【 高美 】 「あひうっ、んっ、あぁ、入ってきてっ、あふっ、四郎のペニスがおま●こにっ、んふっ、あぅ、んんっ!」
【 四郎 】 「は、はい! 入ってます、高美さんの狭いおま●この入り口をチンポで押し開きながらっ、
 あぁ、き、気持ちいいっ、くっ、ううっ!」
   妊婦である高美さんに出来るだけ負担をかけないよう、俺がベッドの上に座り、その上に高美さんが
 座る格好……。
   背面座位等と言われるの体位で、俺と高美さんの二人は性器同士を無事に結合させることに成功した。
【 高美 】 「あふっ、あぁ、四郎っ、もっと奧まで……んふっ、激しくしなければ大丈夫だから、んっ、
 もう少し奧まで来てくれ……」
   股の上に腰を落とすと、高美さんは両足を左右に広げ、ずぷぷっとペニスを膣奥まで飲み込んでいった。
【 高美 】 「あふぁっ、あっ、あぁ……お、奧に触れてるっ、んふっ、あぁ、久しぶりだ、この感覚……
 んふっ、んっ、あぁ、いい、気持ちいい……」
   先ほどの愛撫ですでに相当濡らしてくれていたのか、高美さんの膣内はヌルヌル状態で、
 極めてスムーズに勃起ペニスを膣穴に飲み込んでいった。
【 四郎 】 「うくっ、はぁ、高美さんっ、俺もっ、うっ、久しぶりでっ、おま●この中っ、メチャクチャ気持ちいいです!」
   以前より二割ほど量感を増した乳房を両手で握り締め、久々のセックス……ペニスとおま●こを
 交わらせる行為に悦び、腰をブルブルと震わせる。
   ペニスも膣内でヒクヒクと脈打ち、先走りの汁をビュッビュッと迸らせた。
【 高美 】 「あふっ、んっ、ビクビクして……もう汁を漏らしてしまってるのか?」
【 四郎 】 「はい、漏れてます。それもかなりの量がっ、高美さんとこんなふうにセックスするの、久しぶりなんで……
 んくっ、あぁ、漏れまくってます!」
   ペニスを膣内に挿入するのは、他の性行為……フェラとかパイズリよりも、頭一つ飛び抜けて気持ちよく、
 快感に背筋がぞくぞくと震えてしまう。
【 高美 】 「あふっ、んっ、あぁ、ビクビクと跳ねて暴れている。わたしの中で四郎のペニスが……」
【 高美 】 「はぁ、気持ちいい。あぁ、濡れる、どんどん濡れてきてしまってるっ」
   高美さんが腰をヒクヒクさせると、じゅわ~っと膣粘膜から愛液がたっぷりと染み出してくるのがわかった。
【 四郎 】 「はぁ、すごい勢いでおま●この中が濡れまくって……んっ、締まり具合も良くて、最高に気持ちいいです、
 高美さんっ」
   おっぱいをこね回すように揉みながら、高美さんのうなじに顔を埋め、舌を這わせていく。
【 高美 】 「あふっ、んふぅ、あぁ、し、四郎ぉっ、あふっ、あぁ、感じてしまってる。胎の中にお前の子を
 宿しているというのにっ」
【 高美 】 「んひぅ、あぁ、お前とまぐわって気持ちよくなってしまってるっ」
【 四郎 】 「お腹の子供は関係ないですって。今は俺と高美さんだけの時間なんです。夫婦の営みの時間って
 言えばいいんですか?」
【 四郎 】 「とにかく俺たち二人だけの時間なんです。俺と高美さんが気持ちよくなれる為だけの時間なんですから、
 子供のことは気にしないで。素直に感じてください」
   うなじに舌を這わせつつ、チンポと同じくビンビンに突起している乳首を摘まみ、シュッシュッと
 扱くように愛撫していく。
【 高美 】 「んふっ、んっ、あっ、あぁ、ち、乳首をそんなふうにっ、扱かれたらっ、んふっ、あぁ、出てしまうっ、
 母乳がっ、あふぁ、あっ、ああっ!?」
