【 佐和子 】 「あひぁ、あっ、お、おち●ちんっ、んっ、おち●ちんが中でムクムクって中で大きくなって……」
【 佐和子 】 「んふっ、あぁ、お、大きいっ、四郎君のおち●ちん、大きすぎよぉ」
【 四郎 】 「はぁ、自分でも驚いてます。でも、もっと欲しい。佐和子さんのおま●こで気持ちよくなりたい。
  もっともっと強い快感が欲しいんです!」
   張りのある瑞々しい尻肉を両手で揉みしだきながら、腰をズンズンと前に突きだし、子宮口を亀頭で
 何度もノックしていく。
【 佐和子 】 「んふぁ、あっ、そ、そこっ、あっ、あぁ、ダ、ダメよ、四郎君。んっ、そんなに激しくノックしたら
 開いちゃう、中の精液が出ちゃうわ」
【 四郎 】 「ここ、子宮口の奧に俺の精液がたくさん溜まってるんですよね?」
【 佐和子 】 「あふっ、んっ、そ、そうよ。四郎君の精液っ、子種がいっぱい溜まってるの。
 だから、強引に開いたらダメよ。四郎君の子種が漏れちゃうもの」
【 佐和子 】 「んふっ、けど、もっと欲しいって気持ちもあるの。四郎君のおちんちんで気持ちよくなりたいし、
 気持ちよくしてあげたいって……んふっ、そう思ってるのよ」
【 佐和子 】 「あたし、今、すごくいやらしくてエッチな気持ちになってる。
 四郎君に種付けして貰いたくて、発情しちゃってるのよ」
【 四郎 】 「そんなの俺だって同じだよ。もう、何度も射精してるっていうのに、こんなに興奮しまくって……
 チ●ポが全然、萎えてない。こんなことあり得ないって」
   ムニッと尻肉に指を食い込ませると、俺はゆっくりと腰を前後に振り始めた。
   パンパンに勃起したペニスがトロトロに蕩けきった膣壁を、ズリュズリュと擦りあげていく。
【 佐和子 】 「あふぁ、んふっ、んっ、んんぅっ、あんっ、あんっ、あんっ!」
   リズミカルな腰を振ってペニスを膣壁に擦り付けるると、佐和子さんの口からあんあんと甘い声が漏れ始めた。
   プリプリとした膣襞にカリ部分が擦れる時の快感は、極上そのもので、チ●ポがビクビクと震え、
 頭の中が真っ白に染まるほどだ。
【 佐和子 】 「んふっ、あんっ、あぁんっ、あぁ、いい、いいの、四郎君っ、んふっ、あっ、あっ、もっと動いて!
 激しいセックスしてぇ!」
【 四郎 】 「ハァハァ、昨日の今日だけど、大丈夫?」
【 佐和子 】 「んふっ、んっ、大丈夫よ、だからお願い……激しいのしてみて。激しく交わって……動物みたいに交尾して!」
【 四郎 】 「あぁ、佐和子さん! わかりました。じゃ、遠慮なく行きますから!」
   お尻ではなくウェストを両手でがちっと掴むと、佐和子さんの要望に応えるかのように、腰の抽迭を
 速めていく。
   ペニスが抜けてしまうリスクを負いつつも、大胆に腰を前後させてペニス全体をおま●こに擦り付け、
 激しい交尾を繰り返す。
【 佐和子 】 「んふぁ、あぁ、あぁんっ、あぁ、いいっ、激しいのっ、あんっ、いい! いい! 気持ちいいのぉ、四郎君!」
【 四郎 】 「ハァハァ、んくっ、ホント、大丈夫ですか? 昨日の今日で痛かったりしません?」
【 佐和子 】 「だ、大丈夫っ、痛いどころか、すごく気持ちいいわ。あふぁ、あっ、あっ、四郎君のおち●ちんとは、
 すごく相性がいいのかもっ、んふっ、んっ、んんっ!」
【 四郎 】 「それならっ、もっと激しくしますよ!」
   鷲掴みにしている腰をグイッと自分の股間の方に向けて手繰り寄せると、俺は思いきり腰を振り始めた。
 先ほどまでと違って、膣の中央から奧を中心に、テンポよくカリを襞々に擦り付けていく。
【 佐和子 】 「んひぅ、はぁんっ、あんっ、あんっ、はぁ、すごっ、いい、感じちゃっ、あふぁ、あっ、あひっ、
 あひぁ、あっ、あっ、あぁんっ!」
   佐和子さんの嬌声に交じり、瑞々しい尻肉に俺の股間が衝突し、パンパンという乾いた音を部屋中に響かせる。
 一方、性器結合分からは、ペニスの出し入れに合わせ、ジュボジュボと卑猥な音が聞こえてきた。
【 四郎 】 「うくっ、うっ、あぁ、俺もいい! 気持ちよくてっ、ハァハァ、目が眩んできてます!」
   尻と股間がぶつかる音、そしてジュボジュボという卑猥な水音が、佐和子さんと激しくまぐわっている。
 発情した動物のように交尾してるんだ。
   そう実感させてくれて、ますます興奮が高まり、腰の動きがダイナミックになっていく。
【 佐和子 】 「んふぁ、あひっ、あんっ、あんっ、凄いっ、あぁ、昨日まで処女だったのに……
 んふぁ、こんなに感じちゃうなんて……」
【 佐和子 】 「あぁ、いやらしいわ、あたし、すごく淫らでいやらしい女なの!」
【 四郎 】 「いいですよ、俺の前だけならいくらでも淫らで、いやらしくても全然構いません。
 っていうか、淫らになって欲しいです!」
【 佐和子 】 「あぁん、ええ、いいわ。四郎君だけにならあたしの全てっ、ホントのあたしを見せてあげられるから!」
【 佐和子 】 「んひぅ、あふぁ、あっ、その代わり、四郎君もあたしのおま●こだけ使って!
