「みなさん、お久しぶりです。日向舞です」
「みなさんの応援のおかげで、今回もヒロインをさせて頂けることになりました。本当にありがとうございます(ぺこり)」
「えへへ、同じくヒロインを継続できることになった七菜だよ! みんな、今回もよろしくね」
「それでは、恒例となりました。セールスポイント紹介の第一回目を始めて行きたいと思います」
「えへへ〜」
「なに? ニヤニヤして、もしかして、わたし、変なこと言っちゃった?」
「ううん、全然! 去年はおどおどしていたのに、今年のお姉ちゃんは、しっかりとしてるなぁ〜って思ったの」
「そうかしら?」
「うん! きっとお兄ちゃんに、たっぷりとLOVEエロして貰えたおかげだね」
「な、なにを言ってるのよ。もう、いきなり変なこと言わないで。わたしは四郎ちゃんと、ら、LOVEエロなんて、してないわ」
「誤魔化してもダメだよ。前作を遊んでる人にはバレバレだもん」
「今回から遊んでくれる人もいるかもしれないんだから、勝手に決めつけないの」
「は〜い。それより、お姉ちゃん。ゲームの紹介しようよ!」
「あっ、そうね。今回の作品『あねいもNEO+』は、名前の通り、前作の内容を大幅にリニューアル、
 大きなプラス要素が追加されたものになっています」
「具体的に言っちゃうと、攻略可能なヒロインが倍になったんだよ!」
「前作では、わたしと七菜の二人を中心に、お母さんと佐和子さんのルートのみでしたが、
 今回は新規に4人のルートが追加されました」
「登場していたけど、攻略できなかった女の子も、バッチリ攻略可能なヒロインになれたんだ」
「わたしの親友で学生会の副会長でもある『玲子』を始め、四郎ちゃんの習い事のお師匠さんである『高美』さん」
「あとあと、幼馴染みだった『葉月』お姉ちゃんもヒロイン昇格したんだよ!」
「最後にもう一人。わたしも七菜も詳しいことはわからないんですが、
 玲子のお姉さん『高天明日香』さんが、新たにヒロインとして登場します」
「へへ、合計すると8人! すっごい、ボリュームだね!」
「ええ、今までにないボリュームだけど、この結果に至るまでスタッフの皆さんは相当悩んだみたいよ」
「うん、知ってる。ファンディスクにするかどうかって、開発室からなんか怖い声がいっぱい聞こえてきたの、七菜も覚えてるよ」
「過去作品を手がけた経験から色々な案が出されて、最終的にたどり着いた結果が、今回のプラスみたい」
「へへ、実は言うとね、七菜はみんながいる方が楽しいし、寂しくないから、
 ファンディスクよりこっちの方がいいって直訴してきたんだよ」
「えっ!? 七菜、あなた、そんなことしたの?」
「うん! だってファンディスクになって消されちゃうの七菜は嫌だもん」
「もう、七菜ったら……」
「でも直訴した甲斐があったよ。これでお姉ちゃんも七菜の立場も安泰。
 他のみんなも、お兄ちゃんとラブラブできてハッピーになったもんね」
「ふふ、確かにそうね。でも、ボリュームが大変なことになって大変みたいよ? ヒロインが一気に倍になっちゃったから」
「大丈夫だよ。作ってる人はみんなベテランさんだから、何とかなるもん!」
「そうだと、いいんだけれど……」
「お姉ちゃんは、心配性すぎなんだよ」
「七菜が楽観的すぎるのよ。もっと物事をよく見て行動しないとダメよ。七菜も子供じゃないんだから」
「むぅ、七菜はもう大人だよ。ほら、その証拠に、お兄ちゃんとこ〜んなことしてるんだから!」
 
「きゃっ!? な、七菜ったらいきなり何を見せてるのよ……」
「へへ〜、お兄ちゃんは七菜をちゃんとレディとして扱ってくれてるんだよ」
「だからって、こんな格好で……しかも外じゃない」
「デートしていたら、お兄ちゃんがムラムラって、はつじょーしちゃったから、七菜が慰めてあげたの」
「うぅ、四郎ちゃんのエッチ。屋外で七菜とこんなことして……」
「へへ、そんなこと言って。お姉ちゃんだって、お兄ちゃんっとエッチなこといっぱいしてるの、
 七菜知ってるんだから。例えば、これとか……」
 
「っ!? ちょ、ちょ、ちょっと七菜! いきなり、なにを見せてるのよ!?(>_<)」
「お姉ちゃん、すっごい格好してる。あと、自分から頭を勢いよく前後させて……相当気持ち良かったんだね。
 お兄ちゃんの顔が蕩けきってるよ?」
「も、もういいから! 早く消して! どうして、よりにもよって、こんなのを出すのよ、七菜のバカバカ!」
「ゲームを遊んで貰ったら、バレちゃうことなんだから慌ててもしょうがないよ。
 それにゲーム中だと、もっと激しいエッチもしてるんだし……」
「し、してません!」
「えへへ、じゃ、そういうことにしておいてあげる。
 でもLOVEエロコーナーが解禁されていったら、いずれホントのこと、バレちゃうよ?」
「はうっ!?」
   
「へへ、当たり前だけど、エッチできるのは七菜とお姉ちゃんだけじゃないよ?」
「今回はみんながヒロインだから。お母さんも佐和子さんも、こ〜んな感じでお兄ちゃんとエッチなことしてるんだ」
 
   
 