   突起した乳首を摘まんでシコシコと扱いてやると、高美さんがビクビクと身体を震わせ、
 乳白色の汁を乳首から迸らせた。
【 四郎 】 「はぁ、出てる。乳首から高美さんの母乳がピュルピュルって勢いよく出て……はぁ、甘い。
 すごく甘い香りがして、たまんないです」
   ロケットみたいな形の乳房を丹念に搾り込み、高美さんの母乳を搾乳していく。
【 高美 】 「あひぅ、あふっ、んんっ、あぁ、母乳が出まくっているっ、四郎の乳房を搾られっ、んふっ、んんっ!」
   乳房の根元から乳首かけて搾り込む度に、乳首から母乳が迸り、高美さんと俺の下半身を、
 濡らすと共に、部屋中が甘いミルクの香りで包まれていった。
【 高美 】 「あふっ、あぁ、四郎ぉ……んっ、乳房ばかり駄目だ。んふっ、んっ、腰も動かして、私とまぐわってくれ……」
【 高美 】 「お前の逞しいペニスでおま●こを擦りあげて、お前も気持ちよくなって欲しいと、そう思ってる。
 私に妻としての役目を果たさせてくれ……」
【 四郎 】 「わかりました。じゃ、控えめに動かして行きますから、お腹、辛かったり、ヤバそうだったらすぐに
 教えてください」
【 高美 】 「んっ、わかった。すぐに教えるから、腰を振って、ペニスをおま●こに擦り付けてくれ。んふっ、んっ、
 あふぁ、あっ、あぁんっ!」
   早く交尾して欲しいとばかりに高美さんが自分から腰を揺すってくる。
【 四郎 】 「はぁ、高美さん……くっ!」
   高美さんが腰を揺すり始めたのを合図に、俺は腰を律動させ、ペニスを膣壁に擦り付けていった。
   母乳で濡れたおっぱいを握り締めながら、膣の入り口から中央のやや奧の方まで、
 ペニスをピストンさせて、膣壁を擦りあげていく。
【 高美 】 「あひぅ、あっ、あっ、あぁんっ、あぁ、い、いいっ、四郎ぉ、んふっ、んっ、んっ、あっ、あぁ、
 ペニスっ、んっ、き、気持ちいい!」
   性器同士を本格的に交わらせると、高美さんは大きな嬌声をあげながら、両足を真っ直ぐに伸ばし、
 バタバタとさせた。
【 四郎 】 「ハァハァ、くっ、俺も気持ちいいです! あぁ、この感触っ、襞々がカリに引っかかる感触っ、
 久しぶりなのもあって、ヤバイくらい気持ちいいです!」>
   あまりの気持ち良さに、自然と腰の動きが速まっていってしまう。
【 高美 】 「あぁ、そんなっ、んっ、あぁ、は、激しいっ、ペニスの先端が私のおま●こをゴシゴシ擦りあげてっ!」
【 高美 】 「あぁ、駄目だっ、あっ、あっ、あっ、そんなに強く擦られたらっ、んふっ、あぁ、イってしまう! 
 んふっ、んっ、あぁん!」
【 四郎 】 「うくっ、あぁ、おま●こ締まりまくってっ、んんっ、あっ、汁がっ、チンポ汁が漏れてっ、
 あぁ、い、いいです! 高美さんっ、高美さんっ!! 」
   母乳を溜めて張っているおっぱいを強く握り締めながら、腰をリズミカルに弾ませ、ズボズボと出し入れを
 繰り返し、膣襞を煙が出る勢いでカリで擦りまくる。
【 高美 】 「あっ、あぁっ、あひぅ、激しいっ、んっ、おま●こっ、熱っ、んふっ、あぁ、ら、らめぇ、
 いぐっ、いぐっ、んひぅううううううう!」
   久しぶりの性器同士の交わりに、高美さんが一気に絶頂へと達し、勃起しまくりの乳首から
 ビュルビュルと母乳を迸らせた。
【 高美 】 「あふぁ、はぁ、あふっ、んっ、あぁ、母乳がっ、あんっ、溢れてしまっているっ、んふぁ、
 あひぅ、あっ、あぁっ」
   乳首からシャワーのように噴出した母乳は、高美さんのボテ腹、左右の太股へと降り注いでいった。