【 美玲 】 「あぁ、入っちゃった。雄馬君の立派になったおち●ぽが私のおま●この中にずっぽりと入って、あふんっ、
 奥までしっかり届いてるの」
 

 美玲さんの部屋に招かれた俺は、敷かれた布団の上に全裸で仰向けで横になると、騎乗位の体位でフル勃起した
 ペニスを膣内へと挿入して貰った。

【 雄馬 】 「あくっ、あぁっ、美玲さんの中っ、凄いっ、メチャクチャ気持ちいいですっ」
 

 初めてのセックス――脱童貞を美玲さんのマ●コで果たした俺は、産まれて初めて経験する女性器の快感に
 喘ぎ、腰をプルプルと震わせた。
 膣奧までズッポリと埋め込まれたペニスが腰の震えに同期し、ビクビクと脈打ち、先走りの汁が尿道口から大量
 に漏れまくる。

【 美玲 】 「あへぁ、あふっ、おち●ぽ、ビクビクしてっ、お汁をたくさん漏らしてくれているのがわかるわ」
【 美玲 】 「んふっ、んっ、おばさんのおま●こで感じてくれてっ、あふぁ、あぁ、とっても嬉しいの」
 

 元気いっぱいとばかり脈打つペニスに、美玲さんが蕩けきった顔を浮かべ、ペニスの形を味わうようにゆったり
 と腰を前後左右にくねらせる。

【 雄馬 】 「あぐっ、あぁ、マ●コっ、ギュッギュッて締まりまくってっ、ううっ、襞々がチ●ポに絡みついてっ、セックス
 っ、凄いですっ」
 

 本物の膣内の感触は妄想していたよりも遥に気持ちいいもので、強烈な快感に腰が勝手に震え、濃度を増した
 先走りの汁がピュウピュウと漏れまくる。

【 美玲 】 「あふんっ、あぁ、お汁をたくさん漏らしてくれてる。うふふ、雄馬君、もしかしてセックスするのは初めて?」
【 雄馬 】 「んくっ、は、はいっ、初めてでっ、うぁ、くっ、美玲さんの中っ、メチャクチャ気持ちいいっ」
 

 愛液で潤った膣襞がヌルヌルしながら巧みに蠕動し、ビンビンに勃起したペニスの根元から先端までねっとりと
 絡みついてくる。
 マ●コの中にチ●ポを入れただけなに、こんなに気持ちいいなんて……。
 腰を動かし摩擦させたら、もっと気持ちよくなれる。そう思うだけで興奮し、腰が勝手にくねり、ペニスが膣内
 で脈打つ。

【 美玲 】 「そう。こんなおばさんが初めて相手になってしまって、ごめんなさいね」
【 雄馬 】 「そんなこと、おばさんだなんて言わないでください。さっきから言ってるけど、美玲さんは凄く魅力的で素敵な
 女性でっ、んくっ」
【 雄馬 】 「初めての相手が美玲さんでよかったって、俺っ、そう思ってますから」
【 美玲 】 「はぁ、嬉しい。お世辞でもいい。雄馬君にそんなふうに言って貰えて、私、とても嬉しいわ」
 

 うっとりしながら微笑むと、美玲さんは両手で俺の胸板をなでなでと愛撫し、腰を上下させ始めた。

【 雄馬 】 「っくっ!? あっ、あくっ、あっ、み、美玲っ、さっ、うぁ」
【 美玲 】 「あふっ、あっ、あっ、んふぁ、いいわ、雄馬君のおち●ぽ、とっても太くて、それに長いっ、あふぁ、あぁ、奧
 をしっかりと小突いてっ、気持ちいいの」
 

 ゆっくりとペニスの形を味わうように、しかし少しずつ、腰の振り幅を大きくし、ペニスの根元からカリ裏辺り
 まで、膣口でズリュズリュと扱きつつ、肉襞を絡ませてくる。

【 雄馬 】 「ハァ、ハァ、んくっ、お、俺もっ、いいですっ、凄く気持ち良くてっ、うぁ、んくっ、頭がっ、おかしくなりそ
 うっ」
 

 初めて経験する女性器と男性器の摩擦……セックスの快感は凄まじく、情けない声をあげながら、腰を左右にく
 ねらせてしまう。

【 美玲 】 「んふっ、あんっ、んっ、いいわ、おばさんのおま●こでっ、あんっ、もっともっと気持ちよくしてあげるわね」
【 美玲 】 「あっ、あっ、あんぁ、あぁんっ、あぁ、いいわ、雄馬君のおち●ぽっ、とってもっ、あふぁ、あぁ、いいっ、
 あんっ、あんっ、あぁんっ」
 

 大きな嬌声をあげながら、美玲さんが腰の動きを速め、ムッチムチで安産型のお尻を俺の股間に叩きつけ、勃起
 ペニスと膣穴を満遍なく摩擦させる。
 頭を少しだけあげて結合部分を見ると、フル勃起したペニスが淫唇を左右に大きく開かせ、ぬっぷぬっぷという
 感じで膣穴に出たり入ったりをしていた。

【 美玲 】 「あんっ、あんっ、あひぁ、あっ、あっ、んふっ、どう? あんっ、おばさんのおま●こっ、気持ちいい
 かしら?」
【 雄馬 】 「は、はいっ、凄くっ、んくっ、気持ちいい! 美玲さんの中っ、おま●こっ、最高ですっ、うくっ、ううっ」
 

 オナニーとは比較できない、初めて経験する女性器との交わりで得られる快感の前に、俺は暴れるように腰を
 左右にくねらせてしまった。