【 永遠 】 「それでは、おっぱいでおち●ぽを気持ち良くしてあげますから、疾風さん、立って貰えますか?」
【 疾風 】 「あっ、うん、わかったよ」
 

 言われた通り、永遠の前に立つと、永遠は俺の海パンをそっと下ろし、フル勃起したペニスを露わにさせた。

【 疾風 】 「あぁ、こうして間近で見ると、本当に素敵なおち●ぽです。長くて太くて……ふふ、それではおっぱいで
 おち●ぽに包み込みますね」
【 永遠 】 「あぁんっ、あぁ、疾風さんのおち●ぽ、堅くて熱い。んふっ、あぁ、とても逞しいです」
 

 俺がマットの上に膝立ちになると、永遠は水着を身に着けたまま、その豊満すぎる乳房の間に勃起ペニスを
 挟み込んでくれた。

【 疾風 】 「あぁ、永遠のおっぱい、凄く柔らかくて、温かくて、気持ちいいよ」
 

 初めて経験するパイズリの感覚に、俺は腰をブルブルと震わせて悦び、先走りの汁を尿道口から滲ませる。

【 永遠 】 「あんっ、お汁が漏れて来ています。はぁ、疾風さんの匂い、嗅いでるだけで頭がボーッとなって、おま●こが
 濡れて来てしまいます」
 

 うっとり気味に俺を上目遣いで見つめると、永遠は両手で乳房をしっかりと握り締め、ペニスを乳房の谷間に
 挟み、ふにふにと柔肉を押し付けてくる。
 水着は身に着けたままだったが、谷間が完全に露出するタイプのデザインで、パイズリには何の問題も
 なかった。

【 永遠 】 「んふっ、ちゅっ! あふっ、はぁ、おち●ぽが胸の中でビクビク脈打って、んっ、お汁をたくさん漏らして
 くれてます」
 

 亀頭に顔を近づけると、永遠は瞳を閉ざしチュッと軽く亀頭に口づけると、雄の発情臭を胸いっぱいに
 吸い込んだ。

【 永遠 】 「あふっ、あっ、疾風さんのおち●ぽの匂い、とてもいいです」
【 疾風 】 「んくっ、永遠、おっぱいを揺すって、チ●ポにおっぱいを擦りつけたいよ」
 

 うっとりとしながらチ●ポの匂いの酔いしれている永遠の乳房に、腰を揺すってペニスを擦り付け、
 パイズリを催促する。

【 永遠 】 「はい、待っていてください。すぐにおっぱいで気持ち良くしてあげますから」
 

 俺の催促に淫蕩な笑みを浮かべ頷き返すと、永遠は両手で乳房をしっかりと握り締め、たっぷりとした乳房を
 上下に弾ませ、乳肉をペニスに擦りつけてきてくれた。

【 永遠 】 「んふっ、んっ、んっ、んふぁ、あぁ、ど、どうですか? おっぱい、んっ、気持ちいいですか?」
【 疾風 】 「んくっ、うん、いいよ。柔らかくて温かいおっぱいがチ●ポを擦ってくれてっ、あぁ、永遠のパイズリ、
 気持ちいいよ」
【 永遠 】 「よかった。それではこのまま続けますから、もし射精しそうになったら教えてください。
 疾風さんの好きな場所で射精させてあげますから」
【 永遠 】 「んふ、んっ、あふんっ、んふっ、んっ、あぁ、疾風さんのおち●ぽ、とても雄々しくて、愛おしいです。
 んふぁ、んっ、んっ」
 

 うっとり気味に呟きながら、永遠がより大胆に左右の乳房をタポタポと弾ませる。
 永遠の性感も高まっているのか、乳首がぷっくりと膨らみ、乳輪が水着からはみ出し、突起した乳首が
 生地越しにくっきりと浮かび上がっていた。

【 永遠 】 「あぁ、お汁がどんどん濃くなってきて、あふっ、あふぁ、んっ、匂いも強くなって、あぁ、発情してる
 おち●ぽの匂い、とてもいいです」
 

 とろりと粘度を増した先走りの汁の匂いに、永遠が鼻息を荒くしながら、上半身を上下させて、
 ダイナミックに乳房をペニスに擦りつけてくる。
 永遠の動きが大きくなると、かろうじて乳首を覆い隠していた水着が外側にずれ、左右の乳首と乳輪が完全に
 露出した。