【 舞 】 「あんっ、し、四郎ちゃんのが当たってる。こんな格好なのに大丈夫なの?」
【 四郎 】 「はは、さすがにちょっと無理がある感じだけど、出来ないことはないんじゃないかなぁ、みたいな」
   亀頭を秘唇の中、膣内に潜り込ませようとするが、これまたどうして、相当に難易度が高い。
【 舞 】 「んっ、し、四郎ちゃん、あんまり無理しないで。普通の格好でエッチしても、おち●ちん気持ちよく
 してあげるから……」
【 四郎 】 「無理してないよ。あと少しで……くっ、入りそうだ。はぁ、入りそうっ、うっ、ううっ……」
   しっかりとペニスを握り締め、折り曲げた状態で、腰を巧みに動かし膣口を探っていく。
【 舞 】 「あふっ、あっ、そ、そこ……四郎ちゃん、そこ、おち●ちん入れるところ……」
【 四郎 】 「あぁ、わかってる。うっ、ね、姉さんっ、は、入るっ! あっ、あぁ!」
   くぷっと秘唇が左右に広がると、ぬぷぷっとペニスが姉さんのおま●こに飲み込まれていった。
【 四郎 】 「んくっ、んっ、あぁ、入っていく。姉さんのおま●この中に……俺のチ●ポがっ、うっ、あぁ、いい、
 すごく気持ちいいよ、姉さんっ!」
   ねっとりと絡みつく膣襞を亀頭でかき分けながら、子宮口に亀頭を到達させ、姉さんのムッチリとした尻肉に
 自分のお尻を密着させた。
【 舞 】 「あふっ、んっ……あぁ、し、四郎ちゃんっ、んっ、あぁ、いや、こんな格好で……繋がるなんて……
 は、恥ずかしい……」
【 四郎 】 「ハァハァ、俺と姉さんしかいないんだから、恥ずかしがる必要はないって……それよりもどう?
 どんな感じがする?」
【 舞 】 「えっ…それは、えっと、よくわからないのいつも四郎ちゃんと繋がってる時とは全然違う感覚がする。
 でも、それは決して嫌な感じじゃなくて……」
【 四郎 】 「それって、気持ちよくなってくれてるって、思っていいのかな?」
【 舞 】 「えっ!? そ、それは……」
【 舞 】 「その……四郎ちゃんの逞しいおち●ちんがいつもと違う場所に触れていて、たぶんだけど気持ちいいんだと思う」
【 四郎 】 「そうなんだ。素直に嬉しいよ、姉さん。こんな無茶なお願いを聞いてくれて、チ●ポを生ではめることが
 出来てるなんて、ホント、夢のようだ……」
   感慨深くそう呟くと、俺は腰をゆっくりと前後に揺すり始めた。
【 舞 】 「ひぅん、あふぁ、あっ、し、四郎ちゃっ、あんっ、お、奧に届いてるっ」
【 舞 】 「んふ、んっ、あぁ、いっぱい、四郎ちゃんの……んっ、大きくて逞しいおち●ちんで、おま●こが
 いっぱいになってるの」
【 四郎 】 「うっ、いいよ、姉さんっ、うっ、コリコリの子宮がチ●ポの先に届いて……んっ、おま●この入り口も
 すごい締まりまくって、すごくいい」
   深々とペニスを挿入した状態で、くねくねと腰を左右に振って交尾結合に成功した悦びをダイレクトに
 姉さんに伝える。
【 舞 】 「あぁ、四郎ちゃんの凄いっ、んっ、とっても堅くてなってて、それに熱いの。あふぁ、あっ、やだ、
 こんな恥ずかしい格好でしちゃってるのに……」
【 舞 】 「あへぁ、あふっ、んっ、いいっ、わたし、感じちゃってる。四郎ちゃんのおち●ちん、とっても気持ちいい……」
【 四郎 】 「うっ、おま●こ全体が締まりまくって……ハァハァ、いいよ、姉さん。動いてないのに、おま●この中で
 チ●ポが蕩けそうだ……」
   無理矢理、変な方向にペニスを曲げていることもあり、付け根辺りから常に鈍痛が伝わってきているが、
 それ以上に姉さんも中は具合がよかった。
   膣口がキュッキュッと断続的に締め付けながら、弾力に満ちた襞々が蠢くように陰茎に絡みついてくる。
【 舞 】 「あふっ、んっ、あぁ、おち●ちんがビクビクって……あふっ、んっ、四郎ちゃん……おち●ちんから
 お汁が漏れちゃってるのね?」
【 四郎 】 「ああ、漏れてる。姉さんのおま●こがメチャクチャ気持ちいいから、さっきから濃い汁が漏れまくってる」
【 舞 】 「んんぅ、あぁ、普通と、いつもと全然違う。あんっ、いつもと違う場所をおち●ちんが圧迫して……」
【 舞 】 「あんっ、あんっ、い、いいの、四郎ちゃん。あっ、おち●ちん、気持ちいい!」
【 四郎 】 「ハァハァ、そんなに感じてくれるなんて、んっ、嬉しいよ、姉さん。それじゃ、動いてもっとよくして
 あげるから」
   両手でグッと体重をかけると、俺は腰を前後に揺らすように振って、交尾を開始していった。
【 舞 】 「あひっ、あっ、やぁ、やっ、四郎ちゃん、待って! そんなに……ひぅん、んひっ、いきなり
 動き始めたら……あふっ、あんっ、だ、だめぇ」
【 四郎 】 「んくっ、んっ、でも、動かないと交尾にならないって。あぁ、気持ちいいっ!
 姉さんっ、俺っ、ヤバイくらい気持ちよくなってるよ!」
   両足のつま先を曲げて、しっかりと踏ん張りながら、ゆさゆさと腰を前後させ、ペニスと膣を摩擦させる。
【 舞 】 「あふっ、あっ、あんっ、四郎ちゃっ、あぁんっ、あんっ、あっ、あっ、あっ!」
   極めて特異な体位ということもあり、大きな動きが出来ない。
 その代わり、子宮口を亀頭で圧迫しつつ、比較的早いテンポで小刻みに膣襞をペニスを擦りあげていく。
【 舞 】 「んふっ、んっ、あふぁ、あっ、あんっ、あひぅ、んふっ、んっ、あぁ、変な場所を擦られて……
 あぁ、でもいいっ、四郎ちゃんのおち●ちん、いいの!」
【 四郎 】 「ううっ、また締まりが強くなって、はぁ、俺もいいよ、姉さん……んっ、こんな格好で姉さんと
 セックスしてるってだけでも興奮ものなのにっ」
   あの姉さんが獣……犬の交尾をまねてセックスしてくれている。言葉通りの交尾を受け入れてくれている。
   そう思うだけでビクビクンとペニスが膣内で跳ねるように脈打ち、ドロッとした先走り汁が
 尿道口から大量に漏れ、膣内へと放たれていった……。