【 舞 】 「ひぅん!? んふぁ、あぁ、四郎ちゃんのお汁がビュッビュって……んっ、はぁはぁ、四郎ちゃん、
  これって精液じゃないのよね?」
【 四郎 】 「ハァハァ、精液じゃないけど、すごく濃い汁が漏れてるよ。精液って言ってんもいいくらい、
 俺の子種汁が混ざった汁が漏れまくってるんだ」
【 舞 】 「四郎ちゃんの子種が……んっ、嬉しい。とっても……あんっ、もっと注いで……わたしの子宮に
 四郎ちゃんの子種をお願い……」
   姉さんが腰を前後に揺すって、俺の子種をおねだりしてくる。
   すると、膣口から膣奥にむかって、きゅ~、きゅ~っと膣が窄まりまくり、下降してきていた
 子宮口がムチュッと尿道口に口づけ、汁を吸飲し始めた。
【 四郎 】 「あぁっ、先走りの汁を子宮が吸い上げてくれてる! はぁ、気持ちいいよ、姉さん!」
   尿道口から滲み出る先走りの汁を、チュウチュウと吸飲される感覚に、俺は姉さんの太股を愛撫しながら
 腰をプルプルさせ、汁を注ぎまくっていった。
【 舞 】 「あぁ、子宮の中に注いで貰えてる。四郎ちゃんの精子がお腹の中に入ってきてくれて……んふっ、んっ、
 お腹が熱くなってきちゃってる」
   射精に比べれば、ほんの僅かな量だけど、子種汁を子宮の中に注がれ、姉さんが蕩けきった表情……
 牝のトロ顔を浮かべて悦びまくる。
【 舞 】 「んふっ、んっ、もっと欲しい。四郎ちゃんの子種をお腹の中にっ、あふぁ、あっ、あっ、あひぅ、
 んふっ、んっ、あぁん……」
   絶頂の余韻も覚めないうちに、蕩けきった顔を浮かべた姉さんが、腰をグラインドさせ始めた。
 子宮口を尿道口に吸い付かせたまま、姉さんが腰を揺することで、膣奥で性器同士がディープキスを繰り返す。
【 舞 】 「あんっ、あぁん、あぁ、四郎ちゃんのおち●ちんの先っぽが一番奥で擦れてるっ、んふっ、んっ、
 んっ、んんっ!」
【 四郎 】 「うぁ、くっ、ね、姉さんっ!」
   子宮の入り口を刺激し強い快感を得る、ポルチオセックスに目覚めてしまった姉さんの子宮は
 グニグニと柔らかく解れていて、亀頭に最高レベルの快感を与えてくれる。
【 四郎 】 「っ……はぁ、ね、姉さんっ、うくっ、ううっ、うっ、うっ!」
   ムチュムチュと積極的に尿道口に吸着してくる子宮口の感触、そして姉さんの身体から撒き散らされて
 いる淫臭に、自然と腰が動き始めてしまう。
【 舞 】 「あひぅんっ!? あっ、あぁ、し、四郎ちゃん? そんなっ、急に動き始めたらっ、あんっ、あんっ、あぁん!」
【 四郎 】 「ハァハァ、もう我慢の限界だ! もっと欲しい! この感触! 姉さんの子宮の感触を楽しんで!
 最高に気持ちよくなった状態で射精したいんだ!」
   一方的にそう告げると、ブリッジするように股間を突き上げ、姉さんの身体が浮かび上がる程、激しく腰を
 バタバタと上下に弾ませ、ペニスを膣襞に擦り付け始めた。
【 舞 】 「はぁんっ、あっ、あふっ、あんっ、あぁん、あぁん、あっ、あぁっ、すごっ、あひぁ、ひぅっ、んっ、
 んっ、んんっ!」
【 四郎 】 「あぁ、姉さん! 姉さんっ! ハァハァ、もっと激しく腰を弾ませて、おま●こにっ、今のとは
 比べものにならないくらい濃い汁をぶちまけるから!」
   プルプルと震えている美乳を視覚で堪能、ムッチリした太股を愛撫しながら、ズンズンと腰を勢い
 よく弾ませ、ペニスと膣襞を摩擦。性感を高めていく。
【 舞 】 「あふぁ、あっ、あぁ、四郎ちゃんの大きなおち●ちんがっ! あっ、あぁ、中でどんどん膨らんできてるっ」
【 四郎 】 「ああ、いいよ、姉さんっ、今度は俺がイキそうになってきてる! ハァハァ、中で射精するよ?
