【 美玲 】 「あふぅ、あぁ、入ってきてるっ、太くて長いおち●ぽがっ、んふっ、奥のほうまでっ、んっ、んふぉ、
 おふぁっ」
 

 野太い長ペニスを淫唇の中へと埋め込み、ずぷぷっと一気に根元まで押し込むと、美玲さんが嬌声をあげて腰を
 ヒクヒクとさせた。

【 雄馬 】 「あぁ、チ●ポ根元まで入った。先っぽが子宮に触れて、凄く気持ちいいです」
【 美玲 】 「ええ、よくわかるわ。雄馬君と深く繋がってしまってるのがよくわかるの」
【 雄馬 】 「はい、美玲さんと深く繋がって、俺、朝一で交尾をしちゃってます」
 

 そう告げながら美玲さんの上半身を仰向けにさせ、豊満で母性豊かな乳房をじっくりと凝視。
 左右の乳首からは母乳が滴っていて、雌の発情臭といい具合に混ざり合い俺の性感を昂ぶらせ、尿道口から
 チ●ポ汁が放出されていく。

【 美玲 】 「あふぁ、あぁ、おち●ぽ、ヒクヒクして、んふっ、お汁を漏らしてくれてるわ」
 

 美玲さんが嬌声を漏らすと、膣穴がうねり、膣口付近と膣奥が交互に強く締まり、ペニスに至高の快感を
 与えてくれた。

【 雄馬 】 「あぁ、すごくいい締まり具合して、チ●ポ、マ●コの中で蕩けてます」
 

 腰を律動させることなく、膣が与えてくれる至高の快感をペニスで味わっていく。

【 雄馬 】 「襞々がねっとりと吸い付きまくって、入り口と奧が交互に締まって、ふぅ、動かなくても射精出来そうです」
 

 二人の娘を持つ熟練の膣穴が与えてくれる快感は、飛びきり気持ち良く、ペニスがビクビクと脈打ち、
 濃度が更に増したチ●ポ汁が尿道口から迸る。

【 美玲 】 「んふぁ、お汁がたくさん漏れてる。だめよ、雄馬君、そんなに漏らされたらおま●こが蕩けて、子宮が精液を
 欲しがってしまうわ」
 

 濃い先走り汁を膣奥にたっぷり漏らされた美玲さんが、うっとり顔で腰をヒクヒクとさせ、膣穴を
 締め付けてくる。

【 雄馬 】 「あぁ、マ●コが絡みついて、ダメだ、美玲さん。入れてるだけじゃ、我慢出来ない。俺、動きますっ」
 

 キツイ膣の締め付けに触発され、腰の奥に強い疼きを覚えると、本格的に腰を振って本格気なセックスを始めて
 いった。

【 美玲 】 「んふぁ、あぁ、そんな激しいっ、あふんっ、あひぅ、ま、待って、雄馬君っ、いきなり激しいのっ、だめ、
 らめぇ」
 

 抽迭が開始されるとともに、美玲さんの右乳房がぷるぷると弾み、左の乳房がズリズリと重たげにシーツへと
 擦れ始める。
 乳房が揺れるのに合わせて表面に付着した母乳が飛び散り、辺りに甘い匂いを立ちこめさせた。

【 雄馬 】 「ハァ、ハァ、あぁ、トロトロに蕩けたマ●コ、たまらなく気持ちいい。頭の中がおかしくなりそうですっ」
 

 右足の太股を右手で抱きかかえ、M字型に両足を開脚させ、濡れそぼった膣穴にズボズボとペニスを激しく
 出し入れしていく。

【 美玲 】 「あんっ、んふぁ、あんっ、朝からこんなっ、あぁ、わたし、雄馬君と交尾しちゃってる。娘達がいるのにっ、
 イケナイ事なのにっ」
【 美玲 】 「あぁ、んっ、んふっ、おま●こが疼いてしまってっ、あっ、あふぁ、いいっ、雄馬君とまぐわうのっ、
 とってもいいの」
 

