【 七菜 】 「あぁん、お、奧に出てる、お兄ちゃんのエッチなお汁が、あふ、子宮口に注がれて……
 あぁ、お腹が熱くなってきちゃってるよぉ」
   子宮で先走りの汁を吸い上げると、それに反応するかのように、膣内がきゅ、きゅっと断続的に収縮し、
 より多くの汁を求めるように大きくうねり始める。
【 四郎 】 「あぁ、もうたまんない! っ、動くぞ、七菜。
 おま●この中にチンポを出し入れして、中をグチュグチュに掻き回してやる!」
【 七菜 】 「うん、動いて、お兄ちゃん! 七菜のおま●こに出し入れして、気持ちよくなっていいよ」
【 四郎 】 「ああ、七菜っ、七菜!」
   七菜の返事を聞き終えると同時に腰の律動を開始する。
   抱き心地満点の腰を両手でしっかりと掴み、豊満なお尻に股間をパンパンと打ちつけて、
 激しくピストンさせて、互いの性器同士をグチュグチュと交わらせていく。
【 七菜 】 「あふぁ、あひぅ、んふっ、んっ、はう、あっ、あんっ、あんっ、あぁん!」
   同時に七菜を少しでも早く絶頂させようと、ただ前後に腰を振るだけでなく、腰をグラインドさせ、
 膣全体にペニスを丹念に擦り付けていく。
【 七菜 】 「あふぁ、んっ、あん、あん、あっ、いい、あひぅ、んっ、いいよぉ、お兄ちゃん! あっあっ、
 おま●こ、気持ち良くて、ふぁ、痺れる、お腹、熱くなってるの!」
【 四郎 】 「いいぞ、もっと感じて! ハァハァ、七菜の可愛い声、もっと聞きたいんだ!」
   七菜の甘い声をもっと聞きたくて、膣奥までペニスを突き入れた状態で腰を回し、
 亀頭を使って子宮口をほぐしていく。
【 七菜 】 「あふぁ、あっ、あん、あん、すごいよぉ、奥、気持ちいい、あん、お腹にずんずんきてる、
 七菜、感じすぎちゃってる」
【 七菜 】 「あん、あん、お兄ちゃんもよくなって! 七菜のおま●こで感じて、気持ちよくなって、
 あっ、あんっ、おち●ちん、もっと、ビュッてしてほしいの!」
   七菜は両手両足をしっかりと踏ん張って抽迭をしっかりと受け止めながら、俺の動きに合わせて腰を回し、
 より結合を深めてくれる。
【 四郎 】 「おっ、うあ、それ、気持ちいい、ハァハァ、チンポ、気持ちいいよ!」
【 七菜 】 「あん、あん、もっと感じて、あっあっ、おち●ちん、気持ち良くなって、はぁはぁ、お、お兄ちゃん!」
   お互いの股間を限界まで密着させ、腰をくねらせて、膣の中だけでなくクリトリスも一緒に刺激していく。
【 七菜 】 「きゃふ、んっ、んふぅう! あっ、はぁあ、お兄ちゃんっ……ああっ、はぁああ!」
【 七菜 】 「はぁはぁ、んふ、すご、あっ、あっ、兄ちゃんとの交尾! すごく感じちゃって……あぁ、濡れちゃう! 
 どんどんエッチなお汁が溢れちゃうよぉ!」
【 四郎 】 「うくっ、あぁ、俺も気持ちいいよ、七菜! はぁ、七菜と交尾するの、最高だって!」
【 七菜 】 「んふっ、んっ、七菜もいい! すっごくいいの! お兄ちゃんに後からされるの好き! 
 交尾されるの好きになっちゃったの!」
【 七菜 】 「あんっ、あんっ、七菜、もっと交尾したい。おち●ちんでっ、おま●こじゅぶじゅぶって掻き回して貰いたいの!」
【 四郎 】 「はぁ、な、七菜っ、んくっ、うっ、うぅっ、な、七菜っ、あく、ううっ!」
   七菜のムチ尻にパンパンッと股間を叩きつけながら、ペニスを大胆にピストン運動させていく。
   尿道口からは濃度の高い先走り汁が漏れ出していて、それを七菜の子宮口へと放出させる。
 膣内にたっぷりと放出させ、ペニスの先端を子宮口にぐいぐいと押しつけていく。
【 七菜 】 「んひぅ、んふっ、あん、当たってる! 子宮をズンズンって押し上げて、揺すぶって……
 あふぁ、んっ、お腹がジンジンしちゃってる!」
   七菜の性感の高まりとともに、膣内がさらに強く脈動し、今まで以上の快感をペニスに与えてくる。
【 四郎 】 「うおっ、くっ、ううっ、な、七菜!」
【 七菜 】 「んふっ、んっ、あっ、あん、あん、お兄ちゃん、もっともっと、して! あぁ、ふぁ、
 おま●こ、おち●ちん、激しく入れたり出したりしてみて!」
【 四郎 】 「うおっ、くっ、うっ、うぅっ!」
   背筋をゾクゾクと快感が駆け上がり、唐突に射精感がこみ上げて、突き入れた腰がブルブルッと大きく震えた。
【 四郎 】 「な、七菜……くっ、あっ、うぐっ!」
【 七菜 】 「んんっ! おち●ちんが膨らんでる! ふぁ、お兄ちゃん、射精しそうになってるの?」
【 四郎 】 「うく、あ、ああ、なってるっ、けど、まだガマンする! 俺は七菜と繋がっていたい!」
   いっそ、このまま七菜の子宮に気持ち良く射精したい! そんな強い気持ち、本能がムクムクとこみ上げてくる。
   しかし、もっと七菜と繋がっていたい、七菜を一緒にイかせてやりたいという気持ちが勝って、
 どうにかギリギリでそれを堪えることが出来た……。