【 舞 】 「あぁ、こんな格好、恥ずかしい……」
【 四郎 】 「はぁ、姉さんのお尻、綺麗すぎてため息が出るよ」
  仰向けになっていた姉さんの両足を両手で上げさせ、プリプリしたお尻を丸出しにさせると、両手で左右別方向に円を描くように愛撫し始めた。
【 舞 】 「んふっ、んっ、あんっ、あぁ、四郎ちゃんがお尻を揉んでくれてる。あんっ、あっ、あんっ、んふっ、んっ、気持ちいい」
  姉さんの嬌声をBGMに指に力を込め、ムニムニと徐々に強く。大胆に尻肉をこね回すように愛撫していく。
【 四郎 】 「少し強めにしてるけど、痛くない?」
【 舞 】 「あっ、あんっ、んっ、大丈夫。痛くない。それよりっ、あっ、気持ちいい。四郎ちゃんの手でお尻触られるの好きっ、んっ、わたし、感じちゃってる」
【 舞 】 「あんっ、あっ、し、四郎ちゃん……んふっ、あんっ、それ、いい。お尻っ、もっと揉んで、あんっ、とても気持ちいいの」
【 四郎 】 「いいよ、姉さん。このまま、ずっとモミモミしてあげる」
  うっとりとした顔を浮かべる姉さんのお尻を、俺は時間をかけ、両手を使って丹念に揉みしだいていった。
【 舞 】 「んっ、んっ、あはっ、あんっ、んふっ、んっ、あぁ、いい、いい、四郎ちゃんの手っ、あぁ、凄く感じちゃうっ」
  お尻を長い時間をかけ、大胆にこね回され、頬を赤らめ、あんあんと喘ぎ、下半身をモジモジとさせる姉さん。
お尻を浮かせ気味にしてプルプルと振るわせる毎に、半開きの秘唇からゴポゴポっと精液がたくさん溢れ出し、お尻の穴の方に伝い落ちていく。
【 四郎 】 「おま●こから中出しした精液が漏れまくってる。ドロドロした
濃い精液をたくさん漏らして、最高にいやらしくてたまんないよ」
  両手をお尻から離すと、俺は真っ白で綺麗な尻肉に口づけ、赤いキスマークを付け始める。
【 舞 】 「んっ、あっ、四郎ちゃんがマーキングしてる。わたしの身体は自分もモノだって証をつけてくれて……」
【 舞 】 「はぁはぁ、とても恥ずかしいのに嬉しい気持ちになってきてる。あぁ、わたし、四郎ちゃんの牝になることが出来て、とても嬉しいの」
【 四郎 】 「それなら俺も姉さんだけの牡になることが出来て最高に嬉しいよ」
  チュッチュッとマーキングを施しつつ、両手で尻肉を揉みしだいていく。
【 舞 】 「あんっ、あっ、四郎ちゃん……んふっ、あんっ、それ、いい。お尻っ、感じてっ、精液が溢れてきてっ、あぁ、いい、とても気持ちいいの」
【 四郎 】 「いいよ、姉さん。このまま、ずっとモミモミしてあげるから、ずっと好きなだけ感じていいんだ」
  うっとりとした顔を浮かべる姉さんのお尻に口づけを繰り返しながら、俺は時間をかけ、両手を使って丹念に揉みしだいていった。