【 美羽 】 「あん、そんな所を舐めたら、くすぐったいよぉ、んっ、んふ、あっ、んふぁ、あふっ」
【 雄馬 】 「美羽の肌、ツルツルしててすごく綺麗だ。それに少しだけ甘い匂いがしてて、美味いよ」
 

 染み一つない美羽の綺麗な肌をペロペロと舐め回してから、今度は頬を窄め、むちゅむちゅと連続で吸い付いて
 いく。

【 美羽 】 「あっ、ふぁ、んふっ、もっとして、雄ちゃんっ、んふ、あっ、あふっ、キスしてもらうの、気持ちいいよぉ」
 

 強めにキスされるのが気持ちいいのか、甘い声をあげながら身体を身動ぎさせる。

【 美沙 】 「美羽ったらとっても気持ち良さそう。ねぇ、ゆーくん、次はわたしの身体にもキスしてくれる?」
【 雄馬 】 「もちろん。もう少しだけ待ってて、美沙姉」
 

 喘ぐ美羽の様子を羨ましそうに見つめる美沙姉に、そう返すと、ふたたび美羽の身体にキスの雨を降らせる。
 上半身を中心に、脇腹や左の乳房、それに脇の下にかけて、満遍なく吸い付き、マーキングを施す。

【 美羽 】 「やだ、脇の下は汗をかいてるから恥ずかしいってばぁ、あっ、んふぁ、あんっ、でもっ、あたし、
 感じちゃってる」
【 美羽 】 「あっ、んふぁ、あんっ、いいよ、雄ちゃんっ、ふぁ、あふん、マーキングしてもらうの、すっごく気持ちいいよ
 ぉ」
【 雄馬 】 「ちゅぶっ、はぁ、ひとまず、これくらいでいいかな」
 

 美羽をたっぷりと喘がせ、上半身をキスマークだらけにすると、身体の位置を左にスライドさせ、美沙姉の身体
 に覆い被さった。

【 美沙 】 「あっ、ゆーくん……」
【 雄馬 】 「お待たせ。美沙姉の身体にもたっぷりキスさせてもらうよ」
 

 期待の眼差しを向けてくる美沙姉にそう告げて、さっそく脇腹から右の乳房、それに右の脇下にかけて、舌を
 這わせていく。

【 美沙 】 「んっ、あふっ、うん、お願いね。わたしの身体にも、いっぱいキスして。ゆーくんの唇でマーキングして
 ほしいの」
 

 うっとり顔でおねだりしてくる美沙姉に頷きを返し、美羽と同じくスベスベとした綺麗な肌へと、思いっきり
 吸い付いていった。

【 美沙 】 「あふんっ、そんなに強く、あっ、んふぁ、吸い付いたら、感じてっ、んふっ、あっ、あふぁ、エッチな声が
 出ちゃう」
 

 嬌声をあげながら身体をビクンッとさせた美沙姉の反応に、嬉しくなり、立て続けに強く吸引し、キスマークを
 着けまくる。

【 美沙 】 「あっ、んふぁ、あんっ、気持ちいいよ、ゆーくんっ、あふっ、んぅ、わたし、とっても感じてっ、あぁ、身体が
 火照ってきてるの」
【 美沙 】 「んふぁ、あっ、ふぁ、おっぱいも熱くなってきて、んふ、あぁ、やだ、乳首が出てきちゃいそう」
【 雄馬 】 「ちゅぶっ、うん、美沙姉のおっぱいから甘い匂いがしてきてる。このまま乳首を出させてあげるよ」
 

 左右の乳輪がぷっくりと膨らみ、中に埋まった乳頭から甘いミルクのような匂いがしてくると、両手の指を
 使い、乳首を穿るように刺激した。

【 美沙 】 「ひぅっ、あっ、ひぁ、指で中を穿るみたいにしたらっ、あっ、んふぁ、だめっ、出ちゃうっ、んっ、んふん!」
 

 上半身をヒクヒクとさせた美沙姉の乳輪の中から、突起した乳頭がムクムクと顔を出してくる。

【 雄馬 】 「はぁ、乳首をこんなに大きくして、すごくエロいよ、美沙姉」
 

 陥没乳首を見事なくらいに突起させてしまった美沙姉に、強く興奮し、左手で美沙姉の美乳を握り締めていく。

【 美沙 】 「んふっ、あぁ、ゆーくん、おっぱいを揉んでくれるのね」
【 雄馬 】 「こんなにイイおっぱい、揉まないわけにいかないよ」
 

 興奮気味に答えつつ、手の平に収まりきらないほどボリュームのある美乳を、グイグイとこね回すように揉み
 始めた。

【 美沙 】 「んふっ、あっ、あふぁ、いいよ、ゆーくん、んふ、あぁ、わたしのおっぱい、好きなだけ揉んで」
【 美羽 】 「いいなぁ、お姉ちゃん。あとであたしのおっぱいも揉んでね、雄ちゃん」
【 雄馬 】 「もちろん、そうさせてもらうよ」
 

 右手で美羽のオッパイを揉むという選択もあったが、今は美沙姉のオッパイの感触に集中したいと考え、あえて
 美沙姉の乳房だけを揉み続ける。

【 美沙 】 「あふ、あっ、んふっ、おっぱいを強く揉みしだかれて、んふ、あっ、あふぁ、とっても気持ちいい」
【 雄馬 】 「もっと感じていいよ、美沙姉。俺も美沙姉のおっぱい揉んでるだけですごく気持ちいいから」
 

 極上の弾力と柔らかさを誇る乳房の揉み心地に、感嘆の息をつきながら、美沙姉の乳房を夢中で揉みしだく。
 指が食い込むほど強く乳肉を握り締め、反時計回りに手を動かしてこね回しながら、突起している乳首を
 人差し指でスリスリと擦って刺激する。

【 美沙 】 「あひっ、あんっ、乳首を擦ったら感じすぎて、ひぅっ、もっと膨らんじゃうっ、あっ、んひぁ、乳首がいやらし
 くなっちゃう」
 

 敏感な乳首を刺激された美沙姉が、アヒアヒと喘ぎ声をあげて身体を身動ぎさせる。

【 雄馬 】 「あぁ、乳首がますます大きくなって、甘い匂いも強くなってきてる」
 

 乳首が膨らみを増すとともに、甘い匂いがいっそう強くなると、左手で美沙姉の乳房を口元にたぐり寄せ、
 乳首にしゃぶりついていった。