七菜のアソコはグショグショのヌルヌル状態。しかも、粘度の高い濃厚な愛液が秘唇から溢れ出していた。
【 四郎 】 「七菜のおまんこ、すっごい濡れまくってる。しかも、トロトロしてて、いやらしい匂いがプンプン
 しまくってる」
   秘唇を指先で愛撫しながら、七菜のボリューム満点のおっぱいをギュッとギュッと強めに愛撫していく。
【 七菜 】 「あんっ、んふっ、んっ、んひぅ、んっ、あっ、あっ、あぁっ」
【 四郎 】 「んっ、なあ、七菜。左手でチンポを握ってシコシコって扱いてくれないか?」
   股間と乳房への愛撫に、身体をビクビクさせながら甘い声で喘ぐ七菜に、手コキ奉仕をお願いしてみる。
【 七菜 】 「ふぇ、手でおちんちんを……んっ、こ、こんな感じっ、んふっ、んっ、いいの?」
   秘唇への愛撫に嬌声を漏らしつつ、俺に言われるとおりに、左手でペニスを握り締めると、七菜は力加減に
 気を付けながら、シコシコと陰茎を扱いてきた。
【 四郎 】 「くっ、あぁ、そんな感じで……あっ、でも、もうちょい強くシコシコしてくれた方が気持ちいいかな」
【 七菜 】 「もう少し強く……んっ、このくらいかな?」
   俺の言葉に、七菜はやや強めに握り締め、ゴシゴシと太く逞しいペニスを扱き始めた。
【 四郎 】 「おうっ!? うっ、い、いいよ、七菜。それくらいの強さでっ、ハァ、ハァ、あぁ、チンポ、気持ちいいって ……」
【 七菜 】 「あんっ、お兄ちゃんのおちんちんがビクビクしながら、どんどん大きくなってきてる……」
【 七菜 】 「んっ、お兄ちゃんの凄いおちんちんをシコシコってしてるだけで、七菜、どんどんエッチな気分に
 なってきちゃってるっ」
【 七菜 】 「はふぅ、んっ、こんなに大きなおちんちんがいつも七菜の中に出たり入ったりして、最後にビュッビュって
 してくれてるんだね」
   蕩けきった表情を浮かばせながら、七菜が股間を少しだけ浮かせ、クイクイと小さく腰を揺するように
 動かし、俺の指に割れ目を自ら擦り付けてくる。
【 四郎 】 「自分でおまんこを擦り付けてくるなんて、七菜ってすごいエッチな女の子だったんだな」
   わざと羞恥心を煽るようなことを言いながら、七菜の股間と乳房を攻めていく。
【 七菜 】 「それはっ、あんっ、お兄ちゃんのせいだもん、お兄ちゃんが七菜に毎日エッチなことするから、七菜は
 どんどんエッチな子になっちゃうんだよ?」
   言葉責めする俺に、七菜が恥じらいつつ言い返してくる。
【 四郎 】 「じゃ、もっとエッチな子にしてやらなくちゃな。でも、俺専用だから。エッチな七菜は俺だけのモノなんだ」
【 七菜 】 「うん、そうだよ。七菜はお兄ちゃんの前だけエッチになるの。どんどんエッチになって、お兄ちゃんに
 いっぱいいっぱい愛して貰うんだもん」
【 四郎 】 「ああ、愛してやる。これから毎日、七菜とエッチなことしまくってやるから」
   どこまでも健気な七菜が愛おしくてたまらなくなり、その気持ちを伝えるかのように七菜の身体を
 愛撫していく。
   愛液にまみれた秘唇を中指でスリスリと擦りまくりつつ、たっぷりとした乳房を握り締め、その先端……
 突起乳首を指先で弄くり回す。
【 七菜 】 「あふっ、んっ、あっ、あっ、あんっ、あぁ、んふっ、んんっ、あぁ、お、お兄ちゃんっ、七菜、
 すっごく感じてっ、んっ、来ちゃってるよぉ」
   激しくなった愛撫に、七菜は上気した顔で喘ぎながら、股を左右に開き、淫らに腰を振り始める。
【 四郎 】 「ふぅ、いいよ、七菜。もっともっとよくしてやるからな」
   中指を秘唇の中……膣穴にぬぷぷぷっと挿入。中指で疑似ペニスを作り上げ、ヌチュヌチュと膣襞を
 擦り始める。
【 七菜 】 「はふっ、はぁ、お兄ちゃんの指が七菜の中っ、あっ、あっ、あんっ、擦って、んふぁ、あっ、あんっ、
 あぁん!」
   膣内はかなり濃厚な愛液でぐっしょりと濡れていて、指の出し入れに合わせ、ビシャビシャと
 秘唇から飛び散り、股間から太股にグショグショに濡らしていく。
【 四郎 】 「七菜、左手がほとんど動いてないぞ? ほら、おちんちんシコシコ扱いて」
   自分から腰をバタバタとさせて、手コキ奉仕をねだる。
【 七菜 】 「う、うんっ、んしょっ、んしょっ、どう? お兄ちゃん、おちんちん、気持ちいい?」
   俺のおねだりに、七菜は左手でペニスを懸命にシコシコと扱いてきた。
【 四郎 】 「もちろん、気持ちいいに決まってる。七菜の方はどうだ? 気持ちよくなってるか?」
   ペニスを一生懸命扱きながら問いかけてくる七菜に頷きながら、逆に問い返す。
【 七菜 】 「うん、うん、すっごく気持ちいいよ。おっぱいとおまんこが熱くなって……」
【 七菜 】 「あふっ、んっ、これ以上激しくされたら、あんっ、七菜が先にいっちゃうよぉ」
【 四郎 】 「んっ、俺としてはそれでも全然構わないぞ?」
【 七菜 】 「それはダメだよ、七菜がお兄ちゃんを気持ちよくしてあげるってエッチを始めたんだからあふっ、んっ、
 これ以上激しくされたら、あんっ、七菜が先にいっちゃうよぉ」
【 四郎 】 「そういえば、そうだったな。でも、七菜が感じてくれると俺も気持ちよくなれるから、俺は別に
 気にしないぞ?」
【 七菜 】 「ダメ、七菜が気になるもん」
   そう答えながら、シュッシュッシュッと茎を扱いてくる。
【 四郎 】 「あぁ、七菜っ……っ……」
   自分で扱いているのとは何も違わないはずなのに、七菜がしてくれるだけでスゲー気持ちいい。
   七菜に陰茎を扱かれる気持ち良さに、勝手に股間がブルブルと震えると、ペニスの先端からピュルピュルっ
 と先走りの汁が迸った。
【 七菜 】 「あっ、お兄ちゃんのおちんちんの先っぽからお汁がいっぱい溢れてきてる。んっ、んっ、
 七菜の手でシコシコされるの気持ちいいんだ」
【 七菜 】 「んっ、んっ、お兄ちゃん、好き、お兄ちゃん、お兄ちゃんっ」
   先走りの放出に、俺が感じていることを理解した七菜は、ニコニコと嬉しそうにお兄ちゃんという
 言葉を連呼しながらシコシコとペニスを扱きまくってき た。