【 七菜 】 「はふっ、んふっ、あっ、あっ、んふっ、んっ、あぁ、いいよ、お兄ちゃん。んっ、んっ、もっと早くっ、あっ、おち●ちん出したり入れたりして」
【 四郎 】 「そうしたいけど、全力で行くと子宮口を刺激しちゃうからな」
  愛液でぬめり、吸い付くような膣襞にペニス全体を擦り付けた後、腰を揺する感じでプリプリと弾力に満ちた瑞々しい膣襞をカリ首で擦りあげる。
【 七菜 】 「あひっ、あっ、あっ、あっ、そ、それっ、んふっ、んっ、すごっ、あふっ、あっ、あっ、あふっ、あへぁ、あっ、あっ、あっ、あっ!」
  高速ピストンで襞肉をカリ部分で擦りあげられ、七菜が口を開き、舌をだらしなく出し、あんあんと蕩けきった表情で喘ぎまくる。
【 七菜 】 「んふっ、んっ、あぁ、お兄ちゃんっ、ダメっ、気持ち良すぎてっ、んっ、おっぱいっ、出ちゃうよっ、あふっ、んんっ」
  上半身を身動ぎさせると、ミルクタンクと化したおっぱいの先端、突起乳首からピュッピュッと母乳が迸った。
そうでなくても母性たっぷりで甘い香りを漂わせていた七菜のおっぱいから、より強い甘い……母乳の香りが漂い、性欲ならびに食欲を刺激してくる。
【 四郎 】 「左右の乳首からたくさん甘い母乳が出まくりだ」
  太股を抱きかかえていた右手で七菜の右乳房をムニュッと握り締め、母乳で濡れた巨乳をやや強めに揉みしだいていく。
【 七菜 】 「はふっ、あっ、あふぁ、んふっ、んっ、あんっ、そんなふうに揉まれたらっ、んっ、おっぱいっ、また出ちゃうっ」
  ムニュムニュと揉みしだいてやると、ピュッピュッと母乳が再び迸った。
【 四郎 】 「七菜のおっぱいから母乳が出まくって、もう我慢できない。性欲の前に食欲優先だ」
  おっぱいを握り締めると、俺は母乳を滲ませている乳首にしゃぶりつていった。
【 七菜 】 「ひゃうっ、あっ、あっ、んふっ、んっ、あぁ、お兄ちゃんが七菜のおっぱい吸ってるよぉ、チュウチュウって勢いよくっ、あふっ、んんっ」
  七菜が上半身をビクビクさせるとビュルビュルっという感じで母乳が迸り、搾りたての美味しいミルクの味が口内に広がっていく。
【 四郎 】 「ちゅぷっ、はぁ、七菜の母乳、美味すぎだ」
  ゴシゴシと扱くように乳房を右手で搾りながら、チュパチュパと頬を窄めながらおっぱいを引っ張りあげるようにして、勢いよく母乳を吸い上げていく。
それと同時に、ちゃっかりと腰を揺すり、至高ともいえるおま●この快感を貪る。
【 七菜 】 「あふっ、あっ、あふぁ、んっ、あぁ、お兄ちゃんっ、七菜、すっごく感じちゃってっ、あへぁ、んふっ、んんぅ、あっ、あっ、あぁん」
  おっぱいを勢いよく吸われながら、チ●ポを膣襞に擦り付けられるセックスに、七菜がよがり狂う。
抱きかかえられなくても股を自分から大きく開き、俺の腰の動きに合わせて、小さく腰を揺すり、膣襞を陰茎に絡みつかせてきてくれる。
【 四郎 】 「ちゅぷっ、はぁ、七菜が腰を揺すってくれるだけで凄い気持ちいい。久しぶりってのもあって、チ●ポが蕩けまくってるっ」
  一旦、乳首から口を離し、母乳の吸飲をやめると、たっぷりとしたおっぱいを揉みながらペニスに意識を集中。今までより強めに腰を振って、膣が与える快感を貪っていく。
【 七菜 】 「あはっ、あっ、あっ、あふぁ、んっ、あんっ、あんっ、はぁ、いいよ、お兄ちゃんっ、久しぶりのおち●ちんっ、すっごく気持ちいいの!」
  逞しいペニスに擦りあげられる快感に、七菜が大きな嬌声をあげながら愉悦の表情を浮かばせる。
七菜が悦ぶのに合わせ、膣穴全体がキュッキュッと締まり、粘っこい愛液を滲ませながら襞肉が陰茎に絡みつく。
【 四郎 】 「うはっ、あぁ、襞々が絡みつくこの感触っ、久しぶりでっ、くっ、ダメだっ、もう我慢できないって!」
  おま●こが与えてくれる絶対的な快感の前に、辛抱たまらなくなった俺は、抽迭をより激しくしていった。
【 七菜 】 「はふっ、んふっ、んっ、我慢なんてしなくていいからっ、んふっ、んっ、七菜のおま●こで好きなだけ気持ち良くなって!」
【 七菜 】 「七菜のおま●こっ、好きなように使って、おち●ちん気持ち良くなって欲しいの」
【 四郎 】 「そんなこと言われたらっ、くっ、腰の動きを止められないじゃないかっ」
  七菜の言葉に発奮し、腰をテンポよく振って、ペニスをずっぷずっぷと膣穴に出し入れしていく。