【 四郎 】 「姉さん、おっぱい、見せて貰うから」
   愛液で濡れまくりヌルヌルになった秘唇をソフトに指先でスリスリと擦りながら、そう囁くと、姉さんが
 身に着けていたエプロンを中央に寄せ、左右の乳房を露出させた。
【 舞 】 「やんっ!? やだ、四郎ちゃん……んっ、は、恥ずかしい……」
【 四郎 】 「もう何度も見てるんだから、恥ずかしがることないと思うけど?
 それより姉さんの生のおっぱい、すごくイイ感じだ」
   露わになった美乳に感嘆の息を漏らしながら、右手でこね回すようにもんで、その柔らかな感触を満喫していく。
【 舞 】 「んっ、んふぁ、あっ、あっ、んふっ、あっ、あんっ、あんっ、んふぁ、んんっ……」
   乳房をやや強めに右手でこね回してやると、姉さんはすぐに甘い声で喘ぎだし、ムッチリしたお尻を
 ヒクヒクと震わせた。
【 四郎 】 「姉さん、すごく気持ちよさそうな声を出してる。それに、ほら、ここ……乳首が勃起してコリコリって
 なってるよ」
   右手の人差し指の先を使って、突起し堅くなった乳首をクニクニ&スリスリと擦りあげ、愛撫していく。
【 舞 】 「あふっ、んっ、あぁ、あんっ、し、四郎ちゃんっ、んっ、だ、だめ、ち、乳首っ、そんなふうにされたら……
 んふっ、んっ、あひぅ、あっ、あぁん……」
   頬を上気させながら、姉さんがエプロンをギュッと握り締め、俺の愛撫に必死に耐える。
【 四郎 】 「そんなに我慢しないでいいよ。もっと素直になって、俺の愛撫……姉さんを好きだって気持ちを受け止めて」
   突起した乳首を摘まみ上げながら、左手でヌルヌルになった秘唇の中に指を軽く埋め、膣口をクニクニと
 刺激してやる。
【 舞 】 「あふぁ、あっ、あぁんっ、だ、だめ……んっ、四郎ちゃんの気持ちを全部素直に受け止めたら、わたし、
 きっとすごく、はしたない声出ちゃうもの……」
【 四郎 】 「いいよ。っていうか、姉さんのエロい顔、声……俺、すごく好きだ。だから、ほら、もっと素直になって、
 エッチな声を聞かせてよ」
   うなじから耳の裏側にキスをしながら、俺は左右の乳首を両手で摘まむと、むに~っと引っ張り上げていった。
【 舞 】 「あふぁ!? あっ、やっ、し、四郎ちゃん!? あっ、だ、だめっ、あんっ、そんな乳首を思いきり
 引っ張ったら……んひぁ、あっ、あっ、あぁ!!」
【 四郎 】 「はぁ、姉さんの乳首、右も左もコリコリして、すごくいい感触だ。それに、この柔らかくて、
 弾力のある乳房……」
【 四郎 】 「はぁ、ホント、姉さんのおっぱいは最高だ……」
   勃起状態の乳首を両手で摘まみ上げる、引っ張りあげるようにして、コリコリと弄り回していく。
   乳首を思いきり前方に引っ張られることによって、姉さんの端正な美乳が円錐状に伸びていく。
【 舞 】 「ひぅんっ、んふっ、あっ、あぁん、やぁ、だ、だめ、し、四郎ちゃんっ、おっぱいが伸びちゃって……
 あふぁ、んっ、んひぅ、あっ、あっ、あぁん!」
   だめだめと首を左右に振る姉さんだったが、俺はお構いなしに乳首をグイグイと引っ張り上げ、美乳を
 歪な形にしていく。
【 舞 】 「あふぁ、あっ、あふっ、んっ、あっ、だめよ、四郎ちゃん! 乳首がビリビリし始めちゃって……」
【 舞 】 「んふぁ、あぁ、とっても敏感になってる乳首っ、あんっ、そんなに強く乳首を引っ張られたら、わ、わたしっ、
 もう だめっ、んふぁ、あっ、あっ、あぁん」
   とろけきった表情を浮かべる姉さんの身体から、いつものエロい匂い……フェロモンが拡散し、姉さんが
 絶頂間近になっていることを、男の本能に教えてくれる。
【 四郎 】 「いいよ、姉さん。イって、気持ちよくなっていいいから。ほら、乳首、もっともっと弄ってあげるから」
   オーガズムが迫っていると思われる姉さんの乳首をグイグイと引っ張りながら、ムッチムチの豊尻に
