【 和也 】「ううっ、真奈美さん……そんなに奥に吸い込まないで……そんなにされると俺ゆっくり出来ないって」
【 真奈美 】「んっ……そんな……わ、私は……吸い込んでな……ひゃんっ!」
ひときわ大きく腰を突くと、何かコリっとしたものが先端に当たった。
【 和也 】「っ!?」
えっ、なんだ今の感触は?
【 真奈美 】「んっ、ああ、か、和くん……どうしたの?」
俺が動かないことを変に思ったのか、真奈美さんが心配そうな顔で俺を見た。
【 和也 】「あ、いや……その今奥でなんか変な感触がしたから」
【 真奈美 】「……奥? あっ……そ、それは……たぶん私の……子宮よ」
【 和也 】「えっ、子宮?」
そ、そうか。子宮って、ああいう感触なのか。
始めて知った……ていうか膣内の感触も今日が初めてなんだけど。
気持ちいいってわけじゃないけど、なんか妙に気になるっていうか……とにかくやみつきになりそうな感触だった。
【 和也 】「あのさ、真奈美さん……その、さっきみたいにまた奥にしてみていいかな?」
【 真奈美 】「えっ?」
【 和也 】「そのさっきは一瞬だったから……もう一度ちゃんと知っておきたいんだ」
【 真奈美 】「くすっ、いいわ。ちょっと待ってて……んっ……ほら、こうすれば……もっと奥にいけるわ」
真奈美さんは今まで以上に足を大きく左右に広げると、くいっと腰を浮かしペニスをより深く飲み込んでくれた。
【 和也 】「うああっ……」
軟骨のようにクニクニとした感触が、ペニスの先端に伝わってくる。
射精をねだるようにちゅっちゅっと俺の先端に何度も口づけてくる。
その膣内とはまた違った甘美な感触に俺は思わず情けない声を上げてしまった。
【 真奈美 】「んぁ……か、和くんのが奥に……当たってる……」
【 和也 】「くっ、これが真奈美さんの子宮の感触なんだ」
【 真奈美 】「え、ええ、そうよ。ここで赤ちゃんを作るの。んっ……わかる? 今、和くんがここで射精してくれれば……和くんの赤ちゃんが出来るの」
【 和也 】「ここで射精すれば……」
真奈美さんの魅惑的な言葉に、不思議と頭がクラクラした。
【 真奈美 】「んっ……ねぇ、和くん……和くんさえよければ……私はいつでもいいのよ? ここで射精してくれても……」
【 和也 】「うくっ、そ、そんなこと言われたら……お、俺……我慢が……」
真奈美さんの言葉に男の本能が刺激され、腰が勝手に動き始めた。
【 真奈美 】「んっ……我慢なんてしなくていい……のよ。私……もう痛くないから……和くん……の……んっ……好きなように動いて……いいの」
【 和也 】「くっ、真奈美さん!!」
爪が食い込むほど真奈美さんの手をきつく握ると、俺はがむしゃらに真奈美さんの腰めがけて、自分の腰を叩きつけた。
お互いの腰がぶつかり合うたびに、びしゃびしゃと愛液と先走りの液が混じったものが周囲に飛び散った。
【 真奈美 】「あっ、あっ、あんっ……んくっ……いつっ……んっ、んっ、あんっあぁんっ!」
少しずつ真奈美さんの声に甘いものが混じり始めてきた。
【 和也 】「真奈美さん、もしかして……気持ちいい?」
【 真奈美 】「あんっ、あんっ……んっ……ええ、いいわ。まだ少し痛いけど……和くんのが……中で暴れるたびにお腹の奥がじんじんして……あんっ、気持ちいいの!」
【 真奈美 】「はんっ……んんっ……か、和くんは? 和くんは……んっ、私の中……気持ちいい?」
【 和也 】「ああ、いいなんてもんじゃないよ。真奈美さんの中すごく気持ちよすぎて、頭がおかしくなりそうだよ」
カリの部分を使って、温かな肉襞に擦りつけるように素早く動く。
熱い肉襞がペニスにまとわりつき扱き上げる。さらにその奥……子宮の入り口にたどり着くと、射精はまだかとばかりにコリっとした子宮口が俺の先端に吸い付いてきた。
その目も眩むような快感に、俺の意志とは別に腰がブルブルと震え始めた。
【 和也 】「ああ、真奈美さん、俺……もう!」
限界が近いことを真奈美さんに伝える。
【 真奈美 】「はぁはぁ……もう出るの?」
【 和也 】「ああ、たぶん、あと少し動いただけで……くっ」
【 真奈美 】「んっはぁ……いいわ、和くん。いって……そのまま……私の中でいって……いいのよ」
【 和也 】「でも、中は……」
膣内での射精を望む真奈美さんに、俺は腰の動きを止めた。
【 真奈美 】「はぁはぁはぁ……い、いいの。だって初めてなんですもの。最後までちゃんと……んっ、私……和くんを感じていたい」
【 和也 】「わ、わかった! 俺っ、このままイク。このまま真奈美さんの膣内に射精するよ!」
膣内で射精する覚悟を決めた俺は、ラストスパートとばかりに激しく腰を前後に動かした。