【 明日香 】 「んふっ、あぁ、四郎のが中でビクビク跳ねまくって……はぁはぁ、なあ、漏らしてるのか? 
 気持ちいいと出るっていう汁をあたしの中で……」
【 四郎 】 「は、はい……漏れてます。うくっ、明日香さんとのセックスっ、最高に気持ち良くてっ、さっきから
 チンポの先から漏れまくってます!」
   ギュッと乳房を鷲掴みにし、射精感を抑え込む。
   しかし、ペニスは少しでも早く己の子種を吐き出したいとばかりに、脈動し、精液と変わらないほど
 濃い先走りを漏らしていく。
【 明日香 】 「あぁ、中でビクビクしまくって、汁を漏らされてる。んっ、まるで射精されてるみたいだ……」
   先走りの連続した放出に、明日香さんがうっとりとした表情を浮かばせ、腰を淫らにくねらせてくる。
【 四郎 】 「あぁ、し、締まってきてるっ、明日香さんのアソコが、チンポに絡みついてっ、
 んくっ、うっ、あぁ、あ、明日香さん!!」
   濃厚な先走り汁を受けた膣内が、激しく収縮を繰り返し、ペニスに強い快感を与えてくる。
   ペニスを搾り上げるような膣の動きに、俺はズブッとペニスを膣奥に突っ込むと、コリコリとした場所に
 亀頭を夢中になって擦り付けていった。
【 明日香 】 「あふぁ、あぁ、そ、そこっ、あっ、ダメだって、四郎! んふっ、そこはあたしの子宮っ、あひぁ、
 んひぅ、んっ、んふぁ、あっ、あぁ!」
   子宮口をグニグニと亀頭で執拗にノックされ、明日香さんが大きな嬌声をあげながら全身をよじらせる。
   膣奥で開始された性器同士のディープキスに子宮口が亀頭を圧迫したかと思うと、ムチュチュっと
 尿道口に吸い付いてきた。
【 明日香 】 「ひぅんっ、あっ、あぁ、そ、そこはっ、あふっ、んっ、し、四郎ぉ、乳首っ、あっ、指先でっ、擦られて……
 んふっ、んっ、んふぁ、んんっ!」
【 四郎 】 「うはっ!? あっ、あぁ、子宮が先っちょに吸い付いてきてっ、くっ、チュウチュウって吸ってます! 
 俺のチンポの汁を吸い上げてくれて、あっ、あぁっ!?」
   尿道口を吸飲し始めた子宮口の感触は、とんでもなく気持ち良く、濃い先走りを凄い勢いで吸い上げてくれた。
【 明日香 】 「あぁんっ、あっ、あっ、お腹が熱い、すごく熱いよ、四郎! んふっ、んっ、あぁ、蕩けそう、
 気持ち良くてっ、んふっ、んっ、んんっ!」
   腰を大きく左右にくねらせながら、明日香さんが俺の股間に、積極的に股間を擦り付けてくる、
 そんな明日香さんの動きに合わせて、子宮口が亀頭にクニュクニュと擦り付けられ、極めて強い性感を
 俺に与えてきてくれた。
【 四郎 】 「うはっ!? あぁ、あ、明日香さんっ、そんな子宮口を擦り付けられたらっ、んくっ、うっ、ダメです!
 俺っ、持たない!」
【 四郎 】 「あっ、あぁ、イク、出るっ、うはっ、ううっ!!」
   豊満な乳房を鷲掴みにしながら、腰を限界まで突きだし、股同士を限界まで密着させると、
 俺は股間の疼きを解放……。
   限界まで膨らみきった亀頭がパンっと弾けるようにして、尿道口から精液が迸り、膣内射精が始まった。
【 明日香 】 「あぁんっ、あぁ、四郎が中で力強く脈打って……んっ、射精してる。またあたしの中っ、
 それも一番奥でっ、あふっ、んっ、精液を注いでる!」
【 四郎 】 「んぐっ、うっ、は、はい! 出してます! 俺、また明日香さんに中出ししてっ、はうっ、うくっ、ううっ!」
   どびゅうううううう! びゅるっ! びゅくっ! びゅるっ! びゅっ! びゅっ! びゅっ!
 腰をブルブルと断続的に震わせながら、ビュルビュルと膣奥へ大量の精液を注ぎ込んでいく。
【 明日香 】 「あふっ、んっ、あぁ、いいよ、四郎っ、中出ししてもいい! 四郎のこと好きだから、あたしは構わないよ!」
   中出しを許容する言葉を口にすると、明日香さんは、大きく開いていた両足を俺の腰に絡みつけてきた。
【 四郎 】 「くっ、明日香さん!!」
   そんな明日香さんの仕草に応えようと、俺も出来るだけペニスを膣奥にしっかりと埋めて、
 ありったけの愛情を込めながら中出しを繰り返していく。
   ぶびゅるっ! ぶびゅっ! ぶびゅっ! びゅるっ! びゅるっ! びゅびゅ!!
【 明日香 】 「あぁんっ、あぁ、奧に出てるよ、たくさん! 四郎の精液が! あふっ、んっ、あぁ、いい、
 とてもいいよ、四郎ぉ……」
   明日香さんが恍惚とした声を漏らすと、膣口がキュッとキツクしまりペニスが抜けないようにし、
 膣襞が激しく蠕動、少しでも多く精液を射精させようとしてきた。
   そして、膣の蠕動が一段落したかと思うと、膣奥がふわっと緩くなり、子宮口の手前が膨らみ始めた。
【 四郎 】 「明日香さんの奧が膨らんでっ、んっ、ハァハァ、ここで俺の精液を溜めてくれるんですね。
 うっくっ、うっ、ううっ!」
   本能的にそれが精液を子宮に吸い上げる為、一時的に貯蔵しておく場所だと理解した俺は、
 膣奥に用意してくれた精液タンクにドクドクと精液を注ぎこんでいった。
【 四郎 】 「はぁ、明日香さん凄いです! アソコの奧に空間が出来て、うくっ、うっ、俺の精液を受け止めてくれてます!」
   精液タンクに射精を繰り返していると、膣が窄まるような感じで収縮し、タンクに溜まった精液を
 子宮へと吸い上げ始める。
【 明日香 】 「あふっ、んっ、あぁ、吸い上げてる! 四郎の精液をお腹の中に! んふっ、んっ、熱いよ、
 お腹が火傷しちゃいそうだ!」
【 明日香 】 「あふぁ、あぁ、こんなにいっぱい子宮に注がれたら、あふっ、あぁ、四郎の赤ちゃんっ、ホントに
 身籠もっちゃうじゃないか……」
【 四郎 】 「んくっ、うっ、いいですよ、明日香さん。俺はそれで全然、構わないです。
 明日香さんの処女だけでなくて、妊娠までさせることが出来たら、本望です!」
   愛しい女性の膣内へ己の子種を注ぎ込めている。そんな気持ちに酔いしれながら、ビュルビュルと放精していく。
   その射精量は昨日と同じ、尋常な量ではなく、どこにこんなに溜まっていたのか、本気で疑問に思うほど
 凄まじいものだった……。