   
「お母さんったら、やだ、こんなに大胆に四郎ちゃんのを口で……」
「うわ〜、佐和子さんの下着、すっごくエッチだよ。それに、おっぱいも、ぼいんぼいんって感じですっごく大きい……」
「……」
「……」
「っ!? や、やだ、わたしったら、ボーッとしちゃった……」
「七菜もボーッとしちゃった。へへ、年上だけあって二人とも、なんていうか凄いよね」
「え、ええ、そうね……」
「続いて、今回から新たにヒロイン入りした4人のHシーンを見せていくね。まずは、お向かいさんの幼馴染み、葉月お姉ちゃん!」
 
「は、葉月ちゃん。いやだ、ここって学校のプールの更衣室じゃない。んもう、四郎ちゃんったら、いったいなにやってるのよ……」
「はわ〜、お兄ちゃん、よっぽどむらむら〜って、しちゃってたんだね。学校の中なのに、すっごく激しくエッチしてるよぉ」
「もう、四郎ちゃんってばエッチすぎよ。更衣室を使う度に意識しちゃうじゃない……」
「でも、葉月おねーちゃん、とっても気持ちよさそうだから、七菜はいいと思うよ。それじゃ、次だけど……」
「お兄ちゃんの通ってる道場で、師範代をやってる高美さんだよ」
 
「し、四郎ちゃん、とてもがっついて……それに高美さんも両足を腰に絡ませて……
 二人ともこんなに激しく絡み合って、まるで動物みたい……」
「えへへ、お姉ちゃんってば、お兄ちゃんのおち●ちんに視線が釘付けになってるよ?」
「っ!? な、なにを言ってるのよ、七菜。わたし、釘付けなんかになってない……」
「むぅ、お姉ちゃんってば素直じゃないんだから。もっと自分の気持ちに素直になって、
 積極的にならないとお兄ちゃんを取られちゃうよ?」
「今回は前の作品よりも、ライバル多いんだから」
「わかってるわ、そのくらい……わたしだって、わかってるもの……」
「えへへ、とにかく自分の気持ちに素直になるのが一番だよ、お姉ちゃん!」
「……」
「それじゃ、次はお姉ちゃんの大親友で、学生会の副会長をしてる高天先輩の番だよ」
   
 
   
「れ、玲子……」
「うわぁ、おっぱいで身体をゴシゴシされてお兄ちゃん気持ちよさそう。でも、すっごい綺麗なおっぱいだね、お姉ちゃん」
「っ……もう、玲子ったら、いったいなにしてるのよ。四郎ちゃんとお風呂でこんなことして……」
「はう、お姉ちゃん、顔がちょっと怖いかも……」
「えっ!? そ、そんなことないわよ。もう、七菜ったら変なこと言わないの」
「……」
「どうして、そこで黙るの?」
「う、ううん、何でもない。それじゃ最後は新しく登場することになった先輩のおねーさんの登場だよ」
   
 
   
「はわぁ、先輩のおねーさんだけあって、おっぱいが大きくて綺麗だよ〜。あとお尻もすっごく綺麗かも……」
「でも、おち●ちんを握らせながら、おっぱいをぎゅ〜って鷲掴みにするなんて、お兄ちゃんってば、いい感じに変態さんだよね」
「四郎ちゃんたら、本当にいやらしい。こんなにしっかりとおち●ちんを握らせて……しかも、とても逞しくなってる……」
「おへその方まで反り返って、あと、おち●ちんの先がぷく〜って、すっごく膨らんでる」
「はふ〜、さすがお兄ちゃんだよぉ。喧嘩も強いけど、エッチもすっごく強いよね、お兄ちゃんって」
「はぁ、四郎ちゃんのエッチ……」
「以上の8人が今回のお兄ちゃんの餌食……じゃなくて、お兄ちゃんとLOVEエロできるヒロインなんだ」
「四郎ちゃんったら、わたし以外に女性とこんなにたくさんエッチなことして。わたし、どんどん自信がなくなっちゃう……」
「大丈夫、お姉ちゃんは誰にも負けてないよ。だから、もっと積極的になってお兄ちゃんにエッチのおねだりすれば、
いくらでも愛してくれると思うなぁ」
「お姉ちゃんがお尻をふりふり〜って左右に振って、わかりやすくおねだりすれば、お兄ちゃんなんてイチコロだよ」
「お、お尻をフリフリしておねだりなんて、そんなこと、だめよ……」
「じゃ、他の誰かにお兄ちゃんを取られちゃってもいいんだね?」
「それは、嫌……」
「だったら頑張らないと。お姉ちゃんが頑張れば、お兄ちゃんは絶対に応えてくれるよ」
「もう七菜ったら、こういう時だけは妙にしっかりしてるっていうか、積極的なんだから……」
「だって、七菜、お兄ちゃんのことが、だ〜い好きなんだもん。お姉ちゃんと同じで、誰にも取られなくない。
お姉ちゃんだってライバルなんだから」
「うん、そうね。みんな四郎ちゃんのことが大好きなのよね。
 わたしも頑張らなくちゃ、四郎ちゃんのこと一番好きなのはわたしなんだから」
「うんうん! その意気だよ、お姉ちゃん! じゃ、今回はこのくらいで終わりにしよ!」
「ええ。それでは、みなさん、セールスポイント1の紹介はこの辺りで終わりにしたいと思います」
「七菜にお姉ちゃん、そしてお母さんと佐和子さんの4人!」
「そこに、さらに4人のヒロインが追加になったNEOの決定版、あねいもNEO+をよろしくだよ!」
「それでは、次回の更新を楽しみに待っていてください」
「えへへ、みんな、また会おうね!」
   
――続く――
 
【 セールスポイント02 大幅に追加されたキャラ立ち絵 】