【 四郎 】 「うくっ、チ●ポの先に子宮口が吸い付いてきてる! ハァハァ、うくっ、うぁ、うっ、うぅっ!」
   下半身が痺れるような鋭い快感に、膣奥までしっかりと埋まった状態のペニスが、ビクビクと震え、
 愛液に負けないほど粘り気のある先走り汁を大量に漏らしていく。
【 佐和子 】 「あぁん、あぁ、出てるわ、四郎のおち●ちんのお汁がっ、んふっ、あぁ、いい、どんどん出して、
 先走りも精液もみんなおま●こに欲しいの」
【 四郎 】 「ああ、いいよ、佐和子さん! 今日は1日中、セックス出来るから! いくらでも出してあげる!
 そして今日こそ、俺の精子で受精させてやるんだ!」
   そう強く意気込みながら、ズンズンと腰を弾ませ、膨らみきった亀頭で子宮口をコツコツと小突いていく。
   もちろん尿道口からは濃厚な汁が漏れまくっていて、貪欲な佐和子さんの子宮口はチュウチュウと
 濃厚先走り汁を胎内へと吸い上げていった。
【 四郎 】 「あぁ、吸い上げてる。佐和子、受精して! 早く、少しでも早く、俺の子供を身籠もって欲しいんだ!」
【 佐和子 】 「あぁん、それはあたしも同じよ! したい! したい! 四郎君の精子で受精したいの!
 だから、あたしのおま●こで気持ちよくなって!」
【 佐和子 】 「そして四郎君の子種が入ったお汁を全部おま●こに出して。今日はすごく出来やすい日だから、
 お願いよ、四郎くぅん!」
【 四郎 】 「ああ、わかってる! そんなこと、よくわかってるって!!」
   ゴムが装着されていない生のペニスで、膣内にズコズコと挿入を繰り返していく。
 もちろん、佐和子さんもピル等の薬を使ったりしてはいない。
   避妊なしの生挿入。もちろん最後は中出しで終わると決まっている。
 そんなセックスを、俺と佐和子さんは同意の上で行っていた。
【 佐和子 】 「んふっ、あっ、あぁん、あぁ、い、いい! んふぁ、あんっ、四郎君のセックス! 生でのセックス!
 すごくいい!」
【 佐和子 】 「あふっ、んんぅ、あぁ、ダムぇ、ダメダメ! 気持ちよすぎてっ、あひぁ、あっ、イク、イク、
 いぁ、いいっ、あぁ、いっぐうううううう!!!!」
   膣奥で繰り返し行われていた激しい交尾の前に、佐和子さんがあっけなく絶頂に達してしまった。
【 佐和子 】 「あふぁ、んふっ、んひぅ、あふっ、あっ、あぁ、あぁっ……」
【 四郎 】 「はぁ、奧に吸い込まれるように締まってる。んくっ、あぁ、いいよ、佐和子さんの絶頂おま●この感触……
 すごくいい……」
   ペニスを根元まで挿入した状態で、絶頂に伴った激しい膣の収縮活動を満喫していく。
【 佐和子 】 「あひぁ、あふっ、あぁん、ご、ごめんなさい、四郎……くっ……あへぁ、あふっ、久しぶりの生セックス……
 気持ちよすぎて……あひぅ、んふ、んっ、んんっ」
【 四郎 】 「いいって。佐和子さんをイかせた方が受精しやすいんだから。んっ、ほら、お尻をもっとこっちに寄せて……
 子宮口に密着させないとダメだって」
   佐和子さんの尻をしっかり掴んで、自分の股間に思いきり抱き寄せると、ペニスを深々と挿入し、
 ペニス全体で絶頂に伴うエッジの効いたおま●この収縮を楽しませて貰った。
【 佐和子 】 「あふぁ、あんっ、子宮口に亀頭が埋まって……んふっ、あぁ、お汁っ、お汁がたくさん出てる!」
【 四郎 】 「ふぅ、こんな最高レベルのおま●こに挿入してるんです。汁なんて出まくりですよ。んっ、うくっ、
 うっ、ううっ!」
   絶頂に伴う膣の絶妙な締まり具合に俺は呻きながら、ガクガクブルブルと腰を奮わせ、
