「みなさん、こんにちは。私は八十島美玲といいます。今回、セールスポイントの第一回目の紹介を娘達と一緒にさせて頂くことになりました」
「私の右隣にいるのが長女の……」
「八十島美沙です。大学に通いながら、お母さんの手伝い……ペンションYAYOIのお仕事を手伝ってるの」
「そして左隣にいるのが次女の……」
「へへ、あたしは八十島美羽。ゆーちゃんと同じ学校に通ってるんだ」
「うふふ、というわけで、私と二人の娘、3人で第一回のセールスポイントを説明させて貰うわね」
「今回の表題は、インスタントな、エ、エロを目指した新コンセプト、あまえろ、に関してね」
「お姉ちゃん、エロのところ、声が小さいってば。それじゃ、みんなにハッキリと伝わらないよ?」
「うっ、それは、そうかもしれいなけど……恥ずかしいじゃない」
「むふ、ゲーム開始直後から雄ちゃんのチ●ポをしゃぶっているお姉ちゃんの口から恥ずかしいだなんて……結構、むっつりスケベだよね、お姉ちゃんって」
「そ、そんなことないわよ。あれは、ああなる前に色々とあったからで、私は別にむっつりなんかじゃないんだから」
「あ、スケベは否定しないんだ?」
「性欲は人間である以上、誰だって持ってるでしょ。三大欲求のひとつだし……」
「でも、お姉ちゃん、性欲強めだよね。身体付きもスケベだし」
「性欲と身体付きは関係ないでしょ。もう、美羽ったら、どうしても、わたしのことをエッチ好きにしたいのね」
「別にそんなことないってば。あたしは事実をみんなに伝えておいた方が話しが進めやすいなぁ〜って、そう思っただけ」
「誤った事実を本当のことのように言わないで。変な先入観を持たれちゃうじゃない」
「ほら、二人とも、そのくらいにして。今日は大切な第一回目なんだから」
「あ、ごめんなさい」
「えへへ、ちょっと脱線しちゃったけど、今回のセールスポイントに全く無関係なトークじゃなかったんだ。そうだよね、お母さん」
「ふふ、そうね」
「えっ? えっ? どういうこと?」
「今回のトピックは、インスタントなエロを目指した新コンセプト、あまえろの説明でしょ」
「ええ、それは知ってるけど……」
「このゲームを開始すると、一番最初に何が起きているのか、お姉ちゃんはよ〜く知ってるよね?」
「ゲームを始めると何が起きるって……あっ!?」
「へへ、わかってくれたみたいだね」
「新しいコンセプト『あまえろ』は、今までのコンセプト『LOVEエロ』よりも、手間をかけずにHシーンを見ることが出来るってことなんだ」
「はぁ、よくわかったわ。でも、わたしが一番手だなんて……恥ずかしすぎよ。ブツブツ……」
「うふふ、いいじゃない。いかにもメインヒロインっていう感じでとっても素敵よ」
「そう言われても、いきなりエッチ……しかも、お口でしてるところからなんて、さすがに恥ずかしすぎよ」
「それは仕方ないってば。LOVEエロは、LOVE>エロかLOVE=エロくらいのバランスだったけど……」
「あまえろは、LOVE<エロというより、エロエロくらいのバランスで作られてるもん」
「そう、なんだ。ふぅ、LOVEエロのままでよかったんじゃないの?」
「う〜ん、それでもよかったんだけど、bootUP!の過去作『ままはは』からLOVEエロの定義は少しずつ曖昧になっちゃったんだよね」
「えっ、そうなの?」
「ええ。本来のコンセプト『LOVEエロ』の定義は、ヒロインとの恋愛過程を描きつつ、結ばれた後の濃厚なHシーンもしっかり描いた実用性のある恋愛アダルトゲームだったの」
「でも、『ままはは』は年上の女性、しかも義母との恋愛っていうこともあって、内容をよりアダルトな方向性……エロ強めにしたんだって」
