【 美沙 】 「あぁ、ゆーくんのおち●ちんが、おっぱいの谷間に入ってきて、んっ、あふぁ、とっても熱い。それに、
 ヒクヒクッて脈打ってる」
【 雄馬 】 「はぁ、チ●ポ全体が柔らかいおっぱいに包み込まれてる。この感じ、すごく心地よくて、それに気持ちいいん
 だ」
 

 たっぷりとした量感を誇る乳肉にペニスが包まれる快感に、腰をぷるぷると震わせ、先走りの汁を尿道口から
 漏らしてしまう。

【 美沙 】 「あんっ、濃いお汁がたくさん漏れてる。こんなに強い匂いを嗅がされたら、はぁ、だめ、とってもいやらしい
 気持ちになっちゃう」
 

 口元に降り注いだ濃い目の先走り汁に、熱い吐息をつくと、舌を伸ばし、口元まで迫っていた亀頭の先っぽ、
 尿道口をレロレロと舐め擦り始めた。

【 美沙 】 「れろっ、んれる、れろんっ、れろ、れろっ、んふっ、れるっ、ぴちゅっ、れろん、んれるっ」
【 雄馬 】 「はう!? そんないきなりっ、あぅ、くっ、舐められたら、気持ちよすぎてっ、うぁ、漏れるっ、んっ、
 くぅっ」
 

 敏感な亀頭、その中でも飛びきり敏感な尿道口を舌で舐め擦られ、情けない声で喘ぎ、腰を震わせ、ペニスを
 脈打たせる。
 尿道口から迸る先走りの汁はどんどん濃度を増し、白く濁ると共に、発情した雄の匂いを漂わせる。

【 美沙 】 「れろっ、れるぅ、れろっ、れりゅ、はぁ、お汁の味がどんどん濃くなって、匂いも強くなってる。ゆーくんの
 お汁、もっと舐めさせて」
【 美沙 】 「れろん、れりゅっ、ちゅぷ、れろっ、れるっ、んはぁ、れろっ、ぴちゅ、んれろ、れるぅ、れるっ、れろんっ」
 

 濃厚な雄の性臭に酔いしれてしまったように、うっとりとした表情で亀頭に舌を這わしてくる。

【 雄馬 】 「あぁ、美沙姉っ、俺のチ●ポ、もっと舐めて。出来ればしゃぶってほしいんだ」
 

 下乳に股間をグッと押し付けながら、股間を前へと突き出し、より強い快感――本格的なフェラを求めていく。

【 美沙 】 「れるっ、んれろっ、ちゅっ、ちゅぱっ、んちゅっ」
【 美沙 】 「くす、いいよ。おっぱいに挟んだままフェラしてあげるから、このままおち●ちんを突き出してて」
 

 亀頭に何度かキスをしてから、唇を離すと、言われた通りに亀頭を口内に含み、ジュルジュルと音をさせながら
 亀頭をしゃぶってくれた。

【 美沙 】 「じゅるっ、ずぢゅぷ、じゅるぅっ、んっ、じゅぶっ、れるっ、れろっ、ぢゅぶっ、じゅぶっ、んふ、れぢゅ、
 ぢゅぶっ」
 

 両腕を組んで枕のように後頭部を支えながら、じゅぷじゅぷと頬を窄めて亀頭を唇で扱きつつ、舌をレロレロと
 絡みつかせてくる。

【 雄馬 】 「美沙姉の口の中、すごく熱い。それにヌルヌルした舌が絡みついてきて、うくっ、あぁ、パイズリフェラ、
 最高に気持ちいいよっ」
 

 しゃぶって貰うことで亀頭から伝わる快感に、呻き声を上げながら、ピュルピュルと先走り汁を漏らす。

【 美沙 】 「じゅぷっ、んぅ、んっ、はふはんおひふはもれへふ(たくさんお汁が漏れてる)、んっ、じゅぷっ、もっふぉ
 はえひふひへあえうへ(もっと激しくしてあげるね)」
【 美沙 】 「じゅるっ、ずぢゅっ、ぢゅるるるっ、んぅ、ずぢゅっ、じゅぼっ、ぢゅぼっ、ずぢゅ、ぢゅるっ、ずぢゅうう
 っ」
 

 口内に多量の先走り汁を漏らされ、恍惚とした表情を浮かべながら、より激しく、吸い付きながらしゃぶりあげ
 てくれる。

【 雄馬 】 「はぁ、美沙姉のフェラ、愛情たっぷりで、してもらうたびに快感が強くなっていってる」
 

 始めてしてもらった時とは比べものにならないほど上達した美沙姉のフェラに、性感がモリモリと高まり、
 腰の奥がズキズキと疼きまくる。

【 美沙 】 「れぢゅっ、れろれろっ、じゅるるるっ、ぢゅるっ、んっ、んぅ、ずぢゅっ、れぢゅっ、れろっ、
 ぢゅるるるっ!」
【 雄馬 】 「あぁ、気持ちよすぎて腰が蕩けた感じになってる。このままじゃ、フェラだけでっ……うっ、くぅっ」
 

 陰茎を強く吸い上げながら、尿道口を中心に舌で舐め擦られるのは最高に気持ちよく、このままフェラだけで
 射精したくなるものの……。
 パイズリならではの快感をもっと味わいたいと考え、腰を前後に振り、両手で乳房を強く握り締めて乳肉に
 ペニスを擦りつけ始めた。

【 美沙 】 「んぅ、んっ、ぢゅぶっ、んっ、じゅぶっ、ぐぷっ、んっ、ぢゅぱぁっ」
【 美沙 】 「待って、ゆーくんっ、あっ、んふぁ、そんなふうに動かれたら、しゃぶってあげられないっ、あんっ、フェラ、
 出来なくなっちゃう」
 

 動き始めた俺に、亀頭から唇を離してしまった美沙姉が喘ぎながら抗議してくる。

【 雄馬 】 「はぁ、はぁ、ごめん、美沙姉。けど、せっかくパイズリしてもらってるのに、フェラだけで射精したらもったい
 ないって思ったんだ」
【 雄馬 】 「どうせなら美沙姉のおっぱいで気持ちよくなりたいから、このまま動かせて」
 

 手の平に収まりきらない豊乳をペニスに押し付けるように左右から握り締め、セックスの時と同じように腰を
 律動させ、パイズリならではの快感を貪っていく。