【 美羽 】 「きゃっ!? なになに? いきなりどうしたの?」
【 雄馬 】 「ごめん、美羽。俺、完全にネジが抜けちゃったわ」
 

 半ば開き治って美羽の耳元で囁くと、俺はプールの中で美羽の後に回りこみ、素早く美羽のパンツの股布を
 グイッと横にずらし、淫唇を水中で晒させた。

【 美羽 】 「ひゃうっ!? んっ、ダメだよ、雄ちゃん。こんな場所でマ●コを丸出しにして、あたしまで変態さんに
 なっちゃってるよぉ」
【 雄馬 】 「水の中だから股布をずらされたくらいじゃ、わららないよ。にしても、美羽の生尻、いつ触っても最高に気持ち
 いいよ」
 

 理性のたがが完全に外れてしまった俺は、美羽の生尻を両手で揉みまくると、背後から勃起ペニスを淫唇の中、
 膣内へと挿入していった。

【 美羽 】 「ひゃうっ、あぁ、ヤダっ、プールの中でっ、雄ちゃんがチ●ポを中に入れてきてっ、あひぅ、あぁ、奧に届い
 ちゃってるっ」
【 雄馬 】 「はぁ、入った。美羽のマ●コっ、凄く温かくて気持ちいいよ」
 

 お尻にペニスを擦り付けられ感じてくれていたのか、美羽の膣穴はとろみのある愛液で潤っていて、フル勃起
 ペニスを問題なく根元まで挿入することが出来た。

【 美羽 】 「あふぁ、んっ、水の中のせいか、雄ちゃんのチ●ポ、いちもより熱い。んっ、なんだかマ●コ、火傷しちゃい
 そう」
 

 美羽は近くにあった手すりを両手で掴み、お尻を突き出すような格好で、俺のペニスを膣内に根元までしっかり
 と受け入れ、喘ぎながら腰をヒクヒクとさせた。
 そんな美羽のデカ尻を両手で鷲掴みにしながら、勃起ペニスを膣奧まで挿入した状態で腰を振ることなく、
 美羽のマ●コの快感をチ●ポで満喫していく。

【 美羽 】 「んふぁ、あぁ、チ●ポ、中でビクビクして、濃いお汁をたくさん漏れしてるのがよくわかるよ」
【 美羽 】 「けど、いきなりプールに入れて、チ●ポを入れるなんて、雄ちゃんってば発情し過ぎだよ」
 

 頬を上気させながら口を尖らせ、抗議する美羽だったが、俺との結合を解くことはせず、俺とのセックスを
 受け入れてくれた。

【 雄馬 】 「ごめん、美羽のオッパイというか身体の感触があまりに良くて、エロかったから、つい……」
【 雄馬 】 「これでも一応、反省はしてるんだ。けど、チ●ポは別というか、さっきから興奮しまくりで、たぶん一度、射精
 するまで元に戻らないと思う」
 

 そう美羽に伝えながら、両手でプリプリした生尻も両手で揉みしだいていく。

【 美羽 】 「あんっ、んふぁ、あぁ、お尻っ、そんなに強くこね回されたらっ、感じちゃっ、んふぁ、んふっ、んっ」
 

 デカ尻を力強く揉みながら先走りの汁をたっぷりと膣奥へ注ぎ込むと、、美羽の口から甘い声が漏れ、腰を淫ら
 にくねらせてきた。

【 雄馬 】 「はぁ、美羽のマ●コ、締まりまくって、チ●ポ、凄く気持ちいいよ」
 

 すでに理性崩壊状態に陥っていた俺は、美羽の膣が与えてくれる極上の快感に耐えることもせず、雄の生殖本能
 のまま、腰を振って交尾を始めてしまった。

【 美羽 】 「んふっ、あっ、ダメ、腰を振ったりしたらっ、んふっ、あたし、感じてっ、あふぁ、あぁ、大きな声っ、
 出ちゃう」
【 美羽 】 「プールの中で雄ちゃんにチ●ポ入れられて、交尾されてるのバレちゃうよぉ」
【 雄馬 】 「そうかもしれないけど、発情しまくってて我慢出来ないんだよ」
 

 鼻息を荒くしながらムッチムチの尻肉を鷲掴みにして、水中でゆったりと腰を律動させ、熱い美羽の膣内の
 感触をペニスで存分に味わっていく。

【 美羽 】 「あっ、あっ、んふぁ、あっ、雄ちゃんのチ●ポ、水の中のせいか、すっごく熱いっ、それにマ●コを隅々まで
 丁寧に擦ってくれてっ」
【 美羽 】 「あふぁ、あんっ、んんっ、やっぱり大きな声出ちゃうっ、雄ちゃんに交尾されてるところ、他の人に見られちゃ
 うよぉ」
【 雄馬 】 「ここまで来て、チ●ポ抜くなんて無理だから、最後までイクよ、美羽っ」
 

 恥じらいに頬を赤らめ喘ぐ美羽にそう伝えると、抽迭の速度を速め、ずっぷずっぷを
 ペニスを膣穴の中でピストンさせていく。