トップ

双子の姉『美琴』と『春奈』と共に暮らす主人公――『山城優一』。


数年前、突然の事故で両親を失い互いに引き裂かれる運命にあった。
しかし、叔母である二条出雲が助け船を出し、3人はそのまま両親の住んでいた家で生活を続けることになる。


優しく、そして時には厳しく、まるで母親のように身の回りの世話をしてくれる『美琴』。
がさつで素直じゃない所があるけれど、何だかんだで優一を助けてくれる面倒見のいい『春奈』。


両親のいない生活にあれやこれやと苦労をしながらも、大好きな姉二人との生活を送る優一。
そして両親が亡くなってから数年の月日が流れ、学園に入って二年目の夏休みが訪れた――


今年も去年と同じように退屈で暑い日々が繰り返される。
そう思っていた矢先、思いがけない出来事が優一に起こる。


『ねえ、優一……その、あたしと……付き合ってみない?』


夏休みが始まりと同時にクラスメイトの若葉から突然の告白され、交際を迫られたのだ。

若葉の事は嫌いじゃない。
むしろ好きだ。けど――
二人の姉――美琴と春奈に対して不思議と後ろめたさを感じつつも、揺れる優一の心。


悩んだあげく、優一は何かを吹っ切るように若葉との交際を決意する。
そして翌日――優一はそのことを若葉に伝える。胸の奧にモヤモヤとしたものを抱えたまま……。


モヤモヤとした気持ちの正体――それは二人の姉に対する禁断の想いだった。
だが、そんな優一の想いを断ち切るかのように、若葉は積極的な行動に出る。


『あたしが優一に告白して……OKして貰ったんです。
だから……あたし達、恋人……っていうには、
まだまだだけど、交際することになったんです!』


若葉は二人の姉の前で堂々と交際宣言し、
その証拠とばかりにキスをして見せたのだ。


あっけにとられる美琴と春奈。
そんな二人を横目に大胆に口づけを繰り返す若葉。


驚き、困惑、寂しさ、そして悲しみ――
複雑な色を見せるみこ姉と春姉の瞳を横目に見ながら――
自分の心の奥にあった『気持ち』が――
そして、停滞していた『時間』が――前に向かって確実に動き始めるのを、優一は確かに感じていた。


夏休みを通して、恋人として優一が選んだパートナーは――
若葉? 美琴? 春奈? それとも別の誰かなのか?


『びたー&すいーと』


少しだけほろ苦くて、とっても甘い全五章で綴られるLOVEエロ物語が今始まりを告げる。




⇒back