【 四郎 】 「ほら、来て、七菜。ゆっくりと俺を跨ぐように腰を下ろすんだ」
【 七菜 】 「うん、わかった。お兄ちゃん、七菜をしっかりと受け止めてね」
   もちろん、とばかりに力強く頷くと、七菜はゆっくりと湯船の中に腰を落としてきた。
【 四郎 】 「いいぞ、その調子で腰を下ろして。俺の足にお尻が触れたら両手をお風呂の床へ着けるんだ。
 あとは俺が七菜のおま●ことチ●ポを繋げてやるから」
【 七菜 】 「んっ、お兄ちゃん。繋げて……七菜のおま●この中におち●ちん、入れて……」
   俺に言われた通りに腰を落とすと、七菜は後ろ手に浴槽に手を置き、ムッチリした太股で俺の腰を
 挟み込んできた。
【 四郎 】 「いいよ、七菜。よしっ、腰を抱き寄せてっと……」
   あぐらをかいている俺の上にプリプリしたお尻が触れたのを合図に、俺は七菜の腰を両手で掴み、
 秘唇の中へ怒張したペニスを挿入していった。
【 七菜 】 「ひゃうんっ、あぁっ、お兄ちゃんのおち●ちんが七菜のおま●こにズプズプって入ってきてる」
【 七菜 】 「はぁはぁ、んっ、いいよ、お兄ちゃん。いつもみたいに奥まで一気におち●ちん入れて」
【 四郎 】 「ああ、言われなくても、七菜のおま●この奥まで入れるに決まってる!」
   抱きかかえた七菜の腰を抱き寄せ、ずいっと腰を突き上げ、ペニスを一気に根元まで挿入し、
 亀頭と子宮口を密着させた。
【 七菜 】 「あふぁ、あぁ、き、来たよ、お兄ちゃんのおっきなおち●ちんが七菜のおま●この一番奥に触れて、
 クニクニってしてる」
【 四郎 】 「ああ、届いてる。チ●ポが根元までズッポリと埋まって、七菜の子宮口に亀頭が密着してるよ」
   子宮口に亀頭が密着したのと同時に、膣口周辺がキュッとキツク締まり、ペニスが抜け落ちないように
 すると、次いで膣襞が活発に収縮を開始し始めた。
【 四郎 】 「うくっ、おま●この入り口がキツク締まって……あぁ、気持ちいいよ、七菜のおま●こ。
 もう何度も入れてるのに……んっ、チ●ポが蕩けそうだ……」
   根元までしっかりとペニスを埋めた状態で、俺は右手で七菜の左乳房を下側から持ち上げるように
 ムニッと握り締めていった。
【 七菜 】 「んふぁ、んっ……あぁ、お兄ちゃん……あふぁっ、んふっ、んっ、んんっ、あっ、あんっ、
 おっぱいっ、んっ、触って貰えるの嬉しいし、あと気持ちいいよぉ」
【 四郎 】 「いいぞ、七菜。七菜のおっぱいならいくらでも揉んでやるからどんどん気持ちよくなっていいんだ」
【 七菜 】 「うん、いっぱい揉んで。七菜のおっぱいはお兄ちゃんのモノだから、好きなだけ、おっぱいモミモミしていいよ」
【 四郎 】 「わかった。んじゃ、七菜の言葉に甘えさせて貰おうかな」
   左手でムッチムチのお尻をマッサージするように揉みしだくと同時に、豊満なおっぱいを搾るように
 強めに揉んでいく。
【 七菜 】 「あぁんっ、お兄ちゃんが七菜のおっぱい搾ってくれてる。あふぁ、んっ、あんっ、あぁ、
 お、お兄ちゃんっ、あぁ、いいよぉ、おっぱい、すごく気持ちいいよぉ」
   七菜の甘い喘ぎ声をBGMにして、おっぱいを何度も搾り上げ、そして円を描くようにこね回したりして、
 愛撫しまくっていく。
【 七菜 】 「んふっ、んっ、あっ、あぁんっっ、あぁ、あふぃぁ、んふぁ、あっ、あっ、あぁん、あんっ、あんっ、あん!」
   蕩けきった女の貌で、あんあんと喘ぎまくる七菜に合わせ、膣内の動きが更に活発化。 
   ムチュッと子宮口が尿道口に吸着すると共に、ペニスの付け根から亀頭にかけ、搾り上げるように
 強く収縮を繰り返してきた。
【 四郎 】 「うおっ、うっ、七菜っ、おま●こ締め付けすぎだって!」
   激しい七菜のおま●この収縮運動に、勝手に腰がブルブルと震えてしまい、尿道口から先走りの汁が
 ピュッピュッと漏れてしまう。
【 七菜 】 「あぁん、おち●ちんが七菜のおま●この中でビクンビクンて元気よく跳ねてる。
 へへ、おち●ちんのお汁が出ちゃうほど、気持ちよくなってくれてるんだね」
【 四郎 】 「うくっ、うぅ、あぁ、いいよ。すごくいい。七菜のおま●こ、締まりまくって……チ●ポが蕩けまくって!
 くっっ、うぅ!!」
   ヤバイ! このままじゃ、あっけなく七菜に持っていかれてしまう!
