【 佐和子 】 「いいわ、それじゃ、おっぱいでおち●ちんを気持ちよくしてあげる」
   嬉しそうに笑みを浮かべると、布団の上で膝立ちになり、その豊満かつ美麗なおっぱいを両手で握り締め、
 正面に突きだしてきた。
【 佐和子 】 「四郎君も少しだけ手伝ってくれる?」
【 四郎 】 「えっと、なにをすれば……」
【 佐和子 】 「簡単よ。反り返ってるおち●ちんを真っ直ぐにして、真正面からおっぱいの中に埋めてみて」
【 四郎 】 「はい、えっと……こんな感じすか?」
   俺は右手でペニスを握り締め、正面に亀頭を向けると、佐和子さんのおっぱいの谷間の側に持っていった。
【 佐和子 】 「ええ、いいわ。そのまま真っ直ぐ進んで、あたしのおっぱいの谷間におち●ちんを埋めるの」
【 四郎 】 「わかりました」
   胸がドキドキ、チンポをヒクヒクさせながら、俺は佐和子さんのおっぱいの谷間の中にペニスを埋めていった。
【 四郎 】 「はぁ、や、柔らかいっ、佐和子さんのおっぱい、メチャクチャ柔らかいです。くっ、でも、
 しっかりと張りがって……うくっ、き、気持ちいいです!」
   柔肉をムニムニっと亀頭でかき分けながら、佐和子さんのおっぱいにペニスを『挿入』していく。
【 佐和子 】 「んふっ、んっ、四郎君のおち●ちんもいいわ。堅くて熱い……んっ、おっぱいが火傷しちゃいそうな感じよ」
【 四郎 】 「んくっ、うっ……あぁ、佐和子さん、先っちょが奧まで届きました」
   先端が乳房の付け根部分に達した所で腰をブルブルさせ、先走りの汁をおっぱいの谷間の奧で迸らせた。
【 佐和子 】 「あんっ、奧にビュってお汁が……ふふ、どう、あたしのおっぱいの感触は。おち●ちん、気持ちいい?」
【 四郎 】 「はい、メチャクチャいいです。柔らかくて温かくて、おま●こやフェラとも違う独特の気持ちよさがあります」
   単純に感覚的な快感では膣やフェラの方が上だと思う。
   だけど、佐和子さんの美巨乳にチンポを挟んでるっていう見た目、視覚的な快感を合わせると、
 前者と甲乙つけがたいものがあった。
   佐和子さんのおっぱい、やっぱり半端ないサイズだ。
 勃起ペニスは根元近くまで乳房の中に埋没していて、あと少しで突起した乳首が下腹部に触れそうなほどだ。
   改めて佐和子さんがバストサイズが半端じゃないことを認識した。
【 佐和子 】 「おち●ちんがブルブル震えて、気持ちいいのね。でも、これからが本番よ。四郎君、腰を振って
 おち●ちんをおっぱいに擦り付けてみて」
【 佐和子 】 「おっぱいはあたしが両手でしっかりと支えててあげるから、おま●こでセックスする時と
 同じ感じで腰を振って、おち●ちんをおっぱいの中に出し入れするの」
【 四郎 】 「わ、わかりました」
   佐和子さんの言葉に頷くと、俺は腰をゆっくりと前後させ、ペニスを乳肉に擦り付けていった。
【 四郎 】 「うあっ、くっ……あぁ、さ、佐和子さんっ!」
   お餅みたいに弾力のある乳肉にペニスを扱かれる感触は、とんでもなく気持ちよく、
 腰を動かし始めた途端に快感が倍増した。
【 佐和子 】 「んふっ、んっ、んっ、いいわ、四郎君。その調子でどんどん腰を速く振って、おち●ちんで
 あたしのおっぱいを味わってみて」
【 四郎 】 「んっ、うっ、うくっ、うっ、あっ、あぁ!」
   佐和子さんに促され、腰の律動を徐々に速め、ペニスをニュプニュプと乳肉に擦り付けていく。
【 佐和子 】 「あぁんっ、あぁ、いいわ、その調子……んっ、もっと激しくしてもいいわよ。
 ただ、おち●ちんが抜けちゃわないように気を付けてね」
   佐和子さんは乳首が常に正面になるように乳房をしっかりと両手で握り締め、出し入れされるペニスを
 乳肉でしっかりと受け止めてくれた。
【 四郎 】 「は、はいっ、気を付けます!」
   ペニスが乳房から抜けないよう細心の注意を払いつつ、腰を大きく振って、
 おっぱいにチンポを擦り付けていく。
   腰を懸命に振ってパイズリならではの快感を貪っていく俺の様子を、
 佐和子さんは乳房を両手で握り締め、上目遣いで見つめてきた。
【 佐和子 】 「んふっ、んっ、あぁ、四郎君、とっても気持ちよさそうな顔して、おっぱいにおち●ちんを擦り付けてる」
【 佐和子 】 「あたしのおっぱいで感じてくれて、とても嬉しい気持ちでいっぱいよ」
   上目遣いで微笑んで見せると、佐和子さんは乳房を左右から押し付け、勃起した乳首を陰茎に
 擦り付けてきてくれた。