【 真奈美 】「うふふ、こんなにおっきくして、すごく元気なのね。待っていて、すぐに楽にしてあげるから……」
俺の上に覆い被さるように身体を預けると、真奈美さんは勃起したペニスをその豊かな乳房の間に挟み込んだ。
【 和也 】「どわっ!? ちょ、ちょっと真奈美さん!?」
【 真奈美 】「あんっ、動いたらだめ……今日は私に任せて、ね?」
【 和也 】「で、でも……どうして急にこんなこと……」
【 真奈美 】「和くんが私のおっぱい……好きだって言ってくれたから……」
【 真奈美 】「だからこうすれば……和くん、悦んでくれるかなって……もしかして、嫌だった?」
【 和也 】「そ、そんなことないよ。真奈美さんのおっぱい……すごく柔らかくて温かくて……最高に気持ちいいよ」
【 真奈美 】「そう、よかった。うふふ、ならもっと気持ちよくしてあげるわね」
嬉しそうにはにかむと、真奈美さんはゆっくりと乳房を上下に揺すり始めた。
張りのある乳房にペニスが擦られる。
【 和也 】「はぅあっ……」
膣内とは全然違った未知の快感に思わず情けない声を出してしまった。
【 真奈美 】「んっ……和くん……気持ちいいの?」
【 和也 】「あ、ああ。真奈美さんのおっぱい……すげえ気持ちいいよ」
【 真奈美 】「うふふ、よかった……ならもっとしてあげるわね」
ぐいっと下から乳房を持ち上げるようにして、コシコシとペニスを扱く。
【 和也 】「くっ、真奈美さんっ」
【 真奈美 】「んっ、んっ……ふっ、あ……ん、ん……」
ギュッと柔肉を左右から押しつけるようにして、真奈美さんが積極的に動く。
【 真奈美 】「んっ……あふっ……んっんっんっ……どう、和くん……気持ちいい?」
【 和也 】「いい、真奈美さんのおっぱい……温かくて……中に入れてるみたいだ」
【 真奈美 】「うふふ、よかった……んっ、続けるわね。んっんっ……」
真奈美さんの熱い吐息が先端にかかり気持ちいい。
【 和也 】「ううぁ……」
射精に感覚に腰の奥が疼き、鈴口から濃いめの先走りが溢れ始めた。
【 真奈美 】「あっ、和くんの先から……お汁がたくさん……んっ、んっ、嬉しい……感じてくれてるのね」
【 和也 】「ああ、真奈美さんのおっぱいいい! めちゃくちゃ気持ちいいよ!」
快感にビクビクとペニスが震え、さらに大量の先走りが滲み出てくる。
【 真奈美 】「うふふ、和くんは私のおっぱい……ホントに好きなのね」
【 和也 】「ああ、好きだ。俺、真奈美さんのおっぱい大好きだよ、だからもっと、もっと動かして!」
【 真奈美 】「ええ、いいわ。和くんの大好きなこのおっぱいでたくさん気持ちよくしてあげる……んっ、んれろっ……れる……」
真奈美さんが舌を突き出すようにして先端を舐め上げる。
【 和也 】「うくあっっ!?」
先端から舐められた瞬間、背筋に電気が走り、鈴口からさらに濃い精子混じりの先走り液が溢れる。
【 真奈美 】「ああ、和くんの……どんどん溢れてくる」
溢れる先走りをキャンディを舐めるように舐め取っていく。
【 真奈美 】「んちゅ……んれろ……れるっ……んっ……」
【 和也 】「ああ、いい……真奈美さん、それすげえ気持ちいいよ」
【 真奈美 】「んっ……和くんのお汁……すごく美味しい……わ。あむっ……んっ、んちゅっ……ちゅるる……ちゅうぅ」
真奈美さんは先端を口に含むと、ちゅうちゅうと先走りを吸い始めた。
【 和也 】「うぐあっ!?」
尿道をダイレクトに吸われる感覚に、俺は腰を大きく仰け反らした。
【 真奈美 】「ふぐっ……んっ、んっ、んちゅ……ちゅるるる……」
【 和也 】「うう、真奈美さん、そんなに強く吸われたら……俺、ああ!?」
目が眩むような快感が背筋を走り抜け、ぴくぴくとペニスが震え始めた。
【 真奈美 】「んっんっんちゅ……ちゅるっ……んっ、すごくビクビクしてる。和くん、もしかして射精……近い?」
【 和也 】「あと少しで……俺……イク、いっちまう!」
【 真奈美 】「んっ、いいわ、出して……私のおっぱいでいっぱい感じて……気持ちよくなって……はむっ……んっんんっ……んちゅ……」
俺の射精が近いことを悟った真奈美さんは、今まで以上に激しく乳房を上下に揺すり始めた。
【 和也 】「あぁう!?」
両側から強く押さえつけてくれることで、今まで以上に強い刺激がペニスを襲ってきた。
【 真奈美 】「んっ、んっ、ふうっ……」
【 和也 】「あっ、ああ、真奈美さん、俺そろそろ……」
【 真奈美 】「んっ、んっ……出るの?」
【 和也 】「あ、ああ……もうすぐ……くっ、このまま……出していい?」
【 真奈美 】「んっ……ええ、もちろんよ。このまま出して……私、見たい……和くんの射精……するとこ見たいの……あむっ、んむっ……んちゅ、ちゅっ……」
今まで以上に深くペニスをくわえ込み、ゆさゆさと乳房を上下に揺する。
【 和也 】「うう、真奈美さん……俺、俺……ハァハァ……くっ!?」
陰嚢から大量の精液が茎に流れ込み、鈴口がぱっくりと口を開けた。
【 真奈美 】「んあっ、ああ、和くんのがすごく大きく……んっ、出るのね?」
【 和也 】「うう……」
【 真奈美 】「んっ、んっ……いいの、我慢しないで……いって……いいのよ」
シュッシュッと左右の乳房を交互に上下させる。
【 和也 】「くっ!!」
もうダメだ、出る!?
股間の奥のむず痒さが爆発し、ペニスが大きく膨れあがった。