【 美玲 】 「あぁ、雄馬君のおち●ぽ、とっても大きい。私のおっぱいでも全部を包み込んであげられないわ」
 

 美玲さんは風呂場の床に膝立ちになると、両手で垂れた巨乳を下乳から持ち上げるようにして勃起ペニスを
 乳房の間に挟み込んだ。

【 雄馬 】 「あぁ、み、美玲さんっ、うくっ、ううっ」
 

 左右の乳首から母乳が滴らせている量感たっぷりの乳房に、ペニスが全体が包み込まれ、快感に腰が
 プルプルと震えてしまう。

【 美玲 】 「あふぁ、あぁ、おっぱいの中でおち●ぽがビクンビクンって脈打ってる。先っぽから濃いお汁を漏らして、私の
 おっぱいで感じてくれているのね」
 

 うっとり気味の淫蕩は笑みを浮かべると、美玲さんは圧倒的な量感を誇る乳房をゆさゆさと上下させて、乳肉で
 陰茎を扱き始めた。

【 美玲 】 「んふっ、んっ、あぁ、雄馬君のおち●ぽ、堅くて熱い。んっ、んっ、あふぁ、あぁ、いいの。このおち●ぽが
 ないと、私、ともて寂しいの」
 

 瞳を閉ざし、蕩けた表情を浮かべながら、温かい乳肉でペニスをズリュズリュと扱いてくる。
 上半身を預けるようにパイズリをしてくれる美玲さんの乳首が、俺の下腹部に擦れ、性感をより高めてくれた。

【 美玲 】 「んふ、んっ、あふっ、んっ、はぁ、あっ、んふっ、どうかしら、雄馬君。久しぶりのパイズリ、気持ちいい?」
【 雄馬 】 「は、はい。もの凄くっ、気持ちいい! おっぱいの感触も、コリコリした乳首が触れる感触もっ、あぁ、美玲さ
 んのオッパイ、ホント、最高ですっ!」
 

 久しぶりとなるパイズリの気持ち良さに、腰がプルプルと震え、先走りの汁を尿道口から大量に漏らして
 しまう。
 美沙姉と美羽がいるのに、また美玲さんとこんなことをしていいのか?
 そんな思いが脳裏に一瞬だけ浮かんだが、美玲さんのパイズリ奉仕の前に情欲に火が付いてしまっていて、
 今さら止めることはできなかった。

【 美玲 】 「あふ、おっぱいの中でおち●ぽが暴れて、とっても濃いお汁をもらしてくれのがわかる。ふふ、私のおっぱいで
 感じてくれて嬉しいわ」
【 美玲 】 「はぁ、雄馬君のお汁、精子がたくさん混ざってるのがわかって、お腹の奥に響く感じがすして、とっても素敵
 よ」
 

 精子がたくさん混じった濃厚な先走り汁が漏れ出すと、美玲さんは鼻を鳴らして匂いを嗅ぎつつ、亀頭に舌を
 這わせてきた。

【 美玲 】 「れろっ、れろんっ、んれろっ、れるっ、ちゅぷっ、れるっ、れろっ、んれろっ、れるっ、れろれろれろっ」
 

 左右の乳房を使って陰茎を根元から扱くようにしながら、舌をプロペラのように回し、亀頭全体を舐め回して
 くる。

【 雄馬 】 「美玲さんの舌が亀頭の上を這い回って、はぁ、パイズリフェラ、気持ちいいですっ」
 

 パイズリフェラの快感に呻き声をあげながら、尿道口から先走り汁が小便のように大量に漏れていく。
 粘り気の強い汁は乳内はグショ濡れになり、乳房を動かす度ににちゃにちゃと卑猥な音を立て始めた。

【 美玲 】 「ちゅぷ、ぴちゅっ、れろれろっ、んれるっ、れろんっ、れちゅっ、れろっ、んれろっ、れるっ」
【 美玲 】 「あふぁ、あぁ、お汁がどんどん濃くなってきてる。雄馬君のお汁、もっとたくさん欲しいの」
 

 うっとり顔で腰を淫らにくねらせると、今度は尿道口へと舌先を伸ばし、穿るように舌先で刺激してきた。

【 美玲 】 「れろっ、れろんっ、んれろっ、れるっ、ちゅぷっ、れるっ、れろっ、んれろっ、れるっ、れろっ」
【 雄馬 】 「はうっ! あぁ、美玲さんっ、そこ敏感すぎてヤバイ! 尿道口をそんなっ、舌で穿り回されたら、うく、
 うっ、ううっ」
 

 尿道口への刺激は強烈で、俺は呻き声をあげながら、腰をくねらすように動かしてしまう。

【 雄馬 】 「ハァ、ハァ、美玲さんっ、チ●ポもっと気持ち良くないたいっ、舐めるだけじゃなくて、しゃぶって。
 チ●ポ汁を啜って欲しいですっ」
 

 尿道口への刺激に、俺はたまらず腰を揺すって、チ●ポをしゃぶって欲しいと美玲さんに伝える。

【 美玲 】 「ええ、いいわ。待っていて、おっぱいとお口、両方を使っておち●ぽを気持ちよくしてあげる」
 

 パイズリフェラをねだる俺に、美玲さんは淫蕩な笑みで頷き返すと、亀頭を口内に含んでいってくれた。

【 美玲 】 「あんっ、あんっ、あひぁ、あっ、あっ、んふっ、どう? あんっ、おばさんのおま●こっ、気持ちいい
 かしら?」
【 雄馬 】 「は、はいっ、凄くっ、んくっ、気持ちいい! 美玲さんの中っ、おま●こっ、最高ですっ、うくっ、ううっ」
 

 オナニーとは比較できない、初めて経験する女性器との交わりで得られる快感の前に、俺は暴れるように腰を
 左右にくねらせてしまった。