【 桜 】 「あんっ、んふっ、んっ、ちゅぷっ、んふっ、んっ、んっ、んんぅっ」
   母さんの口内でレロレロと互いの舌を絡ませながら、両手でボリュームたっぷりのおっぱいを揉み込んでいく。
【 桜 】 「んふっ、んっ、ちゅむっ、んちゅっ、ちゅぷっ、んれろ、れろれろっ、あふっ、んっ、んふぁっ!?」
【 四郎 】 「母さんの口の中、すごく甘くてイイ感じがする。それに、このおっぱい。何度揉んでも最高すぎだって」
   チュパっと唇を離し、柔らかくて心地いいおっぱいを、中央に寄せ集めるようにして、ムニムニと
 揉みしだいていく。
【 桜 】 「あぁん、し、四郎っ、んっ、こんな場所で……んっ、だ、だめよ。誰かに見られちゃうわ」
【 四郎 】 「大丈夫だって。周りに人はいないよ。ここって綺麗だけど、何もないから人気スポットじゃないし」
   ギュッと乳房を左右同時に搾り上げ、人差し指で乳首があると思われる場所をスリスリと擦りあげる。
【 桜 】 「ひぅんっ、あっ、あぁ、そ、そこはっ、あふっ、んっ、し、四郎ぉ、乳首っ、あっ、指先でっ、擦られて……
 んふっ、んっ、んふぁ、んんっ!」
   乳首がある辺りを人差し指で擦りながら、乳房を何度も搾り上げていく。
【 桜 】 「あっ、あっ、だ、だめっ、四郎ぉ、んっ、そんなっ、あんっ、搾ったらっ、んっ、で、出ちゃうっ、
 おっぱいがっ、んふっ、あふぁっ!?」
   喉元を仰け反らしながら、ビクビクっと身体を震わせると、母さんの胸元からふんわりと甘い匂いが漂ってきた。
【 四郎 】 「甘い匂いがしてきてる。母さん、もしかして、おっぱい出ちゃった?」
【 桜 】 「はぁはぁ、ええ、出ちゃったわ。四郎が強く搾るから……いっぱい……出ちゃったの」
   俺の問いかけに、母さんは恥じらいの表情を浮かべつつ、コクリと頷き返してきた。
   かなりの母乳が乳首から溢れ出たのか、突起した乳首がキャミソールの生地越しに浮かび上がり、しっとりと
 湿っている。
【 四郎 】 「母さんのおっぱいの匂い、どんどん強くなってきてる。あと上着から乳首がうっすらと透けて見えて……
 もう、たまんないよ」
【 四郎 】 「母さん、おっぱい吸ってもいいかな? 食後のデザートに母さんのミルクを飲みたいんだ」
   タポタポと量感豊かな乳房を上下に揺すりながら、母さんの耳元で授乳のおねだりをする。
【 桜 】 「だ、だめよ、こんな場所でなんて……家に帰るまで我慢して、ね? 戻ったらすぐに、四郎の好きなだけ、
 吸わせてあげるから」
【 四郎 】 「家に戻るまでなんて、我慢できないよ」
   正面から手のひらで乳房を包み込み、愛情を込めながら、やんわりと円を描くように揉んでいく。
 同時に勃起したペニスを母さんの豊満なお尻に擦り付けて、全力でセックスアピールを繰り返した。
【 桜 】 「あぁんっ、あぁ、四郎のおちんちん、とっても逞しくなって……んふっ、んっ、どうしても我慢できないの?」
【 四郎 】 「うん、できそうにないよ。俺、もう気が狂いそうになってるくらいなんだ」
【 桜 】 「あぁ、四郎……んっ、わかったわ。でも、少しだけよ? いつも家で飲ませてあげてるように長い時間はだめ。
 それでいい?」
【 四郎 】 「わかってる。俺だって、母さんのおっぱいを他人に、他の男に見られたくなんてないから。だから……」
【 桜 】 「んっ……それじゃ、ベンチに仰向けで横になってくれる? 朝、起こす時にみたいにおっぱい吸わせてあげるから」
   場所が場所なだけに戸惑っていた母さんだったが、俺の授乳のおねだりを受け入れ、休憩所のベンチに
 仰向けで寝るように促してきた。
   俺がベンチの上に仰向けになると、母さんは羽織っていたカーディガンを脱ぎ、乳房を服の中から取り出す
 感じで身に着けていたキャミソールを下げ、授乳の準備を整えてくれた。