 俺の子種を姉さんに渡すから! 受精して!」
【 舞 】 「うん! うん! いいよ、四郎ちゃん! わたしの中で出して! おま●この奧にっ、あん、射精していいよ!」
【 四郎 】 「くっ、姉さんっ! 姉さんっ、あっ、あっ、あぁっ!?」
   蕩けまくった膣内を勢いよくピストン運動をすることによって、射精感が順調にこみ上げ、いよいよ射精の
 瞬間が迫ってきた。
【 舞 】 「あぁ、おち●ちんが凄い勢いで膨らんで来てるっ、んふっ、んっ、い、いいの、射精して四郎ちゃん。
 んっ、おま●こに中出しっ、して欲しいの!」
   ペニスが急激に膣内に膨らみを増し始め、射精を感じ取った姉さが甘い声で膣内射精を求めてくる。
【 四郎 】 「ハァハァ、姉さんっ、確か今の時期って?」
【 舞 】 「う、うん、赤ちゃんがとっても出来やすくなってる時期だと思う。だから、お願い。四郎ちゃんの子種で、
 んふっ、んっ、わたしを孕ませて!」
【 四郎 】 「っ!?」
   姉さんの言葉に、牡の本能が覚醒。興奮が限界まで高まり、ラストスパートに入る。
   腰を思いきり浮かせ、奧にペニスを挿入すると、小刻みに腰を振り、子宮口付近……ポルチオ性感帯を
 パンパンに張った状態の亀頭で刺激していく。
【 舞 】 「あひぁ!? あっ、あぁ、あへぁ、お、奧っ、すごっ、擦れてっ、あひぅ、んっ、四郎ちゃんっ、あっ、
 あっ、そこされたらっ、わ、わたしもっ!」
   徹底したポルチオセックスに姉さんの性感が再び高まり、オーガズムの予兆が現れてくる。
   今度こそ、本当の子種を出して貰おうと、懸命になってチ●ポを締め付け、膣襞を収縮させてくる
 姉さんのおま●こ。
【 舞 】 「あぁ、ほ、欲しい! 四郎ちゃんの子種っ! 四郎ちゃんの精子で受精したい! 赤ちゃん、欲しいの!」
   姉さんが腰を淫らにくねらせながら、懸命になって膣内射精のおねだりをしている。
 その仕草は、異常なまでに俺を昂ぶらせ、膣内射精をする為に激しい抽迭を続けていく。
【 四郎 】 「くっ、ううっ、イク! 姉さんっ、俺っ、出すから! 射精始めるよ!?」
【 舞 】 「うんっ、いいよ、四郎ちゃんっ! そのまま中で射精をっ、あんっ、お願い!」
【 四郎 】 「言われなくても! 姉さんのおま●こ以外で射精するつもりなんて! くっ、うおっ、うおおお!」
   激しく腰を上下に弾ませ、絡みついてくるプリプリした襞肉にペニスを思いきり擦り付けて
 性感を限界まで高めていく。
【 舞 】 「ひあ!? あっ、あぁ、奧をコツコツって叩いてきてっ、んふぁ、あっ、あぁ、ら、らめぇ、
 四郎ちゃんっ、わたしっ、またっ!」
【 舞 】 「あぁ、イク! あふっ、あふっ、んふうううううう!!」
   射精直前の極太ペニスに膣内を力強く擦り付けられ、姉さんが再びオーガズムを迎えていく。
【 四郎 】 「くっ!?」
   キュッキュッとキツク締めつけてくる膣の動きに、俺の限界を突破。3回ほど締まりまくっている膣穴に
 ペニスを擦り付けると、亀頭を膣奥に埋め、射精を始めた。