 シタくなったら言ってくれれば、いつでもすぐにさせてあげるからぁ!」
【 四郎 】 「そんなこと言われなくても、佐和子さん以外の相手にチ●ポを使ったりしませんよ!
 でも、シタくなったら、すぐさせてくれるっていうのは嬉しいです!」
【 佐和子 】 「ええ、ええ、いい……させてあげる。おま●こもフェラもパイズリも何でもっ、どんなエッチなことでも
 してあげるわ!」
   右手でシーツを強く握り締めると、佐和子さんは俺の抽迭に合わせるように、腰を前後に振り始めた。
【 四郎 】 「うあっ、くっ……っ……」
   佐和子さんが腰を動かすと、膣襞が今まで以上に活発に蠢き始め、ペニスから伝わる快感が
 一気に強くなってきた。
【 佐和子 】 「んふっ、んんっ、あへぁ、あっ、あぁん、いい、四郎君とのセックスっ、あぁ、いい、いい、
 すごく感じちゃう!」
【 四郎 】 「うおっ、くっ、あぁ、おま●こが絡みついてきてるっ!」
   昨日まで男性経験がなかったなんて嘘のように、膣襞がペニスに巧みに絡みつき、俺の性感を
 弾力に満ちた襞々がニュルニュルと擦りあげてくれる。
   その目が眩むかのような快感に、下腹部が疼き、射精感がこみ上げ始め、尿道口からは
 ドロッとした先走りの汁がビュビュッと迸っていった。
【 佐和子 】 「あふぁ、あぁ、おちんちんが膨らんで……んふっ、あぁん、中ぁ、おま●こを広げて……
 はぁ、あっ、あぁ、いい……気持ちいいのぉ、四郎くぅん!」
【 四郎 】 「うぅ、お、俺も凄くいい! ハァハァ、もうすぐにでも射精しそうなくらいっ、
 くっ、最高に気持ちいいです!」
【 佐和子 】 「んふっ、んっ、あぁ、いいのよ、射精っ、したいのなら……んふっ、あっ、あんっ、好きな時に出して!」
【 四郎 】 「そうしたいけどっ、その前に出来れば佐和子さんをイかせたいです!」
   昨日だったら即射精っていうくらい射精感が強くこみ上げてきていたが、多少はコントロール
 できるようになったらしく、まだ何とか耐えることが出来た。
【 佐和子 】 「んふっ、んっ、あんっ、あたしはいいからっ、んふっ、いいのよ、射精してっ……」
【 佐和子 】 「四郎君に射精されると、あたし、すごく気持ちいいの。だから我慢しないで射精してぇ」
【 四郎 】 「うくっ、そう言われると、意地でも先にイクわけにはっ、んくっ、んっ、んっ、んっ、んんっ!」
   必死に射精の感覚に堪えながら、腰を前後だけでなく、上下左右にも巧みに動かし、グチュグチュと
 膣内を満遍なく、ペニス全体を使って擦りあげていく。
【 佐和子 】 「あひぅんっ、あっ、あぁ、すごっ、あっ、あぁ、擦ってる! 大きなおち●ちんがあたしの中!
 おま●こ全体を擦ってくれて!」
【 佐和子 】 「んふぁ、あっ、あぁっ、ダメ、ダメ! ら、らめぇ、イク! あたしっ、んっ、んっ、イクイク、
 いっくぅううううううっ!!!!」
   激しく、ねちっこいセックスの前に大きな嬌声をあげると、布団の上に突っ伏しながら、佐和子さんが
 絶頂に達していった。