【 舞 】 「んふっ、んっ、あんっ、あふっ、んっ、あっ、あっ、あひぅ、んっ、あんっ、あんっ、んふぅ、んんっ、四郎ちゃんっ、いいっ、気持ちいい!」
【 四郎 】 「んくっ、うっ、姉さんっ、もっと欲しい! 姉さんのおま●こ、もっと力強くチ●ポを擦り付けたい!」
より激しい抽迭を求め、姉さんの水着を両手で思いきり引っ張り上げ、お尻の割れ目に食い込ませる。
【 舞 】 「あふんっ、んっ、あぁ、四郎ちゃんっ、あっ、水着っ、そんなにされたらっ、やっ、あっ、あぁ、お尻の穴に擦れちゃうっ」
【 四郎 】 「ハッ、ハッ、いいよ、おま●ことアナル、どっちも気持ち良くなって、蕩けきった最高のおま●こに中出しっ、んくっ、んっ、決めるから!」
【 舞 】 「あぁ、そんなっ、お尻の穴もなんてっ、あへぁ、あぁ、擦れてるっ、水着がお尻の穴っ、擦ってっ、おま●こもおち●ちんが擦ってくれて!」
【 舞 】 「あふっ、あっ、あぁ、やぁ、こんなの気持ち良すぎるっ、んふっ、んっ、あへっ、あっ、だ、らめっ、四郎ちゃんっ、こんなのわたし、またイっちゃいそう!」
【 四郎 】 「それじゃ、今度は一緒に! 姉さんの絶頂おま●こに中出し決めるから、子宮の中に出来るだけ吸い上げて、受精っ、俺の子供を孕んでよ!」
【 舞 】 「んふっ、んっ、あぁ、うんっ、うんっ、受精したい! 四郎ちゃんの赤ちゃん、妊娠したい! だからっ、あっ、一緒! 今度は一緒にお願い!」
【 四郎 】 「わかってるっ、んくっ、んっ、あぁ、いい感じに込み上げてきてるっ、んくっ、もう少しでっ、ハァ、ハァ、出そう。姉さんは?」
【 舞 】 「あっ、あっ、わ、わたしもっ、すぐにでもイっちゃいそうっ、あっ、四郎ちゃん、中出しして! そしたら、絶対にっ、んふっ、んっ、イけるからっ!」
【 四郎 】 「んくっ、んっ、わかった。じゃ、このまま一気に最後までするから!」
【 舞 】 「あんっ、あんっ、んっ、して! 最後までっ、あっ、そして一緒に! んっ、お願い!」
【 四郎 】 「あぁ、姉さんっ、姉さんっ、姉さん!」
  グイッと水着が千切れるかと思うほど強く引っ張り上げながら、猛然と腰を弾ませ、膣内でペニスをピストン運動。
ジュプジュプと性器同士が交じり合う音が部屋中に響く。
【 舞 】 「あひぅ、あふっ、あっ、あんっ、あぁ、し、四郎ちゃんっ、んふっ、あぁ、激しいの気持ちいい! あっ、あっ、もっとして! たくさんっ、おま●こして!」
  激しい抽迭に、姉さんの身体が俺の股の上で弾みまくり、淫猥なダンスを踊る。
左右の美乳は、その形を歪にしながら俺の胸板に押し付けられ、快感を上乗せしてくれた。
【 四郎 】 「あぁ、姉さんのおま●こ、気持ちいい! 胸板に当たってるおっぱいも良くてっ、ハァ、ハァ、俺、そろそろイキそう!」
【 舞 】 「んふっ、んっ、あひっ、あっ、い、いいよ、出して、四郎ちゃん! あひっ、あっ、あっ、わたしもすぐにイクっ、からぁ!」
  姉さんの言葉を受け、ここぞとばかりに腰を弾ませ、ラストスパートをかける。
ペニスが抜けてしまうリスクを承知で股間を大きく弾ませ、ジュボジュボと奥深い膣穴にペニス全体を擦り付けて性感を限界まで高めていく。
【 舞 】 「んふっ、んっ、あひっ、あぁんっ、あぁ、し、四郎ちゃんのおち●ちんっ、とっても激しい! んひっ、いふぁ、んっ、あぁ、イク、またイっちゃう!」
【 四郎 】 「んくっ、うおっ、あっ、あっ、姉さんっ、いいよ、イって! 俺も出るっ、あぁ、出そうっ、うおっ、うっ、ううっ!」
【 舞 】 「あっ、あっ、嬉しい! あふっ、あっ、イク、わたしっ、また! イク、イク、イっちゃっ、んふっ、んっ、んっ、んふぅうううううう!!」
【 四郎 】 「うくっ、おま●こ締まってっ、あぁ、出るっ、俺もイク! 姉さんのおま●こに中出し! うおっ、おおっ!?」
  バチバチっという感じで目の前がスパークしたかと思った次の瞬間、可能な限り股間を突き出し、ペニスを膣奥へねじ込むと、尿道口からブビュっと精液が放出され始めた。