 勃起ペニスを押し付けまくる。
【 舞 】 「あぁんっ! 四郎ちゃんのおち●ちんがお尻にっ、んふっ、あぁ、ち、乳首もっ、そんなに引っ張ったり
 したら、だ、だめだめ、四郎ちゃん!」
【 舞 】 「んふっ、四郎ちゃっ、あっ、あふぁ、やぁ、だめっ、わたしっ、イっちゃう、四郎ちゃんっ、四郎っ、
 んふっ、んっ、んっ、んふううううううっ!!」
   引っ張り上げた乳首をグニッとすり潰すように刺激すると、姉さんは一気に絶頂……オーガズムに達していった。
【 舞 】 「んふっ、んっ、んふぁ、はぁ、はぁ、はぁ、んっ、んふっ、んんぅ……」
   絶頂の余韻にプルプルと断続的に身体を震わせる姉さん。
   秘唇からは大量の愛液が溢れ出しているのか、太股をつつぅ~っと足首に向かって
 愛液が滴り落ちていくのが見えた。
【 四郎 】 「すごいよ、姉さんのおま●こから愛液が溢れまくって太股から足首へ伝い落ちてる。まるでおしっこを
 漏らしたみたいだ」
   耳元で囁きつつ、耳たぶから耳の穴の中を舐め、乳首を引っ張り上げたまま、円を描くように
 おっぱいをこね回す。
【 舞 】 「あぁんっ、あふっ、んっ、はぁ、はぁ、はぁ、あぁ、し、四郎ちゃ……んふっ、んっ、んんぅ、あひぅ、
 あっ、あんっ、あぁん……」
   絶頂の余韻が醒める前に、乳首を強く引っ張り上げられた姉さんが、甘い声をあげながらキュッと
 股を締め付け、さらにその豊尻を俺の股間に押し付けてきた。
【 四郎 】 「うっ!?」
   ムッチムチのお尻を股間に押し付けられ、ペニスがビクビクと震えて悦んでしまう。
【 舞 】 「あぁんっ、四郎ちゃんのおち●ちんが暴れてる。んっ、すごく堅くて、熱くなって……あぁ、四郎ちゃん、
 四郎ちゃん……」
   熱い息を吐きながら、姉さんが股間に押し付けたお尻を左右に振って、ペニスに尻肉を擦り付けてくる。
【 四郎 】 「あっ、あぁ、ね、姉さんっ、うっ、うくっ!?」
   お尻を何度か擦り付けられていると、ふと最大勃起し反り返ったペニスが姉さんのお尻の溝に
 ピッタシとフィットした。
【 舞 】 「あぁんっ、し、四郎ちゃんのおち●ちんが……んっ、お、お尻に……」
【 四郎 】 「あぁ、姉さんのムッチリしたお尻、エロすぎだよ。俺、興奮しまくりで、もう、たまんない気分になってる……」
   お尻の溝にペニスをフィットさせた状態で、腰を上下に振り、ペニスをムチムチした姉さんの尻肉に
 擦り付け始める。
【 舞 】 「あふぁ、あっ、あっ、あんっ、し、四郎ちゃんっ、やん、やんっ、おっきくなったおち●ちん、あんっ、
 そんなお尻に擦り付けたら……んふっ、んっ、んんっ!」
【 四郎 】 「ハァハァ、んっ、んっ、あぁ、気持ちいい……姉さんのムチムチしたお尻の感触、ヤバイくらい気持ちいいよ」
   腰を上下に何度も揺すり、姉さんの大きなお尻にペニスを擦り付けまくり、至高とも言える感触を堪能する。
   それと同時に大量に漏れている先走りの汁を姉さんのお尻にたっぷりと塗し、匂い付けをしていった。
【 舞 】 「んふぁ、あっ、あぁんっ、し、四郎ちゃんのおち●ちんのお汁が……んっ、お尻に……」
【 舞 】 「あぁ、四郎ちゃんのおち●ちんがビクビク脈打って、お汁がたくさん出てる。あふっ、んんぅ、あんっ、
 やぁ、だめなのに……んっ、わたし、感じちゃってる!」
   お尻にひたすら擦り付けられるペニスの感触、そして先走りの汁の感触に、姉さんが蕩けきった
 表情を浮かべ、喘ぎまくる。
【 四郎 】 「はぁ、姉さん、姉さん、姉さん!!」
   姉さんの甘い喘ぎ声に脳髄がトロトロ状態になった俺は、右手絵右乳房を握り締めると、再び左手を
 股間へと忍ばせ、中指をにゅぷぷっと膣内に埋めていった。
【 舞 】 「あふぁ!? あっ、あぁ、ゆ、指っ……んっ、四郎ちゃんの指が中ぁ、おま●こに入ってきてる。
