■上妻市 ■上妻桜台学園 ■上妻湖 ■桜台公園 ■幡路館 ■上妻総合スポーツセンター
上妻市と下妻町が合併して出来た上妻湖と上妻スキーリゾートを基幹とする観光都市。
人口は上妻、下妻併せて約12万ほどの中規模都市だが、夏冬と共に県内外の観光客で賑わっており、寂れている感じはしない。
一応、温泉街として有名で、大型の間欠泉を始め、温水植物館、温水プールなど各種温水施設が充実している。
観光地らしく、近隣には大小多数のスキー場があるが、上妻三山(みやま)スキー場は全国的にも有名なスキー場である。
寒冷地域のため、冬の寒さは相当に厳しいが、夏は三山連峰からの吹き下ろす高原の風のおかげで、湿度も低くとても過ごしやすい。そのため、夏は避暑地として賑わっている。
その他、毎年、お盆に開催される上妻湖水上花火大会は全国的に有名で、県内外からの来客数は30万を超え、相当な賑わいを見せたりする。
主に観光業を生業とする地域だが、霧島グループの本社があり、バイオならびにナノテクをメインとした次世代型の産業都市としての側面も持っている。特に世界最先端とも言われているナノテクの研究施設は、規模も大きく、その警備も厳重である。
霧島グループがもたらす莫大な資本のおかげもあり、自然と科学が融合した新世代の地方都市として美しい街並みを見せている。
■戻り■