   そう思った俺は先走りの汁をドクドクと漏らしつつ、七菜のおっぱいにしゃぶりついた。
【 七菜 】 「きゅうんっ!? あんっ、お、お兄ちゃん、んふっ、んっ、あっ、あぁんっ、はぁはぁ、おっぱい、
 凄いっ、あふっ、んふぁ、あっ、あっ、あぁん!」
   いきなりおっぱいをしゃぶられ、七菜は身体をビクッとさせたが、すぐに甘い声で喘ぎ、
 膣内をキュンキュンと締め付け始めた。
   そんな七菜のたっぷりとした乳房をムニムニと揉みしだきながら、頬を窄めて強く吸飲していく。
【 七菜 】 「あぁんっ、あぁ、お兄ちゃんが七菜のおっぱい吸ってるよぉ。チュウチュウって、あぁん、あっ、
 やぁ、おっぱいが乳首からどんどん熱くなって……」
【 七菜 】 「んふっ、んっ、おま●こが勝手に……あふぁ、あっ、お兄ちゃんのおち●ちんを締め付けちゃってるよぉ!」
   七菜の言葉通りに膣内がきゅ~、きゅ~っと窄まるように大きく収縮し、かなり強引に射精させ
 精液を子宮の中に吸い上げようとする。
【 四郎 】 「んちゅぷっ、んっ、んんっ!」
   若さに溢れる貪欲な膣の動きに、腰がブルブルと震えると共に、先走るの汁が子宮口に
 ドクドクと大量の注がれていく。
【 七菜 】 「あふんっ、あぁ、おち●ちんがビクビクして、んふっ、お兄ちゃんのお汁が七菜のおま●この一番奥で
 いっぱい出てるのわかるよぉ!」
【 七菜 】 「ひぅん、んふっ、あっ、あぁんっ、あぁ、おっぱいも凄く強く吸われて……んふっ、
 んっ、あぁ、お兄ちゃんっ、七菜っ、飛んじゃう! 飛んじゃう!」
【 七菜 】 「んふぁ、あっ、あんっ、飛んじゃ……んんっ! んふぁああああああ!!」
   おっぱいを勢いよく吸われ、子宮口にねっとりと濃密な先走りを注がれた七菜が、蕩けまくった
 表情を浮かべながら絶頂していった。
【 四郎 】 「んんっ!?」
   当たり前のことだが、七菜の絶頂に同期し、おま●こが激しく収縮を繰り返し、射精させようと
 ペニスに強烈な快感を与えてくる。
【 七菜 】 「あふぁ、はぁはぁ、あっ、あふぁ、んっ、あぁん、お、お兄ちゃん、んふっ、んっ、精液っ、
 欲しい、七菜、お兄ちゃんの赤ちゃんの素が欲しいよぉ……」
   絶頂の波に恍惚とした表情を見せながら、七菜が両足を俺の腰に絡みつけ、これ以上ないほど性器同士を
 強く結ばせる。
【 四郎 】 「んんっ! んちゅぱ、うくっ、うっ、ううっ!」
   乳首から口を離し、おま●この強烈な締め付けに、歯を食いしばってこみ上げる射精感に耐える。
【 四郎 】 「うあっ、な、七菜っ! ううっ!!」
   くそっ、ダメだ! このままじゃ、一気に持ってかれる!
 どうせ、我慢できないのなら、七菜のおっぱいを吸いながら、おま●こ中出ししたい!
   そう思った俺は、上半身を前に倒し、乳房を改めてギュッと握り締め、突起し唾液に濡れた乳首を
 再び口に含んでいった。
【 七菜 】 「あふぁ、あっ、あぁ、お、お兄ちゃんっ、んふっ、んんっ……あひぅん、んっ、お兄ちゃんが
 また七菜のおっぱい吸って……」
【 七菜 】 「あふぁ、あぁ、き、気持ちいい、すっごくすっごいく気持ちいいよぉ」
   トロトロな顔をしながら背筋を仰け反らし、全身をプルプルと小刻みに震わせる七菜。
   そんな七菜の乳首を無我夢中で吸飲し、今にも達してしまいそうな射精感を懸命に堪えた。
【 七菜 】 「んふぁ、あっ、あぁんっ、おっぱい気持ちいい、お兄ちゃんに吸われるの好きっ、七菜っ、大好きっ、
 んふぁ、んっ、んっ、んふぁあああああ!!」
   蕩けきった顔で背筋を仰け反らしたまま、七菜が再び絶頂に達していってしまう。
【 七菜 】 「んふぁ、あっ、あふぁ、んっ、んふぁ、あぁ、お兄ちゃん、好きぃ、好きぃ……」
   先ほどよりは控えだったが、ヒクヒクと身体を痙攣させ、七菜が心地よさそうにオーガズムの余韻に浸かる。
【 四郎 】 「んんっ、んくっ、うぅっ……」
   とはいえ、膣の動きは依然として活発そのもので、大きく窄まるように収縮を繰り返し、
 俺を射精させようと必死にペニスを刺激してきていた。
【 四郎 】 「んちゅぱっ、あぁ、七菜っ……っ……ハァハァ……」
   膣の激しい収縮運動に腰とペニスが連動してビクビクっと震え、限りなく精液に近い先走りの汁が
 七菜の膣奥にピュッピュッと迸っていく。
【 七菜 】 「ひぅんっ、あぁ、お兄ちゃんのおち●ちんのお汁が奧に出てるよ。ピュッピュって……
 はぁはぁ、お兄ちゃん、射精したいなら出してもいいよ?」
【 七菜 】 「七菜はもう十分気持ちよくなったから、今度はお兄ちゃんが気持ちよくなって……七菜のおま●こを使って、
 気持ちよくしてビュッビュってしていいよ?」
【 四郎 】 「うくっ、な、な、七菜……」
   このままジッとしたいた所で、どのみち長くは持たない。それなら七菜の絶頂直後の最高に
 具合のいい状態のおま●こでセックスして中出しでフィニッシュしたい。
   そう判断した俺は、七菜の乳房から手を離し、肉付きのいい腰を両手でガッチリと掴んで固定し、
 腰を激しく弾ませていった。