【 まどか 】「ふあああ! ああ、ご、ご主人様のが……んくっ、私のお●んこ……いっぱいに広げて……あんっ、中に入ってきます!」
まどかは俺の腹に手を着くと、根本まで一気に膣内に飲み込んでいった。
【 まどか 】「はぁはぁ……んふっ、ご主人様の……全部……入りました。どうですか? 私の中、気持ち……いいですか?」
【 和也 】「ああ、すごくいい……いつ何回入れても……まどかのお●んこは最高だよ」
【 まどか 】「うふっ、よかった。んっ……それでは……動きますね」
にっこりと笑うと、まどかはゆっくりと腰を上下に揺すり始めた。
【 まどか 】「んっ……あふぁ……んんっ!」
【 和也 】「うはっ、まどかの中……すごくいい……気持ちいいぞ」
【 まどか 】「んっ……あはっ、あっ……あんっ、ふぁ、わ、私も……あんっ、私も気持ち……いいです」
【 まどか 】「ああ、ご主人様の……カリが……私の……ひだひだを擦って……ああ、だめ……私が気持ちよくなっちゃ……ダメなのに……あぁん!」
ペニスの先端を奥底に擦りつけながら、腰を回すように動き始める。
【 まどか 】「ふあっ……ああっ、あん……はああ……ご主人様、ご主人様!」
俺の名を叫びながら、身体を浮かせて何度も腰を激しく振る。
【 和也 】「うあ、まどか……気持ちいい……」
【 まどか 】「んあっ、もっと……あんっ……感じて……わたしのお●んこ……たくさん感じて……気持ちよくなってください!」
そう言いながら、まどかが激しく腰を揺する。
【 まどか 】「あはんっ、あんっ、あっ、ああっ……あ、はぁんっ……」
まどかの動きがだんだんと激しくなっていく。
何度も腰が浮き上がり、その度に膣の奥……子宮口にペニスの先端が当たった。
【 まどか 】「あはっ、あんっ、いいっ……ご主人様のが……奥に……あんっ、当たって……ああ、いい! 奥……擦られるのすごく気持ちいいです!」
上半身を仰け反らしながら、まどかが叫ぶように声をあげる。
【 和也 】「ああ、まどか……おっぱい、おっぱいも見せてくれ!」
俺は目の前で揺れる乳房に手をかけると、破くような勢いで胸元を広げた。
【 まどか 】「やんっ!」
ブツブツっとボタンが取れ、服が左右に広がった刹那、ぷるるんと形の良い乳房が弾むように飛び出してきた。
俺はすかさず乳房を鷲掴みにすると、腰の動きに合わせてもみもみと揉みしだいた。
【 まどか 】「あんっ、ご、ご主人様が……んっ、私の胸を……あはぁんっ!」
まどかが喘ぎおとがいを反らした瞬間、キュッと膣内が締まった。
肉襞がざわざわと蠢き、茎を上下に擦り上げる。
その奥に吸い込まれるような感触に、俺の意志とは関係なく精子混じりの先走りが溢れ出してしまう。
いつもと同じ。まどかと初めて交わった時から毎日のように感じている感触。
まどかに精を求められていると実感できる瞬間だった。
【 和也 】「うあっ、うう……まどか、ダメだ……そんなに締め付けないでくれ」
あまりに激しい吸引に、腰の奥で何かが疼き始めた。
射精の瞬間が近い。そう悟った俺はまどかの足首を掴み、自らも腰を振り始めた。
【 まどか 】「あはっ、あんっ……あっ、だ、ダメです、ご主人様……そんな……ご主人様は動かなくて……あんっ、あぁんっ!」
【 和也 】「ハッハッハッハッ……いいんだ、俺だけじゃなくて、まどかも気持ちよくなって……一緒に良くなろう」
【 まどか 】「あっ、あんっ……ああ、一緒……一緒に……よくなっても……いいんですか?」
【 和也 】「ああ、もちろんさ。一緒に……くっ、いこう!」
【 まどか 】「は、はい! 私も一緒に……ご主人様と一緒にイキたいです!」
【 和也 】「くあっ、まどかぁ!」
まどかの足首を強く握りしめながら、射精を目指して激しく腰を振る。
【 まどか 】「あっ、あっ、はんっ、あんっ……ああ、強い! ああ、ダメです……そんなに強くされたら……私……あはんっ」
【 まどか 】「ご、ご主人様……射精はまだ……んっ、ですか?」
【 和也 】「うう、もう少し……あと少し擦れば……いけそうだ!」
【 まどか 】「ああ、早く……あんっ、早くして……ください。じゃないと……私、私ぃ!」
互いの性器を打ち付け、夢中になって擦り合う。
結合部からまどかの愛液と、俺の先走りの混ざった液体が泡立ちながら溢れ出してきた。
【 和也 】「くうう、まどか……もうすぐ……」
射精の感覚が限界まで近づき、ぷくっとペニスがまどかの膣内で大きく膨らんだ。
【 まどか 】「あんっ、ご、ご主人様のが中で膨らんで……出るんですね! いいですよ?」
【 まどか 】「出して……中でも外でもご主人様が望む場所で……あん、お出しください!」
【 和也 】「うう……」