【 真奈美 】「んあぁ、和くんのおっきい……それにすごく熱いわ」
【 和也 】「うぅ、真奈美さんの中もすっげえ熱いよ。それに締め付けもすごくて……うう、もう出ちゃいそうだよ」
【 真奈美 】「んっ、いいわよ、和くんが好きな時に出して……出したくなったら我慢しないで……出していいの」
【 真奈美 】「あんっ、んふっ……中でも外でも……いいの。んっ、私……全部受け止めてあげるから……だから我慢しなくて……いいのよ?」
【 和也 】「ハァハァ……くっ、真奈美さん……俺、すげえ嬉しいよ」
【 和也 】「でも俺、真奈美さんにも気持ちよくなって欲しいから……もうちょい我慢するよ。それに……」
真奈美さんの胸に手を回し握りしめると、俺はそれを支点に腰を突き上げ始めた。
【 真奈美 】「あんっ、んっ……ああっ……ふぁあ……ん……」
【 和也 】「ハッハッ……イクなら……んっ、一緒の方が……くっ、いいだろ?」
【 真奈美 】「んあぁ、んっ……うん、いい……私も……和くんと一緒が……あんっ、いいのぉ……」
【 和也 】「なら一緒に……一緒に気持ちよくなって……そして一緒にいこう」
【 真奈美 】「んっ、んあっ、ええ、一緒っ……一緒にいきましょう!」
【 和也 】「ああ、真奈美さん、真奈美さん!」
豊かな乳房を荒々しく揉みながら、がむしゃらに腰を突き上げる。
柔らかなおっぱいが手のひらの中で踊り、ぽよんぽよんとリズミカルに弾む。
【 真奈美 】「あっ、あんっ、あんっ……んあぁ」
ペニスが割れ目に出たり入ったりするたびに、結合部から白濁とした濃い愛液が噴き出し、真奈美さんの太ももをベッタリと濡らしていく。
【 真奈美 】「ひぁ、あっ、あぁんっ、あふぁ、あっああっ……」
【 和也 】「くうっ、真奈美さんの中……なんかいつもと違う感じがして……なんだろ、すげえ気持ちいいよ」
【 真奈美 】「ひう、わ、私も! あんっ、いつもと違う場所……擦れて……すごくいい! 気持ちいいの!」
【 和也 】「ハッハッハッ……ならもっと俺が……よくしてあげるよ」
俺は左手を乳房から離すと、結合部に手を伸ばし、堅く勃起したクリトリスを指先で擦るように刺激した。
割れ目から溢れる俺たちの体液を指に絡め、クリクリと何度も指先で刺激する。
【 真奈美 】「あはぁ、ああん、か、かじゅ……はぁん、あんっ、そこっ、らめえ……あはぁん」
クリトリスに刺激を与えるたびに、真奈美さんの膣内がキュッと締まりペニスをきつく締め付けてきた。
【 和也 】「うう、真奈美さんの中、締まって……くっ、すげえいいよ」
堅くなった乳首をギュッと抓りながら激しく腰を動かす。
先端が子宮の入り口にコツコツ当たり、膣内でペニスが不規則に歪む。
【 真奈美 】「ひぅあ、あぁん、はぁんっ、ああ、和くん……ああっ、いい! おっぱいもあそこも……みんな……和くんに……いじられて……」
【 真奈美 】「ああ、和くん、だめっ、私……あふぁ、これ以上されたら……あはっ、あぁん!」
子宮の入り口、クリトリス、そして乳首。3つの気持ちよくなれる場所をほぼ同時に刺激された真奈美さんが一気に限界に近づいた。
【 和也 】「ハァハァ……イクの? 真奈美さん……イクのか?」
【 真奈美 】「ああ、うん、いきそう……私……あふぁ、和くんは? んっ、和くんは……まだなの?」
【 和也 】「ぐぅ、もう少し……あと少しだけ中で擦らせて」
【 真奈美 】「あっ、あっ、んっ……いいわ、早く擦って……早く、早くぅ!」
おねだりするように真奈美さんが腰を揺すり、膣内のペニスを扱く。
【 和也 】「ああ、真奈美さん! 真奈美さん!」
押さえていたものを外し、がむしゃらに腰を揺する。
摩擦で火が起きるんじゃないかと思うほど、激しく内壁を擦りあげていく。
【 真奈美 】「あひっ、あっ、ああ、か、和くん……私もう、うひぁ、あ、あっ、だめっ、イク……いっく……あっ、ああ、ふああぁぁぁあーーー!!」
真奈美さんが絶頂を迎え、ビクッと腰が跳ね上がった。瞬間、膣内が精液を搾り取る感じにギュッと窄んだ。
【 和也 】「うあっ!?」
尿道を吸われるようなその感覚に、目の前が真っ白になり股間の疼きが爆発した。