【 美羽 】 「へへ、雄ちゃんにいっぱい愛して貰っちゃった」
 

俺の枕を両手で抱きしめながら、ベッドの上にうつ伏せで横になった美羽が、嬉しそうな表情を浮かべて俺を見る。

【 雄馬 】 「ああ、たっぷりと美羽とセックスしちゃったよ」
 

嬉しそうな顔をしている美羽の様子に、嬉しくなり、両手で美羽の身体を愛撫していく。

【 美羽 】 「あふっ、あぁ、雄ちゃんの手で身体をなでなでされるの、すっごく気持ちいい」
 

うっとりした顔を浮かべながら、俺の愛撫に甘ったるい声を漏らす。
そんな美羽のデカ尻をメインに、左右の太股から脇腹、そして背中を両手で撫でさすり、ムチムチのデカ尻にチュッチュッとキスをしていく。

【 美羽 】 「あぁんっ、んっ、またお尻にキスマークつけてっ、あふっ、んっ、あぁ、恥ずかしいって言ったっ、んふっ、あぁ、でもキスされるの気持ちいいよぉ」
【 雄馬 】 「はぁ、ムチムチ、プリプリしていて、美羽のデカ尻、ホント、最高だよ」
 

チュムチュムと口づけながら、枕のように頭をお尻に預けていく。

【 美羽 】 「あんっ、もう雄ちゃんってば、あたしのお尻を枕にしないでよね」
【 雄馬 】 「こんな最高のお尻持ってるんだから、けちくさいこと言わない言わない。う~ん、ごくらくごくらく」
【 美羽 】 「ぷっ、なにそれ。雄ちゃんってば、なんだかエロいオジサンみたいになってるよ」
【 雄馬 】 「美羽のエッチな身体を好きに出来るならオジサンで結構。お尻もいいけど、太股を枕にするのもこれはこれでなかなか……」
 

今度は左右の太股の間に顔を埋めて枕にしつつ、両手でデカ尻をこね回していく。

【 美羽 】 「んふっ、あっ、ダメっ、そんなっ、んっ、お尻強く揉まれたらっ、あっ、あっ、感じてちゃうっ」
【 雄馬 】 「おおいに結構、俺の愛撫で感じてくれて、素直に嬉しいよ」
【 美羽 】 「あふっ、あっ、あふぁ、んっ、それってっ、あふっ、雄ちゃんの中でっ、んっ、あたし、少しはリード出来たってこと?」
【 雄馬 】 「えっ、それは……う~ん、どうだろうな」
【 美羽 】 「むぅ、すっごく曖昧な返事。頑張ってフェラチオまでしてあげたのに」
 

愛撫に蕩けきった表情から一転、不満げに頬を膨らませる。

【 雄馬 】 「ごめん。ここで適当な返事して、美羽の期待に応えられなかったらって思うと、どうしても曖昧な答えにしかならなくてさ」
【 美羽 】 「へへ、なんてね。ちょっと怒ったフリしてみただけ。雄ちゃんがあたし達のこと、真剣に考えてくれてるは、わかってるつもり。だから、謝ることないよ」
【 美羽 】 「あたしがお姉ちゃんとお母さんよりリード出来たかは置いておいて、こうして雄ちゃんと一緒の時間を過ごせてるもは、すっごく嬉しいかな」
【 雄馬 】 「美羽……そんな言葉をかけられたら、リードしてるって言いたくなっちゃうじゃないか」
 

曖昧な答えしか返せない不甲斐なさを心の中で美羽に詫びつつ、ありったけの愛情を込めて、美羽の身体を愛撫していく。
お尻と太股だけでなく、背中からベッドに挟まれてひしゃげているオッパイを両手で撫で回しながら、お尻にしたようにムチュムチュと口づけまくる。

【 美羽 】 「あふぁ、あっ、あひぅ、あぁ、キスマークはダメなのにっ、んっ、すごく感じちゃって、あっ、あふぁ、んふぁ」
【 雄馬 】 「ふぅ、美羽のマ●コから、またエロい匂いが漂ってきてる。ちょっと両足を開いて、マ●コ見せて」
 

美羽の許可を貰うこともなく、閉じていた両足を左右に開き、淫唇を大胆に晒させた。