【 和也 】「うん、これだけ濡れてれば、問題なく入るな」
真奈美さんのお尻を掴み、ペニスの先で割れ目を擦る。
【 真奈美 】「あん、和くん……じらさないで……早く入れて」
【 和也 】「入れるって、何を入れて欲しいんだ?」
【 真奈美 】「ああ、それは……」
【 和也 】「言えないなら、もうやめにする?」
【 真奈美 】「あ、いやだ。やめないで……おち●……ちん」
【 和也 】「え? なにもっとハッキリ言ってくれないと聞こえないよ?」
【 真奈美 】「おち●ちん……和くんの大きくて堅いおち●ちんを……私のお●んこの中に入れて」
【 真奈美 】「お願い、意地悪しないで……和くんのおち●ちん中に欲しいの。中で擦ってもらって……気持ちよくなりたいの、だから、ね?」
真奈美さんは卑猥な言葉を連発すると、おねだりするようにお尻をフリフリと振った。
【 和也 】「わかった。今すぐに入れてあげるよ!」
秘唇から溢れ出る愛液をペニスに十分にまぶすと、俺は腰を前に突き出し堅くて熱いペニスを真奈美さんのお●んこの中に突き立てた。
【 真奈美 】「あはっ、あっ、あぁ……和くんのが……中に……入ってきて……んあぁーっ!」
ずぶずぶと音を立てながら、ペニスが膣内に入っていく。
ゆっくりと腰を前に進めていくと、真奈美さんのお尻の肉と俺の腰がぶつかりペニスが完全に膣内に埋没した。
先端が真奈美さんの奥に届き、子宮の入り口を圧迫する。
【 真奈美 】「んっ、ああ、和くんのおち●ちんが……奥に届いて……あん、奥擦って……」
【 真奈美 】「ああ、いい……おち●ちん、入れられただけで……こんなに気持ちいいなんて……私……すごくエッチだわ」
【 和也 】「大丈夫だよ、俺もすげえエッチだからさ。二人仲良くもっとエッチになろうよ」
【 真奈美 】「んっ……私もなりたい。和くんと一緒にぃ……エッチになりたいの……」
【 和也 】「ハァハァ……なら動かすよ」
真奈美さんの腰を掴むと、俺はゆっくりと腰を前後に動かし始めた。
カリで肉襞を擦りながら、熱い肉壺の中を出入りする。
【 和也 】「ああ、真奈美さんの肉襞が俺のに絡みついて……すげえ気持ちいいよ」
【 真奈美 】「あんっ、あっ、んあぁっ……か、和くんのも太くて……すごく長くて……すごく気持ちいいの」
【 真奈美 】「ああ、感じる……和くんのおち●ちんで……私、感じちゃうの」
【 和也 】「ああ、真奈美さん!」
いつものように真奈美さんの背中に覆い被さると、俺はたぷんたぷんと揺れる胸を手のひらで握りしめた。
胸にしがみつくようにして、強く腰を振る。
【 和也 】「ああ、いい。真奈美さんのおっぱい柔らかくて最高だ!」
腰の動きをゆるめ、いつものように搾るようにおっぱいを揉む。
乳房の付け根から乳首までぎゅうっと何度も何度も搾る。
【 真奈美 】「あぁん、やっ、だめよ、和くん……そんなに強くしたら……おっぱい……痛くなっちゃうわ」
【 和也 】「でも真奈美さんのここは、もっとして欲しいって言ってるけど?」
そういいながら、痛いほど張りつめた乳首を指で摘んだ。
【 真奈美 】「あひあ!?」
引っ張ったり回してみたり、思いの限り乳首を弄ぶ。
【 真奈美 】「はぁん、ああ、和くん……だめぇ、そんなに乳首いじめないで……そんなにされたら……私、ふあぁ!?」
真奈美さんがクッと軽く背中を反らした瞬間、膣内が猛烈な勢いで締まり、射精を促してきた。
【 和也 】「うくっ、真奈美さん……そんなにきつく締め付けないで……俺出ちゃうよ」
急激に腰の奥に生まれた射精感に、俺は思わず腰を止めてしまった。
【 和也 】「ハァハァ……」
おっぱいをたぽたぽと揉みしだきながら、射精感が通り過ぎるのを待つ。
【 真奈美 】「んっ、和くん……我慢しないで……出していいのよ」
真奈美さんがゆらゆらと腰を揺らし射精を促す。
【 和也 】「くっ、真奈美さんそんなふうにされたら俺……マジで……くぅ」
先ほどと立場が逆転し、今度は俺が真奈美さんに責められる番だった。
【 真奈美 】「あんっ、いいのよ、我慢しないで……和くんは出したいときに出していいのよ?」
【 和也 】「うう、真奈美さん……そんなこと言われたら……俺っ!」
真奈美さんの優しい言葉と、ペニスを吸い上げるような膣内の締め付けに不意に限界が切れた。
【 和也 】「くっ!?」
陰嚢から精液が尿道に流れ込み、ペニスが大きく膨らむ。
【 真奈美 】「はぁん、和くんのおち●ちんが中で膨らんで……ああ、和くん射精するのね?」
【 和也 】「くっ、もう……ダメだ。俺、すぐに……うぅ」
【 真奈美 】「んっ、いいわ……出して。我慢なんてしなくていいから、そのまま私の中に……射精して! 濃いのたくさんお腹の中に欲しいの!」
【 和也 】「うぅ……」
真奈美さんの刺激的な言葉に、一気に限界を迎えた。