「『ままはは』自体は、和姦系の抜きゲーとして、新しいお客さんも来てくれて商業的には成功したみたい。でも……」
「あ、わかったわ。コンセプトがぶれたのね?」
「ええ、制作側としては恋愛部分も物語を無くしたわけでじゃないからLOVEエロの範囲内だと思っていたみたい」
「でも、LOVEエロを構成する要素が一つだけオミットされちゃってたんだ。LIKE to LOVE……好きなる過程がなくなっちゃってたの」
「ゲームを始めた時から、ヒロインの主人公君への好感度が高い状態で始まってたいたの。美沙と美羽、二人と同じようにね」
「そんなの、お母さんだって同じじゃない。ゆーくんのこと、好きなんでしょ」
「えっ! い、いやだわ、美沙ったら。私は美沙と美羽の気持ちとは違う。あの子に甘えていただけだから」
「……」
「……」
「もう、二人ともそんな顔しないで。私のことはいいから紹介を進めましょう。LIKE to LOVEがなくなった、あるいは希薄になってしまった」
「うん。で、それをLOVEエロでOKとする人と、そうでない人達に別れ始めちゃったんだよね」
「エッチは多い方がいいし、出来るだけ早く、簡単に見たい。主に『ままはは』から新規に入ったお客さんに多い『ままはは系LOVEエロ』の人達と……」
「LIKE to LOVEの流れは必要だっていう昔からのLOVEエロゲーを好む 『あねいも系LOVEエロ』を期待する人達……」
「あねいも系LOVEエロ、ままはは系LOVEエロ……非公式だけなのだけれど、そういう区別が出来上がってしまったみたいなの」
「そっか、それが原因で新コンセプト『あまえろ』に繋がったのね」
「へへ、そういうこと。この機会にコンセプトをより細分化して分けようってことになったんだ」
「あねいも系LOVEエロをLOVEエロに据え置いた上で、ままはは系LOVEエロと呼ばれていたものを、お客さんの要望に合わせて、ブラッシュアップして新コンセプト『あまえろ』にしたの」
「見た所、エッチシーンの雰囲気はLOVEエロを踏襲しているみたいで、大きな変更はなさそうね」
「うん。あくまであたしの感想なんだけど、LOVEエロゲーの濃縮版っていう感じかも」
「そうね。LOVEエロはゲーム前半で恋人になりたい相手を選択して、物語後半は結ばれた相手とのLOVEエロな日々を描いていたけれど……」
「今作では、わたし達3人と主人公であるゆーくんが、エ、エッチな関係になるまでをプロローグで一気に描いてる」
「そして、ゲーム本編でわたし達3人の誰かと身体を重ねることで、生涯を共にする相手を選んで貰う、そういう構成になってるのよね」
「今までの作品から『LOVEエロ』シーンをクローズアップした、そんな感じで捉えて貰えると、わかりやすいかもしれないわね」
「そーかも。あっ、勘違いしないで欲しくないから、あえて言っておくけど」
「インスタント=お手軽っていう意味で、手抜きとか、ボリュームを縮小したわけじゃないからね」
「LOVEエロにあった『日常』や『ラッキースケベ』のイベントCGを無くした分、HシーンのCG枚数を増やしたの」
「えへへ、キスやアフタートークをエッチなシーンとして数えていいのなら、bootUP!初のHCG率100%だから、エロ方面はバッチリだよ」
「その辺りの違いは、サンプルCGのコーナーを見比べて貰うと、わかりやすいと思うわ」
「LOVEエロな雰囲気はそのままに、出来るだけ、手間がかからず、お手軽に、エッチシーンを楽しめる。それが新しいコンセプト『あまえろ』なの」
「あたし達とのラブラブなトークは、エッチシーンを通じて、いっぱいあるから、LOVEエロが好きな人にもお勧めだよ」
「その辺りは、言葉だけで説明しても、わかりづらいだろうから興味があったら体験版をプレイしてみることをお勧めするわ」
