【 美沙 】 「あふんっ、あぁ、入ってきてるっ、ゆーくんのおちんちんが中を押し広げながらっ、んっ、んふぁ、あぁ、
 大きくてっ、んっ、長いのっ」
 

 横向きでベッドの上に横たわった美沙姉の両足をM字型に大きく開かせると、俺は左足の太股を左手で
 抱きかかえ、フル勃起したペニスを膣奥まで埋めていった。

【 雄馬 】 「あぁ、凄く気持ちいいよ、美沙姉のマ●コ。奥にあるプリプリした感じの襞々が亀頭に絡みついてきて、はぁ、
 チ●ポ、蕩けまくりだよ」
 

 締まり具合も抜群ながら、膣奥にある半球状の肉粒が亀頭に絡みつき、至高の快感を与えてくれる。
 美沙姉のならではの膣奥にある気持ちいいスポットに、腰がプルプルと震え、尿道口から精子が大量に混ざった
 濃厚チ●ポ汁が迸った。

【 美沙 】 「あふぁ、おちんちんが中で震えて、あぁ、お汁をたくさん漏らしてるのがわかる。わたしの中で気持ちよくなっ
 てくれてるのよくわかるの」
【 雄馬 】 「うん、最高に気持ちいいよ、美沙姉のマ●コ。それより美沙姉、大丈夫? いきなり奥まで入れちゃったけど、
 辛かったりしてない?」
【 美沙 】 「ううん、わたしは平気。セックス覚えたばかりなのに全然辛くない。それどころか、とても感じちゃってるの」
 

 膣の中にある俺のペニスを感じ取ろうとするように、美沙姉が瞳を閉じる。

【 美沙 】 「あぁ、お腹の奥、とても深い所でゆーくんを感じる。子宮口におちんちんが触れて、わたし達、お腹の奧でキス
 してる」
【 美沙 】 「あふっ、あぁ、この感覚、とってもいい。心地よくて満たされた感じがして、あぁ、この感覚、わたし、
 とっても好き」
 

 性器同士で深く結合している感覚に、下半身をヒクヒクとさせながら、膣をきゅ~ん、きゅ~ん、と愛おしげに
 締め付けてくる。

【 雄馬 】 「あうっ、マ●コが締まりまくってる。はぁ、美沙姉が俺のチ●ポで感じてくれて、すごく嬉しいよ」
 

 俺のチ●ポを生で膣穴に挿入され。感じ入っている美沙姉に愛おしさを覚え、肩越しに美沙姉の唇を奪って
 いく。

【 美沙 】 「あふっ、あぁ、ゆーくんっ、んちゅっ、ちゅぷぁ、れろ、れるっ、んふっ、ぴちゅっ、れろれろ、ちゅぱっ、
 れちゅっ、れりゅっ」
 

 舌を出しながら唇を近づけると、美沙姉も舌を伸ばし、嬉しそうに鼻を鳴らしながら積極的に舌を絡みつかせて
 くれた。

【 美沙 】 「ちゅぷっ、んれろっ、れろっ、んれるっ、あふっ、んれろっ、れろっ、あふぁ、ゆーくん、いいよ、
 もっとキスして。んちゅぷっ、ちゅぷっ、れろれろっ」
 

 うっとり顔で舌同士を熱心に絡みつかせていると、膣がキュンキュンと収縮して、膣襞をペニスに絡みつかせて
 くる。
 はぁ、美沙姉のマ●コ、凄くいい。愛液の量も増えまくりで、襞々が吸い付いてきて、入れてるだけなのに、
 気持ち良くて、頭の中は真っ白になってる。
 ペニスから絶え間なく伝わる飛びきり上等なマ●コの気持ち良さに、腰の奥が疼きまくり、半ば無意識に腰は
 動き始めてしまう。

【 美沙 】 「んふんっ!? んれろっ、れるっ、ぢゅるっ、ちんふっ、んぅっ、れちゅっ、れろっ、れろっ、んふっ、んっ、
 んんっ」
 

 ゆさゆさと腰を振り始めると、美沙姉は瞳を閉ざし、甘い息を漏らし始めた。
 合わせて膣の収縮がより活溌に変化。ペニスが抜けないように膣口をキュッとキツく締め付け、膣襞をうねる
 ように大胆に収縮させる。

【 雄馬 】 「んぷぁ、あぁ、美沙姉のマ●コ、凄くいい感じで締まりまくって、うくっ、腰が勝手に動いちゃうんだ」
 

 膣の締まり具合に応えるように抽迭の速度に速め、ズプズプとペニスを膣穴へ出し入れしていく。

【 美沙 】 「あふぁ、い、いいよ、ゆーくん。んひぁ、あっ、好きなように動いてっ、おちんちん、わたしの中にいっぱい
 擦りつけて、気持ちよくなってっ」
【 雄馬 】 「はぁ、美沙姉っ、嬉しいよ、美沙姉っ」
 

 美沙姉の言葉にコクコクと頷き返しながら、ペニスに意識を集中させ、美沙姉のお尻を跳ね上げる感じで腰を
 お尻に打ちつけていく。

【 美沙 】 「あふんっ、あっ、あっ、いいっ、大きくて長いおちんちんっ、あん、あんっ、わたしの中を出たり入ったりして
 っ、すごく気持ちいいっ」
 

 腰を打ちつける度に美沙姉の甘い喘ぎ声が響き、抱きかかえている左足がプラプラと揺れる。
 左足首に丸まった状態で引っかかっている黒のパンツが何とも扇情的に映り、性感を更に昂ぶらせた。

【 雄馬 】 「ハァ、ハァ、俺もっ、んくっ、美沙姉のマ●コっ、メチャクチャ気持ちいい! 奧にあるプリプリの襞がカリ首
 に引っかかって、たまらないよっ」
 

 左手で美沙姉の太股をしっかりと抱きかかえ、張りのある美尻に股間をパンパンと勢いよく打ちつけ、
 膣内でペニスをピストンさせ、快感を貪っていく。
 張りのある美尻に股間が打ちつけられる毎に、性器結合部から愛液と先走り汁が混ざった淫汁が大量に飛び散
 り、俺と美沙姉の股間をグショ濡れにした。

 

 オナニーとは比較できない、初めて経験する女性器との交わりで得られる快感の前に、俺は暴れるように腰を
 左右にくねらせてしまった。