 んふっ、んっ、んふぁ、あっ、あぁん!」
【 四郎 】 「はぁ、姉さんのおま●この中、もうトロトロのグショグショになって、すごくエロエロな状態になってるよ」
   突起した乳首をスリスリと指先で擦りあげながら、ジュプジュプと膣内に中指を出し入れして、
 膣襞を激しく擦りあげていく。
【 舞 】 「ひぅん、あっ、あぁん、あっ、あっ、は、激しい! 四郎ちゃんの指がっ、おま●この中を出たり
 入ったりしてっ、中っ、擦ってくれてる!」
【 四郎 】 「あぁ、凄い締め付け……んっ、これがチ●ポだったらってそう考えるだけで、すごく興奮してくるよ、姉さん!」
   興奮に任せ、グチュグチュグチュ! っと卑猥な音を響かせながら、激しく指マンを繰り返していく。
【 舞 】 「んふっ、んっ、んふぁ、あひっ、あひっ、あぁ、やぁ、いやらしい声っ、出ちゃってるっ、んふっ、
 う゛ぁっ、あひぁ、あっ、ああ!」
【 舞 】 「んひぅ、んっ、んっ、あへぁ、あっ、あっ、あぁん、あぁん!」
   動物的といったらいいのだろうか? 姉さんらしくない、淫らな喘ぎ声をあげながら、膣内を収縮させ、
 指を締め付けてくる。
【 四郎 】 「はぁ、おま●こが収縮を繰り返して、俺の指を締め付けて射精させようとしてるよ、姉さん!」
   射精を促す膣の収縮運動を中指で堪能しつつ、本物の勃起ペニスを姉さんのお尻に擦り付けていく。
【 舞 】 「あへぁ、あっ、あぁ、凄いの! 四郎ちゃんの指おま●こっ、あひぁ、あっ、いい! いい! 
 すごく感じちゃって、あへぁ、あっ、あっ、ああ!」
   激しい指マンに秘唇からビシャビシャと大量の愛液が飛び散り、姉さんの股間と左右の太股を
 ぐっしょりと濡れしていく。
   愛液の大量溢れ出しに合わせ、牝が発情し、牡を引き寄せ興奮させる強烈な淫臭が股間から
 むわっという勢いで周囲に漂い、俺の牡の本能を刺激してきた。
【 四郎 】 「うぅ、エロい匂いがっ、姉さんが発情した牝の匂いが漂って……ハァハァ、もう我慢の限界だ!」
【 四郎 】 「俺、姉さんとセックス、いや交尾したい! そしてバッチリ中出しを決めて、
 姉さんの卵子を受精させたくてさせたくてたまんない気分になってる!」
   ムチムチ尻にペニスを勢いよく擦りつけながら、大胆にセックスアピールをする。
【 舞 】 「あふぁ、あぁ、し、四郎ちゃん……んっ、わたしも、んふっ、したい。こんなこと言うのはしたないって
 わかってるけど……んっ、もう我慢出来ないっ」
【 舞 】 「したい、したい、したい! 四郎ちゃんと交尾したくてたまらないの!」
   俺のセックスアピール……交尾のおねだりに、姉さんは蕩けきった表情を浮かべながら、自らお尻を
 俺の股間の擦り付けてきてくれる。
【 四郎 】 「あぁ、姉さん……いいよ、しよう! このまま立ったまま交尾しよう!
 姉さんのおま●こにチ●ポ入れて、激しくまぐあうんだ!」
   興奮しながらそう姉さんに伝えながら、勃起ペニスを夢中でお尻に擦り付けていく。
【 舞 】 「うん、うん、いいよ。わたしも四郎ちゃんと交尾したいもの。おち●ちん、おま●こに入れて、
 いつもみたいに激しくわたしとまぐわって」
【 四郎 】 「ああ、するよ! すぐにチ●ポをおま●こに入れて激しくまぐわうから!」
【 四郎 】 「その代わり最期は中出しでいい? 姉さん、俺の精子で受精しちゃうかもしれないけど、それでもいいかな?」
【 舞 】 「んっ、いいよ、中出しして……四郎ちゃんに受精させられるの、わたし、素直に嬉しいって思えるから……
 いっぱい、おま●こ中出しして」
【 四郎 】 「くっ、姉さんっ!」
   膣内射精をOKしてくれたのと同時に、俺は左手で姉さんの左足を抱え上げると、勃起したペニスの先端……
 亀頭を秘唇の中に埋めていった。