「へへ、それもそーだね。それが一番わかりやすいかも! お母さんってばナイス!」
「何事も経験よ。ペンションYAYOIと同じ、言葉でどんなに説明するよりも、一度、宿泊して貰った方がお客様にYAYOIの良さが伝わるから」
「くす、お母さんが言うと説得力があるわね」
「けど、お母さんも美羽も、プロローグの後も、ゆーくんとちゃっかりエッチしてるのね」
「うふふ、美沙ったらそんなに怖い顔しないで。上に表示されているCGは、雄馬君の選択した未来のうちのひとつよ」
「私を選んでくれた未来もあれば、美羽を選んでくれた未来もある。もちろん美沙を選んでくれた未来もあるわ」
「そうそう、あたし達3人がメインヒロインで、それぞれハッピーな未来が用意されてるんだよね」
「ここはマンガや小説と違って、結末が一つじゃないのは、ゲームのいいところだと思うよ」
「くすっ、そうね。ちょっとだけ嫉妬しちゃったけど、わたし、ゆーくんが選んだ相手がお母さんか美羽なら、ちゃんと応援するから」
「あたしも雄ちゃんがあたしじゃなくて、お姉ちゃんかお母さんのどっちかを選んだとしても文句はないかなぁ」
「さすがに最初はちょっとだけ悲しくなりそうだけど、ちゃんと応援できるよ」
「私も二人と同じ……ううん、出来れば私ではなくて、美沙か美羽のどちらかを選んで欲しいわ」
「雄馬君のこと、とても大切で愛おしけれど、美沙と美羽のことも大切に想っているから」
「それなら、わたしと美羽も同じよ。お母さんのこと、大好きだし、凄く尊敬してる。だから、ゆーくんならお母さんのこと任せられるかなって、そう思ってるの」
「うんうん、雄ちゃん、エッチで甘えん坊だけど、頼りになるからお母さんのこと、安心して任せられるかな」
「ふふ、二人ともありがとう。けど、私を選んでくれるのか、それとも美沙か美羽のどちらを選ぶのかは、雄馬君次第……」
「私達3人とのエッチで幸せな日々をもっとみたいのなら、体験版ではなく、本編をプレイして貰うしかないわね」
「おお、さすがお母さん。ペンションを運営してるだけあって、しっかりとゲームのセールスしてるかも」
「もう美羽ったら、ここはゲームのセールスポイントを紹介するコーナーなんだから、セールストークして当然でしょ」
「あ、そっか。あはは、ちょっと頭から抜けちゃってたかも」
「もう、しょうがないんだから」
「でも、次回の紹介は一安心かも。ほら、次回ってお母さん一人で進行するっていう話だったから、負担かけちゃうかもってちょっと心配だったけど、杞憂みたい」
「お母さんなら大丈夫よ。それより、お母さんの次……第三回目の紹介は、わたしと美羽の二人で進めなくちゃいけないんだから、そっちの方が不安だわ」
「ふふ、二人なら大丈夫よ。今日だってきちんと進められたでしょう。焦らず、丁寧に紹介すれば、みんなわかってくれるわ」
「お母さん……うん、わかった。自信はないけれど、美羽と二人で頑張ってみる。だから、お母さんも頑張ってね」
「ええ、私なりに精一杯頑張ってみるわ」
「へへ、それじゃ、第一回目の紹介は、このくらいでお開きにしよっか」
「そうね。次回は……『bootUP!作品では定番のヒロイン配置で安定のエロをご提供』を紹介を、お母さんが案内するわね」
「うふふ、次回は私一人での説明になりますが、みなさんを退屈させないように頑張りますから、よろしくお願いします」
「それでは、第一回目の紹介は終わりにしたいと思います」
「次回もLOVEでエロエロなCGを織り交ぜて、紹介する予定だから、期待して待っててくれると嬉しいかも! それじゃ、みんな、またね」
 
【 セールスポイント02 bootUP!作品では定番のヒロイン配置で安定のエロをご提供 】