 先走りの汁をビュッビュッと子宮口内に向けて吐き出していった。
【 佐和子 】 「あひんっ、あふっ、あっ、あぁ、四郎君っ、んっ、いい、いいの、子宮にたっぷり……
 精子、欲しいから。んふぁ、あんっ、あぁん……」
   先走りの汁の放出しながら、ビクビクと震えるペニスの感触に、佐和子さんは蕩けきった表情で腰を振り、
 悦びまくってくれた。
【 四郎 】 「んくっ、締まりが断続的に続いてる。はぁ、佐和子さんの絶頂おま●こ……たまんない、すごく気持ちいいよ」
   ヒクヒクとペニスを脈打たせ、先走りの汁を子宮口に注ぎ込みつつ、俺は目の前でヒクヒクしている
 佐和子さんのアナルを右手の人差し指で弄り始めた。
【 佐和子 】 「ひゃんっ!? あっ、やだ、あんっ、お、お尻はダメよ。んっ、せめて射精を、
 おま●こ種付けしてからにして、お願いだから」
【 四郎 】 「今も種付けしてるようなもんだって。ふぅ、お尻の穴、相変わらずキツクていいよ、佐和子さん……」
   尻穴を解すように右の人差し指で弄くり回し、少しずつ穿るように指を直腸内に挿入していく。
【 佐和子 】 「あふぁ、あっ、あっ、んひぅ、あぁ、ダメっ、そんな指を深くっ、あんっ、お尻に入れられたら……
 あふぁ、あっ、んひぅ、んっ、んんっ!」
【 四郎 】 「くっ、アナルを穿ると、おま●この締まりが更に強くなって……はぁ、気持ちいい。
 もっとお尻の穴、穿りまくるから、おま●こ締め付けて」
   ずぷぷっと根元までアナルに指を埋めると、円運動を描きつつ、アナルを拡張するように穿っていった。
【 佐和子 】 「あひぁ、あふっ、あっ、あぁんっ、んひぅ、んっ、あふぁ、あっ、んふっ、お尻っ、やっ、激しい、
 んふぁ、んっ、んっ、んんっ!」
【 四郎 】 「あぁ、気持ちいいよ、佐和子さん! ハァハァ、お尻の穴、穿れば穿るほどおま●こが締まって……
 汁が出まくりだ!」
   きゅ~きゅ~っと窄まるように膣全体が締まり、ペニスを奧へ奧へと誘う。
 その動きは言葉では言い表せないほどの快感で、目の前がスパークすると共に腰がブルブルと震えまくった。
   当然、腰の震えに合わせ、大量の先走り汁がドピュドピュと迸り、ほとんど射精が始まって
 しまっているのと変わらない状況だった。
【 佐和子 】 「はぁんっ、あへぁ、あぁ、で、出てるっ、四郎君のお汁がたくさんっ、子宮にっ、あふぁ、あぁ、
 いい、いい、いい!」
【 四郎 】 「ふぅ、俺もイイよ。チ●ポがおま●この中で蕩けまくって。ほら、お尻の穴、アナルをもっと弄って
 あげるから、おま●こをもっともっと締め付けるんだ」
   円運動から一転、ジュボジュボと指をアナルに出し入れさせ始めた。
【 佐和子 】 「んひぅ、んふぁ、あっ、あぁんっ、やっ、ダ、ダメ! そんなお尻の穴っ、指を出し入れされたら!
 んひぅ、あぁ、ヤダ、またイク、イっちゃうわ!」
【 四郎 】 「いいよ、何度だってイっていいんだ。佐和子がイくとおま●こが凄く気持ちよく締まるんだ。
 それに俺も嬉しいし!」
   人差し指を引き抜き、より長い中指を尻穴に根元まで一気に埋めると、ニュップニュップっと
 アナルセックスする時のように出し入れし、腸粘膜を擦りあげていく。
【 佐和子 】 「んふぉっ、あへぁ、あっ、あっ、やぁ、イク、あたし、またっ! イクイクイクっ、んっ、んっ、
 いっぐうううううう!!」
   二度目のオーガズムに、つま先をギュッと丸めさせながら、佐和子さんがビクンビクンと全身を震わせた。