【 七菜 】 「あふんっ、あぁ、入ったよ、お兄ちゃん。おち●ちん、根元まで七菜のおま●この中に入って、んっ、一番奥に当たってるのっ」
  ペニスを根元まで挿入すると、七菜は両腕を俺の胸板に置き、前屈みの姿勢を取りつつ股間同士を密着させてきた。
【 四郎 】 「ああ、よくわかる。七菜の子宮の入り口のコリコリした感触、たまらなく気持ちいいんだ」
  フル勃起したペニスの先端が七菜の子宮口を押し上げるように密着し、コリコリとした感触がモロに伝わってくる。
【 四郎 】 「ふぅ、チ●ポの先っぽが七菜の子宮口に触れて、このコリコリっとした感触、病み付きになってる」
  もっと強い性感を得ようと腰を軽く突きだし、七菜の子宮口を亀頭でグリグリと擦りあげていく。
【 七菜 】 「んふっ、あっ、あっ、あんっ、あぁんっ、んひぅ、あぁ、お兄ちゃん、そこ凄っ、はふっ、ひぅ、んふっ、んっ、んっ、んんっ!」
  俺の方からも子宮口を刺激してやると、七菜は悦びに満ちた顔を浮かべながら、蕩けた表情を浮かべた。
【 七菜 】 「あはんっ、あんっ、んひぅ、んふっ、んっ、あひぅ、んっ、あんっ、いいよぉ、お兄ちゃんっ、おち●ちんで擦って貰うのすっごくいい!」
  七菜が大きな嬌声をあげ、自ら腰を上下させて膣襞を絡みつかせてくる。
七菜は仰向けで横になっている俺の股間の上で股を大きく開き、あんあんと嬌声をあげながら腰を左右にくねらせてくる。
【 四郎 】 「はぁ、気持ちいい感じが増してきてっ、んっ、最高だよ、七菜のおま●こ、七菜と交尾っ」
  ベッドの上で両腕を大の字に広げ、七菜が与えてくれる快感に身を委ねていく。
【 七菜 】 「んひぅ、あふっ、あっ、あふぁ、んふっ、だ、だめ、どんどん腰が激しく動いてきちゃってっ、んふぁ、あんっ、あんっ、あんっ!」
  しばらくの間、膣奥で念入りに性器同士を交わらせた後、七菜は自ら腰を少し浮かせ気味にして、より積極的に腰を上下に振って本格的に交尾を始めてきた。
【 七菜 】 「はふっ、んふっ、あひぅ、あっ、あっ、んふぁ、あんっ、あっ、あんっ、あぁんっ」
  七菜は仰向けで横になっている俺の股間の上で、股を大きく開き、あんあんと嬌声をあげながら腰を上下に弾ませていく。
腰の動きが大胆になるのに合わせ、前屈みの姿勢を取ることによって、すぐ目の前で垂れ下がった立派すぎるおっぱいがタポタポと前後に揺れる。
【 四郎 】 「うくっ……」
  ぬぷぬぷと秘唇の中に出たり入ったりするペニスの様子、そしてすぐ目の前でブルンブルンと弾みまくる巨乳に興奮しまくりで、先走りの汁が漏れまくっていく。
【 七菜 】 「あふぁ、んっ、お兄ちゃんのおち●ちんがビクビクして、中でお汁を漏らしてくれてるんだね。んふ、んっ、んんっ、七菜のおま●こ、気持ちいい?」
【 四郎 】 「ああ、気持ちいい! 最高に気持ちいいよ!」
  大きな声でそう答えながら、ベッドの上で両腕を大の字に広げ、シーツを握り締めながら、七菜が与えてくれるセックスにより快感に身を委ねていく。