 淫らな喘ぎ声をあげながら、だらしなく垂れた下品とも言える爆乳をたっぷんたっぷんと上下に弾ませる。

【 雄馬 】 「デカイけど垂れたおっぱいがすぐ目の前でゆさゆさって揺れまくって、美玲さんの身体、エロ過ぎですよ」
 

 羞恥心を煽るような言い方をわざとしながら、大きなお尻に股間を打ちつけ、性器同士を摩擦させていく。

【 美玲 】 「んふ、あっ、あっ、おふぁ、いや、垂れたなんて言わないで。んっ、雄馬君に言われると、
 悲しくなってしまうの」
【 雄馬 】 「そんなの気にしないでっ、んっ、美玲さんの垂れ乳、俺は大好きなんです。だから、褒め言葉と思って
 感じてくださいっ」
 

 自分の言葉が嘘ではないことを証明するかのように、猛烈な勢いでペニスを膣穴の中でピストンさせていく。

【 美玲 】 「んひぁ、あへぁ、んふぉ、おっ、おひぅ、あぁ、嬉しいっ、んふっ、あへぁ、あぁ、いいっ、雄馬君の
 おちんぼっ、いいっ」
 

 我慢しきれなくなったように、美玲さんが自分から腰を揺すって陰茎に膣肉を擦りつけ始める。

【 雄馬 】 「んくっ、あぁ、いいです、美玲さん! そうやって腰を動かして、俺のチ●ポで感じてくださいっ」
 

 自ら快感を求め始めた美玲さんの反応に嬉しくなり、膣肉に強く陰茎を摩擦させるのを意識して、
 フンフンと力強く腰を振っていく。
 激しいセックスに性器結合部からは大量の愛液が漏れ、ペニスの出し入れに合わせて、ビチャビチャと
 俺と美玲さんの股間へと飛び散っていく、

【 美玲 】 「あひっ、あっ、あひぅ、激しいのきてるっ、あ、あ、雄馬君の交尾っ、んふぁ、あひっ、いいっ、
 とってもいいのぉ」
【 雄馬 】 「ハァ、ハァ、俺も凄くいいです! 美玲さんと朝一で交尾できて、最高の気分ですっ」
 

 精子が再充填された朝イチで元気満々のペニスで膣内をこね回しつつ、亀頭で子宮口をドツキ回し、美玲さんに
 快感を与えると共に自らも快感を得ていく。

【 美玲 】 「おひっ、おふぁ、だめっ、それだめ、立派なおち●ぽで奥っ、子宮口をノックされたら、わたし、
 我慢できなっ、おひっ、あっ、あっ!」
【 美玲 】 「おっ、おふっ、んぉっ、いぐっ! おっふぅううううっ!」
 

 ボルチオ性感帯への執拗な刺激に、性感を昂ぶらされた美玲さんが早々に絶頂へと達していく。

【 雄馬 】 「くっ、美玲さん!」
 

 オーガズムを迎え、膣穴がキツク締め付けてくると、俺は咄嗟に腰の動きを停止させ、ペニスを深々と膣奥まで
 挿入した。

【 美玲 】 「あひぅ、あぁ、雄馬くっ、あっ、あへぁ、母乳出ちゃうっ、んふぉ、おふぅ!?」
【 美玲 】 「おっ、おぉ、おふぁ、あひぅ、あへぁ、あ、あぁっ」
 

 絶頂した美玲さんが身体を痙攣させるのに合わせ、大量の母乳がピュウピュウと乳首から迸り、甘い香りが
 部屋いっぱいに充満していく。

【 雄馬 】 「はぁ、母乳がミルクタンクから噴き出して、たまらないです」
 

 絶頂マ●コのキツイ締め付けをペニスで味わいつつ、ミルクタンクとなっている乳房を右手で握り締め、
 しゃぶりついていく。

【 美玲 】 「んふぁ、あぁ、そんなに強く吸い上げたらっ、んひぅ、あぁ、出ちゃうっ、また母乳っ、んふっ、んんっ」
【 雄馬 】 「んぷぁ、あぁ、美味しいです。美玲さんの母乳、いつ吸っても最高に美味しくてたまりませんっ」
 

 甘くて美味しい母乳を夢中で吸い上げつつ、性感の昂ぶりに身を任せ、止めていた律動を再開。
 スローペースながらも長ペニスで膣穴を腰利上げつつ、亀頭で子宮口をゴツゴツとノックしまくっていった。