【 桜 】 「んふっ、ん、あひっ、あんっ、い、いいの。もっと感じて……母さんのおま●こでおち●ちん、たくさん気持ち良くなって」
母さんは両手をしっかりと俺の首に回してしがみつくと、両足で踏ん張るように俺の股間の上で腰を上下に振り始めた。
【 桜 】 「あふっ、あっ、あっ、ひぅんっ、ひぅ、んくっ、んっ、んんっ!」
母さんが腰を上下に揺する度に、すぐ目の前にある豊満なおっぱいがブルンブルと上下に弾み、懲りコリした乳首が胸板に擦れてくる。
【 四郎 】 「うおっ、くっ、母さんのおま●こっ、チ●ポをニュルニュルしてくれてるっ、お、おお、いいっ、すっごく気持ちいいよ、母さん!!」
  母さんに負けじとばかりに、俺も腰をくねらせ子宮口を亀頭でこね回し始めた。
【 桜 】 「あひぁ、あっ、あっ、奧を擦ってきてる! 四郎のおち●ちんがおま●この一番奥っ、子宮口を穿ってきて、あふっ、あっ、あっ、ああっ!」
【 桜 】 「んひぅ、んんっ、あぁ、し、四郎っ、あひっ、奧ばかりだめっ、そんなされたらっ、あっ、母さんイク! 一人だけで、イっちゃう!」
【 四郎 】 「ふぅふぅ、いいよ、イって母さん! 俺のチ●ポでおま●こ感じて欲しいんだ!」
  ペニスを膣内までしっかりと埋め込むと、俺はバタバタバタっと小刻みに腰を揺すって、膣奥でニチャニチャと粘液同士を激しく交わらせていった。
【 桜 】 「あっ、あっ、あひぁ、あっ、あっ、あんっ、あんっ、奧っ、い、いいっ、私っ、イクっ、四郎っ、あたしっ、んっ、んっ、んっ、んふぅううううう!!」
  ヌチュヌチュと膣奥を亀頭でこね回してやると、母さんはあっけなくオーガズムへと達していった。
【 桜 】 「あふっ、あっ、あっ、はぁ、はぁ、はぁ、あぁ、イっちゃった。私っ、んふっ、んっ、一人だけ先に……はぁ、はぁ、はぁ……ごめんなさい……」
  ぐったりと俺に身体を預け、荒い息を繰り返す。
【 四郎 】 「謝る必要なんてないって。はぁ、母さんのイった直後のトロトロおま●こ最高に気持ちいいから」
蕩けまくった膣内に、ペニスをぬぷぬぷと軽く擦り付け、快感を貪っている。
【 桜 】 「あふっ、んっ、んふっ、んんぅ、あっ、あっ、あひぅ、あぁ、おち●ちん、動いてっ、んふっ、あっ、あぁっ」
  絶頂の余韻が落ち着くまえにペニスを出し入れされ、母さんが甘い喘ぎ声をあげる。
【 四郎 】 「ふぅ、母さん。今度は俺の番だよ。蕩けきったおま●こで俺が気持ち良くさせて貰うから」
  母さんのトロトロに蕩けまくったおま●この感触を満喫した後、今度は自分の番であることを母さんに告げ、腰の律動を開始し始めた。
【 桜 】 「あんっ、あんっ、いいわ、四郎ぉ、今度は四郎が気持ち良くなって、あひっ、あっ、いつもみたいに母さんのおま●この中に射精して!」
  両腕に力を込め、俺の身体にしっかりとしがみつき、柔らかな乳房を胸板に擦り付けさせながら、出来るだけ俺を気持ち良くさせようと腰を上下に弾ませていく。
【 四郎 】 「うくっ、あぁ、か、母さんっ、ハァハァ、いいよ、気持ちいい! 母さんが激しく動いてくれると気持ち良さが全然違ってっ、うおっ、ううっ!」
  母さんは大きなお尻をリズミカルに弾ませ、弾力のある膣襞で陰茎を扱き、俺の性感を高めてくれた。
ペニスから伝わってくる快感は、強烈の一言で、性感が増し、射精感の高まりに合わせ、ペニスが膣を押し広げるように更に太さを増し、射精の態勢へと入る。
【 桜 】 「あふっ、あんっ、あぁ、おち●ちんが中で膨らんできてるっ、んっ、んっ、はぁはぁ、凄いっ、おち●ちん、とっても逞しいのぉ!」
【 桜 】 「はぁはぁ、いいわ、四郎! 中で射精して! 母さんのおま●こに精液をたくさん出してっ、妊娠させて!」
  膣内で膨らみ始めたペニスの感触に、母さんが悦びの声をあげながら腰を上下に弾ませ、トロトロになった膣襞を陰茎に絡みつかせ、大胆に射精を求めてくる。
【 四郎 】 「ハッ、ハッ、ハッ、わかってる! 出すっ、母さんのおま●こにたっぷりと精液をぶちまけて孕ませるから!」
【 桜 】 「あぁ、ええ、孕ませて! 私を受精させて、四郎の赤ちゃんっ、早く身籠もりたい!」
  俺の言葉に微笑みコクコクと何度も頷き返す。
そんな母さんに応えるように俺はリズミカルに腰を弾ませ、性感を限界まで高め、射精の瞬間を目指していった。