 「理屈とか抜きで、四郎君の赤ちゃんが欲しいって思っちゃうのよ……」
【 四郎 】 「俺の赤ちゃんって……はぁ、ダメだって、佐和子さん。そんなこと聞いたら、やめるにやめられない
 じゃないか。ほら、もっとグリグリしてあげるから感じて!」
   おっぱいを思いきり握り締めて佐和子さんの身体を固定すると、俺は右に左に大胆に腰をくねらせ、
 亀頭で子宮口をグリグリしまくった。
【 佐和子 】 「あぁんっ、やぁ、ダメよ、四郎君! んふぁ、あっ、あひっ、んふぅ、あぁっ、ほ、欲しい! 
 赤ちゃんっ、すごく欲しくなってる!」
【 四郎 】 「ハァハァ、んっ、誰の赤ちゃんが欲しいのか教えて、佐和子さん!」
【 佐和子 】 「あぁ、四郎君……あなたの赤ちゃんが欲しい。甥っ子の赤ちゃん、イケナイ赤ちゃんが欲しくてたまらないわ」
【 四郎 】 「佐和子さんっ、くっ、俺も欲しい! 理屈抜きで……うぅ、佐和子さんを孕ませたいって思ってる!!」
   右回りにグラインドを集中させ、執拗に子宮口に亀頭を擦り付けていく。
【 佐和子 】 「ひぐぅ、んっ、あぁ、やぁ、入るっ、入っちゃ……あひぁ、あぁ、子宮の中におち●ちんが! 
 あふぁ、あっ、あっ、あぁっ!」
【 四郎 】 「うっ、あぁ、なんだ、これ……すごいっ、奧のコリコリした感じがどんどん解れてきてるっ……チンポが入る。 佐和子さんの子宮の中に俺のチ●ポが!」
   執拗な子宮口責めに、コリコリっと軟骨みたいな感触だった子宮口が、徐々にグニグニと柔らかな感じになり、
 亀頭が膣奥の更に奧へと入り始めた。
【 佐和子 】 「あぁっ、し、四郎くんっ……やぁ、ダ、ダメよ、そんなっ、あっ、子宮の中になんて……絶対に無理……
 んひぅ、あっ、あぁん!」
【 四郎 】 「わかってます! それでもっ、出来るだけやってみて……ダメならダメで……ううっ、どんどん開いて
 きてるよ。くっ、入るっ、ホントにチ●ポが中にっ!!」
   グニグニと執拗に亀頭を押し込んでいると、解れきった子宮口が、くぱぁっと口を開き、
 亀頭を飲み込みはじめた。
【 佐和子 】 「あへぁ!? あっ、あぁ……やぁ、ホントに……入って……んひぅ、ら、らめぇ、そんな子宮の中に
 入れるなんて……あっ、あっ、あぁっ!?」
【 四郎 】 「うぐっ!?」
   腰をグラインドながら腰に体重を思いきりかけると、グポっという感触と共に亀頭が子宮口内へと
 飲み込まれていった。
【 佐和子 】 「あっ、いや、嘘っ……んっ、し、四郎君……?」
【 四郎 】 「ハァハァ、は、入った? んっ、あっ、これが佐和子さんの子宮の中……」
   昨日、初めて女性器……膣の感触を知った翌日に子宮の感触を味わえるなんて……。
   しかも、相手はあの佐和子さんだ。俺の叔母だけど、とびきり美人で抜群のプロポーションの持ち主……。
   すれ違った男のほとんどが振り返るほどのイイ女の処女おまんこだけじゃなくて、子宮もモノに
 出来るなんて……。
【 四郎 】 「あぁ、嬉しい……俺、メチャクチャ嬉しくてたまんないよ」
   嬉しさと同時に激しく興奮し、腰が勝手に上下に動き出す。
【 佐和子 】 「ひぅ!? あぁ、ダメ! ダメ! 動かないで、四郎君! んふっ、んっ、お腹が揺さぶられるような
 感じがして……すごく変な感じになるの!」
【 四郎 】 「す、すみません。んっ、でも、ホントに入ったんだ。おま●この更に奧……佐和子さんの子宮の中に……
 俺のチ●ポが……うくっ、うぅ……」
   佐和子さんと子宮内性交してる……その事実だけでメチャクチャ興奮し、精液に限りなく近い濃度を持った
 先走りが尿道口から大量に漏れていく。
【 佐和子 】 「あぁん、で、出てるっ、四郎君の精子が子宮の中に直接っ、あぁ、いい、いい……
 四郎君に子宮を犯されてるっ!」
【 佐和子 】 「一番大切な場所を犯されてるのに……あぁ、嬉しい。すごく嬉しくて感じちゃって……
 あぁ、こんな気持ちになるの、産まれて初めて……」
【 四郎 】 「んくっ、あぁ、お、俺も初めてですっ! ハァハァ、夢みたいだ。昨日の今日で……
 佐和子さんの子宮に入れることができるなんて……うっ、ううっ!」
   ビクビク! ビクビクっとペニスが脈動を繰り返し、ビュビュッと先走りを迸らせていく。
【 佐和子 】 「あぁんっ! あぁ、出てるっ、わかるっ、んふっ、四郎君の精子っ、入ってきてるのが……わかっちゃうっ、
 受精しようとしてるのがわかって……」
【 佐和子 】 「んふっ、んんぅ、あっ、あぁ、あぁんっ、欲しい。もっともっと欲しいの、四郎君の子種!
 精子が欲しくて子宮が疼いちゃってる!」
【 四郎 】 「うっ!? あぁ、おま●こがっ、くっ、ううっ!」
   膣口がキュッと締まり、膣襞がうねるように収縮を繰り返し、ペニスを搾り始めた。
【 四郎 】 「うぁ、締まりまくって……ハァハァ、あっ、あぁ!」
   佐和子さんの女性器が、俺の精液を子宮に射精させようと必死になってるのが凄くよくわかり、
 激しく興奮する。
   強い興奮に合わせ、射精感の方もグングンと増し始め、ペニスが先ほどの射精と同じように膨らみを増し、
 射精の準備に入っていく。
【 佐和子 】 「あぁ、膨らんできてる。んふっ、四郎君っ、あっ、出すのね? 射精っ……んふっ、したくなってるのね?」
【 四郎 】 「うぅ、し、したい。俺っ、射精したいです! 佐和子さんの子宮に射精して……くっ、俺の種で
 種付けしてみたいです!」
【 佐和子 】 「あぁ、いいわ、して……んっ、あたしの子宮に射精して……四郎君の子種で妊娠させて!」
【 四郎 】 「させます! 俺の精子を子宮にっ、出して……この射精で……うぁ、くっ、ううっ、うぅ、ハァハァっ!」
   ズリュズリュっと先走りの汁でヌルヌルになった子宮壁を亀頭で小刻みに擦りあげながら、
 俺は射精感が限界に達するのを待った。