【 明日香 】 「し、四郎、まさか、ホントに玲子の中に入れちゃったのか?」
【 四郎 】 「は、はい……明日香さん。俺、どうしても我慢できなくて……うくっ!?」
   明日香さんへの罪悪感を強く感じるが、ペニスから伝わってくる快感がすぐに俺の頭を蕩かせる。
   高天玲子という極上の牝に挿入した悦びに、ペニスをビクビクッと脈打ち、腰が勝手に動き始めてしまう。
【 玲子 】 「……っ、んっ、んふ、んっ、んっ、うっ、んっ、んぅ!」
   あぁ、ヤバイ、気持ちいい! 先輩のおま●こ、めちゃくちゃ気持ちいい!
   明日香さんのおま●こも最高だけど、先輩のおま●こは、明日香さんのとはまた別の感覚がして、
 これはこれでたまらないものがある。
【 四郎 】 「んくっ、んっ、んっ……」
   美尻をしっかりと両手で握り締め身体を固定しつつ、まだ男性器に馴染んでいない膣ヒダを、
 すりこぎみたいにズリズリとペニスで擦りあげていく。
【 玲子 】 「んくっ、んっ、あぁ、弟君のおち●ちんが、中で暴れて、んっ、んぅ、んひぅ、んっ、んんっ」
【 四郎 】 「せ、先輩っ、俺、興奮しまくってて、加減が……うっ、ううっ!」
【 玲子 】 「んふっ、んっ、大丈夫よ。痛いのはたしかだけど、んっ、私も興奮してるせいか、それほど辛いわけじゃないの」
【 玲子 】 「だから、動いて。弟君のことを、あたしの身体で感じさせてほしいの」
【 四郎 】 「わ、わかりました。そのかわり、辛かったらすぐに言って……くっ、俺も、出来るだけ辛くないように
 気を付けますから」
   振り返って微笑んでくれた先輩の言葉に、少しだけ自分のペースを取り戻し、小刻みなテンポで
 先輩の膣内を擦っていく。
【 玲子 】 「あふっ、あっ、あっ、んふっ、んっ、あっ、あっ、あぁっ」
【 明日香 】 「嘘だろ、ホントに玲子とセックスしちゃってるのか? あたしという女がいるのに、そんなに簡単に
 玲子に手を出すなんて……」
【 玲子 】 「んふっ、んっ、待てって。落ち着いて、姉さん。これは、私が無理にお願いしたことなんだから。
 んっ、んぁん! ……お、弟君を責めないであげて」
【 明日香 】 「だからって、こんな……」
【 玲子 】 「私は弟君を姉さんから奪ったりなんてしないわ。だから、今だけ、今だけ弟君を私に貸して……ううん、わけて」
【 玲子 】 「私っ、んふっ、あっ、姉さんのこと、羨ましかった。んっ、家から出て、自由に生きてっ、
 あふっ、それで弟君みたいな素敵な男の子と付き合い始めてっ」
【 玲子 】 「私はっ、あふっ、んっ、あの家でずっと……見合いの相手の話とかいやなのに……だから、姉さんの事が
 羨ましかったの」
【 明日香 】 「玲子、お前……」
【 四郎 】 「っ……」
   二人のやり取りに間に入ることができない。
 明日香さんへの罪悪感はあるものの、いまさら謝罪の言葉をかけたところで言い訳になるわけもない。
   せめて、少しでも先輩の初めての辛さを、和らげてあげたい。
 そんな気持ちを抱いた俺は、腰を振りながら、両手で出来るだけ優しく撫でさすってあげた。
【 玲子 】 「あぁん、あぁ、弟君の手、とっても優しい……」
【 玲子 】 「すごく大きくて、温かい。んっ、んっ、そうやってお尻を撫でてくれるだけで、とても安心できるわ」
   明日香さんとする時みたいにガンガンと腰を振りたいのを懸命に堪えつつ、尻肉を丹念に愛撫、
 揉みほぐし、膣の中をじっくりと馴染ませるように擦っていく。
【 玲子 】 「あぁ、なんだか痛みが薄れてきてる。弟君のおち●ちんの形がわかるようになってきてる。
 んふっ、んっ、あふっ、あっ、あぁん」
   玲子さんの声が甘くなるにつれて、ひきつっていた感じの膣の感触が変わってくる。
 ネバついた愛液が染み出してペニスに絡みつき、ひきつりとは違う膣の脈動が感じられるようになってきた。
【 玲子 】 「んっ、んっ、んっ、あぁ、あっ、あは……んっ、んふ……っ……はぁ、んっ、んっ!」
【 四郎 】 「うくっ、先輩のおま●こ、すごく気持ちいい……っ……うぅ……」
【 玲子 】 「ふふ、よかった。んふっ、んっ、弟君のおち●ちんも、とっても素敵よ」
【 玲子 】 「すごく熱くて、お腹の中をしっかり埋めてくれてる。弟君らしい、たくましさを感じるわ」
【 玲子 】 「あふっ、あんっ、姉さんは毎日、こんなおち●ちんで愛してもらってるのね。羨ましい、本当に……んっ、
 あっ、妬けてきちゃうくらい羨ましい……」
【 明日香 】 「言っておくけど、四郎はあたしの男だからな。たとえ相手が玲子でも、それだけは絶対に譲れない……」
   それまで拗ねたように黙っていた明日香さんが、ぼそりと呟く。
【 四郎 】 「明日香さん……」
   思わず腰の動きを止めて、明日香さんを見る。
【 玲子 】 「んっ……よくわかってるわ、姉さん。私のわがままを聞いてくれて、ありがとう。
 羨ましいけど、私、姉さんのこと、好きよ」
【 明日香 】 「あたしはレズじゃない。まったく、この寝取り女め」
【 明日香 】 「四郎も四郎だ。あとで話があるから、覚えておけよな」
【 四郎 】 「うっ!? りょ、了解です……」
【 明日香 】 「でも、その前に……玲子のこと、良くしてやってくれよ。
 最初なんだから、少しでもいい思い出になった方がいいだろ……」